動画[講話]
上祐史浩の講話の動画をご紹介します。

2015年07月

  • 第247回『日本の宗教史と2045年問題について』(2015年7月19日 東京 105min) (2015年07月31日)

    日本列島における宗教史と、2045年問題、人口知能などについての講話の内容です。

    人間の価値とは、生きる意味についてなど。
    知識、知能、智慧についての詳細について。

     

  • 第246回『異常な殺人事件の要因と予防:自分の他人も愛するために』(2015年7月12日 大阪 (2015年07月28日)

    現代社会に増えつつある、通り魔殺人などの無差別殺人の要因は何か?
    酒鬼薔薇聖斗を自称した元少年の自著の出版などで、今注目を浴びている現代社会の問題のひとつとして、その内面の原因を詳細に解説。

    1.原因として、長期の欲求不満、責任転嫁の強い性格などがあり、その背景に誇大な自己観や、被害妄想的な傾向も指摘する。
    さらには、最後の一線を超える前に起こる破滅的な喪失感とは何か。

    2.これは単なる他殺ではなく、自他双方を愛せない心理状態であり、自殺的な他殺でもある。
    他人の問題のために自殺をするケースにもつながる(他殺的な自殺)。なぜ人を殺してはいけないか、なぜ自殺してはいけないかがわからなくなっている。

    3.問題の解決のためには、自と他を区別し、優劣を比較し過ぎるために、自己や他人の存在意義を見失いがちの現代の主流の価値観がある。
    そのため、自と他を含めた人間存在・生命存在全体を愛するために新たな価値観・哲学が必要。その結果は、万人への愛、慈悲、博愛。

  • 第245回『心の安定・輪の人間観・苦楽中道の教え』(2015年7月5日 福岡 83min) (2015年07月22日)

    1.最高の自己実現の道
    目先の刺激や興奮を求めても、真の幸福・自己実現は得ることができない。
    無我の境地、ゾーン状態と呼ばれる、心が安定し広がった状態が、人の最高のフォーマンスを引き出す。

    2.21世紀の人類社会の行方
    21世紀の未来は、市場の統合(経済的な統合)だけでは、格差・失業・違法な経済行為などで安定せず、試練を経て政治的な統合、世界連邦政府へのプロセスを進むと思われる。そのためには、自と他の類似性・つながりに気づく思想、ひかりの輪が唱える輪・和の人間観が必要となる。

    3.仏陀の中核の思想:中道
    仏陀は、苦楽表裏の法則に基づく、「苦楽中道」の教えを説いた。
    中道の悟りとは、快楽主義でもなく、苦行主義でもない。それは、落ち着いた暖かい心を得るもので、自分が生きるに必要な物は得つつ、それ以上の余剰は他と分かち合う生き方。そのためには、苦をいたずらに嫌がらず、その中に恩恵も見出す思想、万物に感謝の精神が必要。

     

2016年12月
Su Mo Tu We Th Fr St
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31