動画[講義]
上祐史浩の仏教・心理学等の講義の動画をご紹介します。

上祐史浩・一般向け講義【2017】

第337回『全ての人が持つ内なる仏:如来蔵思想』(2017年8月6日 福岡 61min)
(2017年08月06日)

 

1)仏教の如来蔵思想:全ての人の中の内なる仏

1.如来蔵(タターガタガルバ)とは何か

  タターガタガルバは、如来・仏と、胎・胎児の複合語。
  如来を胎に宿す者(が衆生・生き者である)と意味。
  よって、如来の胎児(である衆生)を意味する。

2.如来蔵思想の三つの解釈

  1.如来・仏の真理は、宇宙大に広がっており、
  その中の生き物=衆生は、如来の胎児であり、如来の一部である。

  2.全ての衆生は、如来と同じ本性を有する。
  衆生は煩悩によって一時的に汚れているだけで、
  本性は如来と同じで、如来が隠れ潜んでいる。

  3.全ての衆生は、未来に如来・仏になる可能性=仏性を有している。

3.如来蔵は、人をその内側から導く内なる仏である。

  その人の如来蔵が、その人が、悟りを求める修行を行う原動力となる。

4.外の神聖な物は、内の如来蔵を活性化させる「象徴」

  例えば、仏像は、人の内側に潜在する如来蔵を活性化・引き出す象徴物=シンボルで  ある。

5.内なる神・仏の最も根本的な象徴は光や輪・円である。

  仏教・キリスト教を問わず、光は、神・仏(の智慧や慈悲)の象徴で、神と仏の双方背後に後光が描かれる。
プラトン(最高原理イデアの象徴が光)などの哲学を含め、世界各地の民族・宗教・文化が共有するシンボル。
  大乗仏教の曼荼羅(円形に仏を描いた図画)や、
  禅の円相(毛筆で書かれた円)も同様である。


2)ヨーガの身体行法と気の霊的科学

1.気に関する復習

  1.気は目には見えない生命エネルギー。気の通り道は気道
  2.気の流れは、心の状態と、痛み・病気・健康と深い関係
  3.気は、心の安定、知性・智慧、健康・長寿、自己実現の秘訣

2.気の強化・浄化の方法

  1.中国医学の鍼灸・指圧・マッサージではなく、自分で気を整える

  2.アーサナ(ヨーガの体操)
  体のほぐしや各種の健康効果、気の通り道の浄化に役立つ

  3.プラーナーヤーマ(ヨーガの呼吸法)
  精神集中・気の通り道の浄化・気の強化に役立つ

 

<<< 前へ【第336回『気の霊的科学:身の回りの環境の気(外気)の浄化法』(2017年6月23日 東京 40min)】

次へ【第338回8月12日上祐代表夏期セミナー講義第2回 「総合解説:気の霊的科学:東洋思想の心身の健康・悟りの奥義」(2017年8月12日116min)】 >>>

2017年09月
Su Mo Tu We Th Fr St
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ