動画[講義]
上祐史浩の仏教・心理学等の講義の動画をご紹介します。

上祐史浩・一般向け講義【2018】

第386回『ネガティブな感情への対処法』(2018年10月28日福岡 60min)
(2018年10月30日)

1.継続的なネガティブな感情の問題
  落ち込み・卑屈・怒り・妬み・不安・恐怖といったネガティブな感情
  一時的ならば必要な面もあるが、ずっと継続すれば心身を病む。

2.一時的な対処:気分転換:環境と体の使い方を変える

(1)環境を変えて心を変える

  ①心理学的な手法
    野外に行く、自然に親しむ、心が穏やかになる音楽を聴くなど。
    ネガティブな感情を忘れる別の何か(健全な物)に集中する

  ②ヨーガ・仏教の思想と実践
  (1)聖地に行く、自宅を道場・聖地にする。
  (2)自室:整理整頓・換気、聖音・瞑想香・仏画
  (3)衣服:体を締め付けないもの=気の流れを良くする。

(2)体の使い方を変えて心を変える

  ①心理学的な手法
    散歩などの有酸素運動、呼吸法など。

  ②身体心理学の見解
    筋肉をほぐす、ゆったりした呼吸、姿勢を正す、ある種の発声など

  ③ヨーガ・仏教の思想と実践
    アーサナ:ヨーガの体操(正式には体位法)
    プラーナーヤーマ:ヨーガの呼吸法(正式には調気法)
    マントラ(瞑想):真言

3.根本的な解決法:考え方と行動を変える

  (1)思考を変えて心を変える

  ① 思考と感情は深く連動しており、普通の人は、
  (1)自動的な思考・自動的な感情が生じる
  (2)自己と(自己の)思考と感情が同一化している

  ② 心理療法や悟りの仏教哲学の思想
    思考と感情を客観視して制御=自己と自己の思考や感情の脱同一化
    自分は心の主人・心をコントロールする主体との位置づけ
    例:禅の瞑想:無念無想、マインドフルネス瞑想、認知行動療法

  ③ 自分の不合理・極端な思考を内省・発見して修正する
    例:百ぜロ思考・べき思考・レッテル張り
    背景の心理:誇大自己・肥大化した自己愛・幼少期の万能感の残存
    自己の理想と現実のギャップから劣等感と他者への不満
    →こうした心理に気づいて修正していく。

(2)行動を変えて心を変える

  ① 卑屈・自信の不足を超えて自分に肯定的になる行動

  ② 他者に勝って幸福になる(他から幸福を奪う)のではなく、
    自と他を同時に肯定する・利する思考・行動の訓練
    感謝→恩返し・奉仕、仏教の慈悲・利他
    →感謝は自分の幸福に気づくし、人間関係を改善する

  ③ 一攫千金思考ではなく、焦らない地道な努力の重視
    卑屈が強いと焦りから一攫千金に走り失敗して更に卑屈に
    達成可能な目標を立てて達成し、それを積み重ねる

 

<<< 前へ【第385回『ポスト平成=変革の時代の経済と精神世界の予想』(2018年10月21日東京 52min)】

次へ【第387回『人類の未来を予見する諸思想と心の制御の精髄』(2018年11月4日 大阪 68min)】 >>>

2018年11月
Su Mo Tu We Th Fr St
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ