プロフィール
上祐史浩のプロフィールです。連絡先、出版・対談・出演・講演会・雑誌掲載などご紹介しています。

経歴など

  • 経歴など



    上祐 史浩
    (じょうゆう ふみひろ)
    Fumihiro Joyu

     

    ひかりの輪・代表

    東京都世田谷区南烏山在住
    53才
    B型
    福岡県出身





    「ひかりの輪」(東西の思想哲学の学習教室)の代表。
    1962年、福岡県に生まれる。
    早大大学院理工学研究科修士課程を修了後、
    宇宙航空研究開発機構に入団するも、
    まもなく退職し、オウム真理教に出家。
    地下鉄サリン事件発生時にはモスクワに滞在、
    事件後に帰国し、教団のスポークスマンとなる。
    偽証罪で逮捕され、出所後「アレフ」代表となるが、
    麻原・オウム信仰から脱却し、2007年に脱会、
    「ひかりの輪」を設立した。
    著書に『オウム事件 17年目の告白』(扶桑社)、
    鼎談『終わらないオウム』(鹿砦社)、
    対談『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)
    などがある。

対談・出演・講演

識者・著名人の声

  • 識者・著名人の声

    ■田原総一郎さん(ジャーナリスト)

    宗教じゃない、宗教じゃない、宗教じゃないよ。
    あれは宗教じゃないよ。

    つまり彼は、あの麻原彰晃をいまでも信仰してるアレフの会ってあるわけね。
    これは宗教です。麻原を一番の神として。

    で、彼は、そのそういうオウム、麻原を全面的に批判するひかりの輪という、
    これは宗教じゃないんですよ。

    麻原を批判し、オウムを批判し、人間とはいかに生きるべきか。
    どっちかというと哲学に近いのね。
    ひかりの輪っていうのは。

    (司会: ということは上祐さんは、宗教を、宗教から抜け出て、そういう集団を作っていると考えて、そう感じられました?田原さんも。その怖さを身をもって知っているからですかね。)

    よーく知ってる。そこのところを上祐さんに聞いたわけ。
    (2013.06.21放送 「田原総一朗のタブーに挑戦! アベノミクスは成功するのか?」田原総一朗、上祐史浩との対談について語る。



    ■大田俊寛さん(宗教学者)

    ◎さまざまな厳しい条件を抱えたうえで、上祐さんが可能な範囲の最善策が、現在のひかりの輪のあり方だということですね。
    今日お話ししてきたように、オウム事件に対する社会の向き合い方が徐々に変化していけば、今後はこれまでと別の方針を立てることが可能になるかもしれません。

    (上祐史浩×大田俊寛「特集・宗教の未来 オウム真理教を超克する~その魅力と陥穽をめぐって」『atプラス13号』より)

    ◎私が氏の態度や発言から強く感じたのは、「上祐氏はどうして逃げずに、ここまで持ちこたえることができたのだろうか」ということであった。(中略)

    上祐氏は、元オウム幹部としてはほぼ唯一教団に残り続け、分派という形にはなったものの、麻原信仰からの脱却の必要性を主唱し、オウムとは何だったのかという問いに真摯に向き合い、被害者への賠償に積極的に取り組むことを明言している。

    また、明確な方向性を見出せないまま麻原信仰に回帰しようとしているAlephの現状について、いくつもの重要な警告を発している。(中略)

    上祐氏は現在、その立場ゆえに批判や非難を受けることも多いが、それはすなわち、氏がオウム事件の責任に応答する主体として、誰よりも正面に立ち続けているということを意味するものだろう。私は少なくともこうした点において、現在の上祐氏を評価したいと考える。

    しかし、オウム事件に対する応答という責務は、上祐氏一人が背負いきれるものではないし、背負わせて良いものでもない。氏が対談のなかで強調したように、「社会対オウム」という構図から、「社会のなかのオウム」という構図へと、私たちは徐々に視点を移していかなければならない。

    私たちにとって何より重要なのは、「オウムとは何だったのか」という問いを、上祐氏やひかりの輪の会員たちと共有し続けること、そして再び彼らを孤立させず、オウムの問題、宗教や宗教学の問題、オウムを生んだ日本社会の問題を、これからも共に考えていくことではないだろうか。
    『atプラス13号』「対談を終えて ひかりの輪と日本社会のこれから」より)

    ◎上祐史浩は、教団のホームページにおいて、オウム事件の関する総括を発表した(「オウムの教訓」のHP)。そこで彼は、教団の発展の経緯や自身の経験を詳細に記すとともに、教祖麻原の生い立ちや、彼がカリスマ性を発揮するに至った理由などについて、可能な限り客観的な分析を行おうと試みている。

    著作として公刊されたものではなく、インターネット上の手記であるが、その内容はオウムの全体像を把握するために有用である。
    (『オウム真理教の精神史』春秋社より)


    ■鈴木邦男さん
    (政治活動家、新右翼団体「一水会」最高顧問、思想家)

    あれだけの事件に遭遇し、その後も贖罪を背負いながら必死に生きている。その姿には心打たれるものがある。(中略)

    この日、「ひかりの輪」のHPを見せてもらったが、凄い。充実している。これを見ただけで、上祐さんの考えが分かるし、ヨガも出来る。又、「聖地巡礼」も出来る。ヨガや、仏教の素晴らしい点は、どんどん取り入れて、修行している。

    完全に麻原色は脱却している。

    オウムの時なら、「他の宗教はニセモノだ!」と言われ、神社やお寺に行くなんて考えもつかなかった。(中略)

    でも、逮捕され、苦しみ、地獄を見たのだろう。大きく脱皮していた。
    実にバランス感覚のある人になっていた。誠実だと思った。
    過去のことも謝罪し、反省し、そして今も自分を戒めている。謙虚な宗教家だと思った。

    凄い体験をした。修行もした。「世界史的大事件」を体験したのだ。
    その中で知ったことも多い。何が間違いで、何が正しいかも知った。

    優秀な人だし、「宗教」として、大きくするノウハウも知ってるだろう。「宗教家」として大成する道も知っているだろう。

    しかし、それを敢えてやらない。自分が傲慢にならないように自戒している。宗教家として厳しく戒めている。これはなかなか出来ないことだと思った。

    そこまで自分を責めなくてもいいだろう、と私などは思った。もしかしたら、一般の宗教という概念を超えたものを目指しているのかもしれない。そんな感じがした。
    鈴木さんのサイトより)


    ■平野悠さん(ロフトプロジェクト代表)

    ◎先日のネイキッドでの4時間にも及ぶ討論(?)で、上祐氏が出す衝動波の残像が凄すぎて、次の日の夜、立ち上がれず、突き動かされるように4時間も世田谷界隈を歩き、疑問を自分に問いかけながらただ愚直に歩き続けたのだった。
    上祐史浩氏のあの波動はなんなのか?自己内部で消化するにはしばらくかかると思った。(中略)

    上祐氏やオウムやアレフを脱会した出家信者に、あれから一体何があって、どんな修行体験を積んで、今があるのかを知りたいと思った。(中略)「初めて会う上祐さんがとてもキラキラしていて、そこから出てくる波動というかオーラが、私を打ちのめすというか圧倒する感じになったんです」(中略)

    私は今回、このひかりの輪主催の聖地巡礼に参加しながら、一連のオウム事件がどんどん風化し、結果的に何も解決されないまま教祖と幹部達の死刑は確定したが、この事件を解っていない自分を見た。

    「この集団の目指すものは何か?」という疑問は、上祐代表の「立ち位置」で、それなりにすっきりした感じが残っている。オウム事件は、未だ市井の目が許していない。この孤立無援の新しい目的を持った集団はどこに行くのか、長い目で見守ってゆこうと思った。
    「ひかりの輪と行く聖地巡礼同行記」より)

    ◎ある若い参加者と話した「なぜこの巡礼に参加を」「オウム事件から逃げないで今、この光の輪はあって、その苦境をどうやって克服しようとしているのかを肌で感じたかった」には胸がじーんと来た

    ◎光の輪ホームページを見るといかに光の輪がオウム事件の反省の上に成り立っているかが解ります
    (平野悠さんのtwitterより)


    ■山本隆雄さん
    (日本コンピュータクラブ連盟・日本霊能者連盟・日本占い師連盟理事長)

    上祐さんの話を聞いた率直な感想としては、「まともやん」「怖くないやん」というものでした。

    上祐さんから出た言葉は、麻原批判が多く、かつ、輪廻転生を狂信的に信じていた。と反省していたので、ひかりの輪は、2度とあのような行動を起こす教団じゃないと思われました。(中略)

    輪廻転生を狂信的に信じていたオウムにはポアという概念があって、どうせ輪廻転生するのだから殺してもよいという発想があったわけで、上祐さんには、その概念がないので、人殺しを肯定する理由がないと思われました。

    これから、宗教も大改革が起こり、パチモンの新興宗教は滅びていきます。ひかりの輪・上祐さんは、ホンマモンで、これから伸びていくとうちの霊能者の先生方が言っているので、日本霊能者連盟として、上祐さんとお付き合いしていくのが賢明と判断。オフ会には、参加することにしているわけです。

    ちなみに、私は、真言宗の熱心な信徒なので、ひかりの輪に鞍替えする予定はありません。

    普通、宗教団体の代表が開くオフ会って、その宗教のPRと勧誘のはずなのですが、上祐さんのオフ会には、自身の宗教上の考えを述べることはあっても、ひかりの輪のPRをすることもなく、勧誘をすることもなく、 ある意味、純粋な意味での上祐さんのオフ会という感じがします。オススメのオフ会です。
    山本さんのブログより)


    ■NHKスペシャル取材班

    「悩んだ」「どうしようかな」という言葉を上祐から聞いたのは、初めてだった。
    そして上祐はここまで喋ると、再び考え込むように口を閉ざした。

    自らを弁護する言葉はなかった。

    今回のインタビューで上祐は、六年前とは比較にならないほど、当時の教団内部の実態を語った。

    ここですべてを紹介することはできないが、私たちは番組で使用していない部分を含め、彼の話の内容を元捜査員や他の元信者などから裏付けしていった。
    その結果、一部の記憶違いと思われる時期の違いなどを除き、概ね誤りはなかった。
    (同取材班編著『未解決事件 オウム真理教秘録』〈文藝春秋社〉より)

著作と書評

  • 著作一覧

    ━━━━━━━━━━━━━━
    ■単著・共著
    ━━━━━━━━━━━━━━


    『危険な宗教の見分け方』
    〈田原総一朗・上祐史浩著〉
      (ポプラ社:2013年11月5日刊行)

      


     ●『終わらないオウム』〈上祐史浩・鈴木邦男・徐裕行著:田原総一朗解説〉
      (鹿砦社:2013年5月30日刊行)




    『オウム事件 17年目の告白』〈上祐史浩著:有田芳生検証〉
      (扶桑社:2012年12月17日刊行)

     


    ━━━━━━━━━━━━━
    ■インタビュー掲載書籍

    ━━━━━━━━━━━━━━

    『錯乱の時代を生き抜く思想、未来を切り拓く言葉--鈴木邦男ゼミin西宮 報告集vol.3』(鹿砦社)
    〈鈴木邦男×上祐史浩〉




    『未解決事件 オウム真理教秘録』(文藝春秋社)
      〈NHKスペシャル取材班編著〉


     

     

     

     

     

     

     


     ●『思わず聞いてしまいました!!』〈プチ鹿島・居島一平著〉
      (スコラマガジン社)



    『atプラス13』(太田出版) 上祐史浩+大田俊寛(宗教学者)

    特集 「宗教と未来」
    対談 上祐史浩+大田俊寛(宗教学者)
           「オウム真理教を超克する~その魅力と陥穽をめぐって」
    大田俊寛 「対談を終えて-ひかりの輪と日本社会のこれから」



     

  • 書評『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社 対談・田原総一郎氏 2013)

    ■田原総一郎さん 1

    上祐氏と対談した本がでました。早稲田の理工を出て宇宙開発事業団に就職が決まっていたインテリが、なぜ、オウムのような欠陥だらけの宗教にのめり込んだのか。とことん聞いた。 (2013年12月13日氏のtwitter)

    地下鉄サリン事件のような無茶苦茶な犯罪を犯したオウムから抜け出すのに、なぜ7年もかかったのか。
    その苦労と悩みと努力がとてもリアリティーがある。(2013年12月13日氏のtwitter)


    ■田原総一郎さん 2

    -上祐さんと対談して、どう感じましたか?

    彼は、早稲田の理工を出て、宇宙開発事業団に入った。
    そういう人物がなぜ、麻原彰晃の信者になっていくのかというのが、面白かった。 (中略)

    もう一つ大きいのは、「1億2000万分の1」では満足できなかったということ。 (中略)
    つまり、1億2000万分の1では我慢できないということ。自分の存在理由やアイデンティティを、麻原彰晃がてっとりばやく証明してくれるのではないかという思いが、上祐さんには強かった。(中略)

    オウム真理教の犯罪が明らかになったあとも、彼がオウムから離れられなかったのは、1億2000万分の1に戻るのに抵抗感があったからだ。
    自分が自分でなくなってしまうことに抵抗を感じて、教団から離れるのに7年かかった。
    逆にいえば、オウムによって自分の存在理由が満たされていたという面があったわけだ。
    (「田原総一郎公式ブログ」2013年11月20日)


    ■島田裕巳さん(文筆家、宗教学者)


    11月11日(月) 『危険な宗教の見分け方』を読んで、なぜオウムが選挙後に陰謀説を唱えたかが理解できた
    田原さんが冷静に聞いていて、決して糾弾モードではないので、上祐氏も落ち着いて語っているが、興味深かったのは総選挙のときのこと。
    なぜ選挙後に、結果が操作されたと言い出したか、その理由が分かるような気がした。

    選挙活動をやって、世間の注目を集めたことで、自分たちに票が入ると錯覚したところが、大きな過ちだったのだろう。(「島田裕美の経堂日記」2013年11月11日)


    ■平野悠さん(ロフトグループ)


    田原さんの切り口はいつも鋭い。
    全くの宗教音痴でも良く解るように質問の波状攻撃を見せる。
    これに対して上裕氏は丁寧に答えて行くのが面白い。

    氏の主催する「ひかりの輪」はいわゆる絶対的教祖がいる宗教団体でなく「東洋思想を中心に東西の思想哲学を学習・実践する教室」だとして、今までの宗教とは違うというのが繰り返し述べられている。

    さて上裕〜ひかりの輪はこれからどこへ向かって行くのか、全く新たな「輪の思想」を構築出来るのか興味はある。

    私自身も上裕さんとは数度対談し、ひかりの輪主催の「聖地巡礼」にも参加したことがあるので、今の上裕さんの「立ち位置」は信用していいと思っている
    (ブログ「Rooftop」レビュー2013年)


    ■鈴木邦男さん(政治活動家、新右翼団体「一水会」最高顧問、思想家)

    11月21日5時、「読書ゼミ」。今日は、田原総一朗、上祐史浩『危険な宗教の見分け方』(ポプラ新書)を読んで、皆で考えました。
    生徒たちにも〈宗教を考える上でいい勉強になったようです。全国の中学、高校でも、これをテキストにして、先生が「見分け方」を教えたらいいだろう。(ブログ「鈴木邦男をぶっとばせ」2013年11月25日)

    ■サイゾー

    オウム事件以降、しばらくは宗教=悪という見方が強かったが、近年では、女性を中心にスピリチュアルがブームになり、伊勢神宮への参詣者は今年 1,000万人を数えている。

    宗教や信仰に対する価値が、あらためて見直される時期になってきているのだろう。

    そんな状況だからこそ、今一度、オウム真理 教事件を思い起こし、当事者のたどった道を検証していくことは必要な作業なのではないだろうか?(文=萩原雄太[かもめマシーン])日刊サイゾー2013年12月25日「「自尊心を刺激されて、誇大妄想を信じた」元オウム・上祐史浩が麻原を捨てるまで」

  • 書評『終わらないオウム』(鹿砦社 鈴木邦男・徐裕行 2013)

    ■鈴木邦男さん(共著者)

    実物を手にした瞬間、手が震えました。本当に出版されたんだ!と感動しました。
    今までの本作りの中でも最も衝撃的で、最もスリリングな本だと思います。(中略)

    18年前、オウム真理教幹部・村井秀夫さんを刺殺したのが徐裕行さんです。 「上祐、青山、村井を狙った。3人のうち誰でもよかった」と逮捕された徐さんは語っています。
    しかし、本当は、テレビに出て一番目立った上祐さんを殺したかった、とこの本の中では告白しています。その「殺そうと狙った」徐さんと、会ったのです。(中略)

    「会うはずのない二人」が会った。そして相対極から、あの事件について語り合う。考える。そこで初めて見えてきたこともある。(中略)

    「解説」は田原さんしかいないと思って、お願いした。お忙しい中を、書いてくれた。(中略)
    田原さんは、日本のトップの人たち、凄い人たちの、ほぼ「全て」に会ってきた。
    その田原さんが驚くのだから、本物だ。司会をした自分でも、あんな危ない対談がよく、実現したと思う。そして本になったと思う。
    (ブログ 鈴木邦男をぶっとばせ!」『終わらないオウム』の衝撃、そして戦慄)
      

    ■東京スポーツ「オウム幹部刺殺事件で「本当に殺そうとしたのはXX」との衝撃本

    30日発売の「終わらないオウム」(鹿砦社)の内容がすごいという話を聞いた。

    その中で、懲役12年の実刑から2007年に出所した徐氏が事件を振り返り、「本当に殺そうとしたのは上祐さんだった」などと告白したというのだ。

    衆人環視の中で起きた事件自体がショッキングだったが、本にそう記されているというこの後日談も衝撃的。

    一連の裁判が終結したと思ったら、元幹部平田信被告の出頭に始まり、菊地直子被告、高橋克也被告の逮捕。さらに徐氏のような生々しい話が出てくること自体、まだオウムは終わっていないことを物語っているのかもしれない。(東スポweb 2013年05月28日渡辺学)

  • 書評『オウム事件 17年目の告白』(扶桑社 2012)

    ●有田芳生さん(ジャーナリスト・参議院議員)

    目次を見て驚いた。すぐに哲学者フリードリッヒ・ニーチェの言葉が心に浮かんだ。 「脱皮することのできない蛇は滅びる。(中略)」

    この目次の項目が具体的に説明されているならば、上祐史浩氏は「脱皮」あるいは「脱皮しつつある」のかもしれない。一気に原稿を読み終えた。(中略)そして、対談では私が指摘した疑問に上祐氏は具体的に答えている

    (『オウム事件 17年目の告白』の「特別検証」寄稿より)



    今回は、この本の目次を見た段階でぜひ(上祐氏と)話をしてみたいと思ったんです。 というのは、オウム真理教が起こした数々の事件についてだけではなくて、上祐さんのご両親の話が書かれていたからです。

    これは率直に驚きでした。  事件について語るのは、社会とオウムの対立について語ることです。 それに対して、自分と両親について語ることは、「社会の中のオウム」について語ることだと思うんです。

    多くのまじめな若者たちがどうしてオウムに魅力を感じ、さらには凶悪な犯罪に走ってしまったのか。

    日本社会がどうしてそのような集団を生み出してしまったのか。

    祐さんがそれを考える中で自分と両親の話に行き着いたのだとしたら、オウムばかりでなく、現代社会におけるカルトの問題、若者の内面に潜む根源の問題にまでたどり着いたはずだと思えたんです。(中略)

    本書を読み、今日のお話も聞いて、上祐さんや周りの人たちが大きく脱皮しつつあることはわかりました。
    (『オウム事件 17年目の告白』の「検証対談」より)



    地下鉄サリン事件などを「内部」からどうみていたか。 はじめて知ることばかりでした。 カルト対策としても意味ある告白だと思います。
    (有田芳生さんtwitterより)



    人間っていうのは変わりうるものだと僕は思ってますから、多くの今日の参加者の皆さんが上祐の今度の本を読んでないうえでの議論なんですが、僕は読んだうえで来ているんで、この17年間ここまで変わったかっていう印象がものすごく強いんですよ。

    で、番組でも言ったけども、自分の父親とか母親のことについてですね、彼が普通なら語らないようなことまで書いているんですよ。

    の心境の変化っていうのは、やはり変化として認めておかなければいけないというふう思うんですよね。(中略)

    当時は33歳ですよ。それが50歳になって自分の人生どうかっていうことを考えながら、彼なりに努力をしつつある経過だっていうふうに僕は見なければいけないと思っているんで、批判するのは簡単だけれども、人間というのは変わりうるものだっていうふうに見ないと、それはもう自分に降りかかってくることなんじゃないんですかね。
    (そこまで言って委員会「辛坊たまらん」(読売テレビ)での発言より)



    ●下條信輔さん(認知心理学者・カリフォルニア工科大学生物学部教授)

    オウム事件関係の類書の中で「もっともよく整理され」「もっとも深く突き詰めている」と評価が高い。

    事件の経緯についていくつもの新事実が語られているが、何と言っても麻原と若い信者たちの心理を、内側から分析したのが出色だ。(中略)

    者はといえば、かねてから抱えていた謎を解く、大きなヒントを本書から与えられた。インパクトが大きかったので書き留めておきたい。(中略)

    今「麻原オウムの過ち、自らを含む信者たちの妄信の過程」と書いた。これらの点については、優れた知性が全力を挙げて解明せんとした痕跡を、少なくとも筆者は認める。(中略)

    個人的には本書によって「なるほど」と解明のヒントを与えられた大きな謎が、ふたつほどあった。
    「オウム事件17年目の告白」を読む(WEBRONZA・朝日新聞社)より)



    ●鈴木邦男さん(政治活動家、新右翼団体「一水会」最高顧問、思想家)

    1月22日(火)はロフトプラスワンで元オウム真理教幹部の上祐史浩さんに会った。『オウム事件17年目の告白』は力作だ。

    なぜ、オウムに魅せられたのか。なぜ麻原を師としたのか。なぜあんな事件が起きたのか。そして麻原との訣別…などについて、実に真摯に語っている。(中略)

    20年以上悩み、逮捕され、極限を見た上祐さんの体験をこうして聞ける。とても貴重です。又、貴重な本です。じっくり読みました。感動しました。
    鈴木邦男氏のサイトより)



    ●鴻上尚史さん(劇作家・演出家)

    時代が生んだといえる犯罪は、その原因を考え続けることが、次の時代のために必要だ
    と思うのです。(中略)

    「なぜ麻原を盲信してしまったのか」は、「(中略)つまり、正しいから信じるのではなく、自分を高く評価するものを信じたいという心理である」と書かれています。

    これは正直な言葉だと感じます。

    (中略)早稲田の大学院まで出て、小惑星探査機「はやぶさ」でやがて有名になるJAXAに就職までした人物が、「自己存在価値に飢えていた」と書きます。いえ、エリートであるからこそ、常に競争にさらされ、自分が勝つか負けるかに敏感になるのでしょう。

    この部分は納得できました。
    『週刊SPA!』2013/3/5・12合併号に掲載された書評より)



    ●『夕刊フジ』(2013年2月27日号)

    オウムの内情や犯罪へ手を染めるに至った経緯を詳細に明らかにした。(中略)

    教団幹部しか知らなかった内情を子細に暴露。(中略)
    当時オウムを追及した有田芳生氏との対談も収め、読み応えがある。



    ●保阪正康さん(ノンフィクション作家)


    上祐書はオウムが起こした各種事件をすべて自己批判、サリン事件は、麻原の予言的中演出のために強行されたとの自説を披瀝(ひれき)する。

    「麻原は極度の誇大妄想と被害妄想の人格障害(精神病理)だった」との断言にあるように、いわば憑きものが落ちての自己省察の書である。なぜ麻原に魅かれたか、私はオウム人だった、の分析で語り続ける。
    『朝日新聞』2013年2月17日掲載の書評より)



雑誌等インタビュー

連絡先

  • 連絡先

    上祐史浩本人へのご質問・ご相談などございましたら、お気軽にお寄せください。

    サイトや番組をご覧いただいてのご感想・ご質問・ご意見や、オウム・アレフ信者の方の脱却支援などの個人的なご相談もお待ちしております。


    メール:joyu@hikarinowa.net

    twitter:http://twitter.com/joyu_fumihiro

    ブログ:http://ameblo.jp/joyufumihiro/

    facebook:http://www.facebook.com/profile.php?id=100002032418376



    取材・出演依頼




    取材・対談・トークショー・テレビ出演等のお申し込みにつきましては、以下、「ひかりの輪広報部」の以下の窓口までお願いいたします。



    メールアドレスkoho@hikarinowa.net

    電話 :080(6515)0369


ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ