動画[講義]
上祐史浩の仏教・心理学等の講義の動画をご紹介します。

上祐史浩・一般向け講義【2018】

第380回『ヨーガと仏教の本来の思想と幸福になる資源・手段の思想』(2018年8月26日 東京 65min)
(2018年08月28日)

1.ヨーガ仏教の思想の要点

(1)ヨーガの本来の意味:体操ではない
ヨーガ=心の静止・制御=仏教の禅定=瞑想=「真我」への到達

(2)仏教の本来の意味

  ① ブッダ=目覚めた人=智慧(物事をありのままに見る力)を得た者
  智慧:万物の繋がりと流動性を理解する認識力(縁起・無我・空・無常)

  ② ブッダの心は世界の時空間に大きく広がり、普通の人は今の自分に制約。
  ブッダの今ここに気づく幸福と、普通の人の未来にどこかに求める幸福

  ③ ブッダの最初で根源的な教え:四諦=苦しみの原因とその解消の道

(3)智慧を得る道

  ① 仏教の三学(戒律・禅定・智慧)
  ② ヨーガ:体から心を制御するシステム
  ③ひかりの輪が説く四つの訓練:思考・言動・身体・環境の浄化


2.幸福と苦しみの解消の智恵

(1)ヨーガ・仏教の修行がもたらす恩恵・幸福

  ① 心の安定・集中(ヨーガ・禅定)
  ② 智慧(知性・直観力の向上)
  ③ 煩悩(とらわれ)による苦しみの解消
  ④ 心身の健康長寿
  ⑤ 人間関係の改善

(2)煩悩と苦しみの関係

  ① 無智:上記の智慧がない状態:
  ② 貪り:欲張りすぎ:無くて良いのに無くては居られないという執着
  ③ 怒り:嫌がりすぎ:あっても良いのにあっては居られないという執着

(3)幸福を得る得ないの結果と幸福を得る手段の違い

  ① 仏教の説話:身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ
  ② 幸福になるか否かの結果にとらわれ過ぎると、幸福になる手段に集中できない。
(結果に)とらわれないほうが(手段に集中できるので)逆にうまくいく。
勝つと思うな思えば負けよ、果報は寝て待て、急がば回れ、急いては事を仕損じる

 

<<< 前へ【第379回『夏期セミナー総集編:ポスト平成の人生観と仏教・ヨーガの根幹』(8月15日 ひかりの輪夏期セミナー第7回 77min)】

次へ【第381回『皆が幸福になれない理由:無智』(2018年9月9日 大阪 64min)】 >>>

2018年09月
Su Mo Tu We Th Fr St
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ