動画[講話]
上祐史浩の講話の動画をご紹介します。

上祐史浩・一般向け講話【2016】

第287回『悟りの道程と、それを加速するヨーガ行法』(2016年6月12日 大阪 51min)
(2016年06月13日)

1.悟りの状態とその道程とは

悟りとは、物事をありのままに感じる状態であり、実際には安定した広く暖かい心の状態。それを阻むのが「無智」であり、自他(の幸福)を誤って区別し、自己だけを愛するために(自我執着)、様々な苦しみが生じる。

仏教・ヨーガの悟りの道程としては、悟りの道程は、初期仏教の「八正道」や「三学」、大乗仏教の「六つの完成」、ヨーガ根本経典の「八階梯」などがある。

これらにおいて、正しい考え方を学び、無智=間違った考え方と連動する悪い行動習慣=悪行を減らし(戒律)、良い行動習慣を増やし、瞑想して心を静めて、悟るという点は共通している。

2.「気」を扱うヨーガによる悟りの加速

しかし、ヨーガないし仏教の密教の一部では、上記の教学・戒律・瞑想に加え、体内の目に見えない気(エネルギー)の流れをコントロールすることが悟りの重要な奥儀である。

気の流れは心と一体不可分のため、特殊な身体行法で、体内の気をコントロールすれば、心をコントロールできるという重要な事実がある。これを活用すると、悟りのスピード、悟りの実感=至福感が、相当に増大するし、付随的にではあるが、霊的な体験も起こる。

なお、この修行法は、特に先進国では輸入されてから、100年もたっておらず、日が浅い。

 

<<< 前へ【第286回『仏教的な生き方の恩恵と法縁の貴重さ』(2016年5月29日 東京 62min)】

次へ【第288回『極限の集中状態=サマディを得るヨーガ行法の効果と問題とその解決』(2016年6月19日 福岡 68min)】 >>>

2016年12月
Su Mo Tu We Th Fr St
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ