動画[講義]
上祐史浩の仏教・心理学等の講義の動画をご紹介します。

上祐史浩・一般向け講義【2017】

第347回『万物は一体:最新科学が裏付ける仏教・道教の一元的世界観』(2017年10月29日 東京 71min)
(2017年10月30日)

1)量子力学・宇宙物理学は、私たちの日常・常識の世界観と異なって、万物を一体と説く大乗仏教や道教の一元論的な世界観を裏付けている。

1.万物が一体・同根と説く大乗仏教・ヒンドゥー・道教などの東洋思想

1.大乗仏教の縁起の法:万物は相互依存で、密接不可分に交流・関係
2.大乗仏教の根源仏の思想:万物は大日如来の現れたもの
3.大乗仏教の唯識思想:万物は根本の意識=阿頼耶識の転変したもの
4.道教の気の哲学:万物は太極を源とした気(元気)から生成された。
5.ヒンドゥーのヴェーダンタ哲学:万物はブラフマンの展開したもの

2.万物一体の一元的な世界観を裏付ける量子力学・量子もつれの理論

1.量子とは電子・光子などの微細な粒子で、量子の粒子と波動の二重性をもつ
2.量子もつれ・量子テレポテーション:遠く離れた二つの量子が別物ではなく
一体となって存在する量子もつれ現象。量子はどこかに局在せず、
宇宙に広く繋がって存在する(非局在性)

3.万物は同根と説く一元的な世界観を裏付ける宇宙物理学・ビッグバン理論

1.宇宙は微小な熱光球の爆発的な膨張=ビッグバンを経て創世された
2.突き詰めると、宇宙は特異点と呼ばれる一点から生まれた可能性


2)脳科学・心理学は、人の脳神経細胞は、現代社会に適応不全の状態にあり、心身・人間関係・社会上の問題を起こしており、過剰なとらわれをコントロールする仏教・ヨーガの実践や心理療法の重要性を示している。

1.本来は生命維持のためにあった脳の感情制御システムが、
現代社会には適応できずに、暴走・麻痺・機能不全を起こしている

2.本来は生命の脅威への反応(闘争や逃避の行動)を促す神経伝達物質
であるアドレナリンが、生命の脅威ではなくて、批判・否定される時にも
過剰に分泌され、不安・嫌悪・怒り・ストレスが強くなる傾向がある。
→不安神経症・パニック障害など。

3.何かを達成する時に喜びを感じる神経伝達物質であるドーパミンが、
なかなか出ず、欲求不満、生きる意欲の喪失(鬱・自殺)の問題に。

承認欲求などを際限なく求める傾向があるが、実際には満たされず欲求不満に
欲求が満たされないとドーパミン神経は不快をもたらす。

4.鎮静・鎮痛効果があり、ドーパミンの分泌も促進するエンドルフィンが
なかなか出ない状態にあり、心の平安・充足が得られない。

5.心理学が説く対処法・心理療法は、仏教の修行と酷似している。

例えば、認知行動療法の流れであるコンパッション・フォーカスト・セラピー(CFT)
仏教のマインドフルネス瞑想、ヨーガとよく似た呼吸法、イメージングの瞑想
慈悲の瞑想など。

 

<<< 前へ【第346回『脳科学が説く人間の感情制御システムの暴走とその制御法』(171022 福岡 63min)】

次へ【第348回『仏教思想と最新科学の一致・総集編:物理学から脳科学まで』(2017年11月5日 大阪 65min)】 >>>

2017年11月
Su Mo Tu We Th Fr St
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ