動画[講義]
上祐史浩の仏教・心理学等の講義の動画をご紹介します。

上祐史浩・一般向け講義[2014]

第202回『仏陀の教えの精髄 2014年6月29日 東京 56min』
(2014年07月10日)

仏陀の教えの本質はどのようなものだったのか。人はなぜ苦しむのか。
現代の心理療法にも通じるゴーダマ・シッダルタの高度な教えを現代的に徹底解明。

1.根本無智とは何か?

全ての苦しみ・煩悩の原因とされる「根本無智」とは何か。それは、「本当の私」が自分自身を見失っている状態と言う。
それはいったいどのような意味・状態なのか。夢の中の私が本当の私ではないように、私たちは私たち自身を知らないという。
そして、この根本無智に対して仏教が示した対処法である無我・四念処といった教えとは何か。
さらに、ストレス・欝などを和らげるために、これらの仏教の教えを取り入れた「マインドフルネス」という最新の心理療法とは何か私たちが、「私」と呼んで、過剰に執着している存在が気づかざる虚妄性を明らかにしていく。

2.派生した無智・自他の区別

根本無智から派生する無智があり、それは、自と他を別々のものと錯覚して区別し、自己の偏愛する無智(自画執着)である。
この自我執着が、様々な苦しみへと至る心理プロセスを詳細に解説するとともに、その心理プロセスから脱却して幸福に至る方法、仏陀が展開した教えの精髄を網羅していく。

 

<<< 前へ【第199回『マインドフルネス:心をコントロールする技法 2014年5月25日 東京 48min』】

次へ【第201回『仏教における苦しみの解決法・悟りの状態とその道 2014年6月22日大阪67min』】 >>>

2017年05月
Su Mo Tu We Th Fr St
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ