動画[講義]
上祐史浩の仏教・心理学等の講義の動画をご紹介します。

上祐史浩・一般向け講義【2016】

第268回『現代人のための新しい仏教解釈:「輪の法則』(2016年1月17日 63min 大阪)
(2016年01月24日)

1.伝統仏教の中心思想とその問題

伝統仏教の中心思想は、1.縁起(ものごとは他と相互依存して生じる)、2.空・無常(固定した実体はない)、3.無我(本当の私はない。永久不変の本質はない)、仮(全ては仮に設定されたもの)などである。

しかし、これは現代人に分かりにくく、日常の自分の苦しみや問題を解決する実際的に智恵・視点にはならないことが多い。よって、この思想の本質を維持しながら、現代人にもわかりやすく、ピンとくる形で、表現したものが、「輪の思想」である。

2.輪の法則、エゴを弱める「自他の循環」の思想

それは、自と他は輪のように繋がり、循環している面があることを理解することを助ける。それによって、自他を区別し、自己を偏愛し、他と奪い合うというエゴの問題を和らげることができる。

たとえば、自分の身体は他の死んだ身体からできていて、自分の死後は今度は他の身体を構成する。自他の生死はセットであり、生は自分のものではなく、一時的に自分のもとにあるだけで、いずれ宇宙に返すもの。命と財産が預かり物だという意識がないと死の恐怖を感じたり財産に執着したりするが、自分のものと錯覚しなければ恐れを感じることはない。

3.具体的な瞑想法:手印とひかりの輪の読経瞑想

自他は別のように見えて実は一つ。合掌と定印は腕を輪のように結ぶ形を作り、自他が一体で循環していることを象徴している。この理解を修習するため、ひかりの輪では「自他一体・万物愛す」という経文を使って読経瞑想を行っている。

<<< 前へ【第264回~267回 年末年始セミナー特別教本『総合解説 一元の智慧 万物一体の真理』の解説講話】

次へ【第269回『劣等感への3つの対応と、優越感の4つの落とし穴とその脱却法』(2016年1月24日 60min 東京)】 >>>

2017年05月
Su Mo Tu We Th Fr St
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ