動画[講義]
上祐史浩の仏教・心理学等の講義の動画をご紹介します。

2017年08月

  • 第340回8月15日夏期セミナー上祐代表講義第7回『仏陀の最も重要な修行法「八正道」の奥義とは?』(2017年8月15日 (2017年08月17日)

    仏陀の最初にして、最も重要な教えである八正道は非常に有名であるが、
    表面的な解説は多いが、実際に現代で実践するために必要な深い理解
    を得るための講義であり、八正道の奥義と言うべき内容。

    1.第一の教え「正見」
    正見(正しい見解)の理解は、釈迦の「四諦」の「苦の思想」の理解がポイント
    それには、1.漢訳語の苦の原語である「ドゥッカ」の意味の正しい理解と、
      2.苦の原因とされる「無智」とそれによる煩悩の意味の理解が秘訣

    2.第二から第六の教え「正思惟・正語・正業・正命・正精進」
      1.正見を理解すれば、自ずと、正思惟(正しい考え)・正語(正しい言葉)・
      正業(正しい行為)・正命(正しい生活形態)・正精進(正しい努力)の
      意味は分かる。仏陀の説いた戒律(特に十戒)の実践と同じこと。
      2.戒律の奥義は、戒律は利他・慈悲の実践であり、利他=利己の真理。

    3.第七~第八の教え「正念・正定」
    1.正念とは、正しい思念だが、秘訣は絶えず正しい思念を持ち続けること
    24時間・全人生が正念の修行ということ
    2.正念の代表的な瞑想は「四念処」
      1.身体・感受作用・心・事物を正しく観察することが悟りに至る
      2.この瞑想で悟りに近づくは、私たちが、西洋的な自我・エゴ・言葉・思考・
    ロゴスを絶対とする思想の洗脳下にあることに気づくことが秘訣

     

  • 心理学講義(理論編)『レジリエンス 立ち直る力』(2107年8月14日 64min) (2017年08月17日)

      レジリエンスとは、衝撃的な出来事や困難な状況、ストレスを受けたときに、立ち直る力、回復力、復元力という意味で近年メンタルヘルスの領域で注目されている言葉です。

      ストレスを受けた時に、落ち込みやすい、なかなか立ち直れないという人は、「レジリエンスが低い」ということになります。ストレスに強く、また、立ち直りが早い人は、「レジリエンスが高い」ということです。

      レジリエンスが低い人は高い人と比べ、ストレスのダメージを受けやすく、精神的疾患に罹りやすいということが言えます。

      講義では、心理学の立場からでなく、仏教の教えの観点からの考察・解説も行われたいへん興味深い内容となっています。

    1.レジリエンスとは
    2.レジリエンスが高い人と低い人はどこが違うのか?
    (1)レジリエンスの高さとポジティビティの量の関係
    (2)立ち直りの早い人は、否定的感情とともに肯定的感情も経験している
    (3)立ち直りは身体の状態とも関連している
    (4)安定した心
    (5)視野が広く、解決策を複数考えつく
    3.レジリエンスが高いこととポジティブ・シンキングは違う
    4.レジリエンスは高めることができる
    5.レジリエンスを高める方法

     

  • 第339回8月13日上祐代表セミナー講義第5回「仏教の中核の思想・縁起の法の全て」(2017年8月13日 84min) (2017年08月14日)

      仏教の中核の思想・哲学である縁起の法は、初期仏教から大乗仏教まで、
    次第に拡充・多様化していった。その様々な縁起の法を総合解説する講義であり、
    仏教の世界観・悟りの思想のエッセンスを感じることができる。
      具体的には、以下の内容を含んでいる。

    1.縁起とは何か

    2.開祖の釈迦牟尼の「縁起の法」:此縁性縁起・十二縁起
    煩悩こそ苦しみの原因であると解明した仏教の中核思想

    3.部派仏教の「縁起の法」:業感縁起と因縁生起
    心理面から現象面に広がる縁起説

    4.大乗仏教の縁起の法:龍樹の相依性縁起
    万物は、相互依存で生じ、一切は実体がない:空の思想が成立

    5.中期以降の大乗仏教の縁起の法
    阿頼耶識縁起、如来蔵縁起・真如縁起・唯心縁起、法界縁起、
    六大縁起など。万物は、仏の現れという思想に到達

    6.ひかりの輪の「輪の思想」と仏教の「縁起の法」の関係

     

  • 第338回8月12日上祐代表夏期セミナー講義第2回 「総合解説:気の霊的科学:東洋思想の心身の健康・悟りの奥義」(2017年8月12日116min) (2017年08月13日)

    心身の健康、知力・集中力・自己実現、悟りの決め手となり、
    仏教・ヨーガ・道教・仙道・気功法・鍼灸指圧漢方などの中国医学に共通する
    気の霊的科学の奥義を総合的に解説した講義です。

    なお、これは、2017年のひかりの輪夏期セミナーの2回目の講義であり、
    その特別教本「気の霊的科学とヨーガの歴史と全体系」の第1章に基づく講義です。
    以下は、講義の概要の代わりとして、その第一章の目次のご紹介です

    特別教本「気の霊的科学とヨーガの歴史と全体系」
    第1章 総合解説:気の霊的科学

    1.気とは何か
    2.気は実在するか
    3.気の通り道:気道に関して
    4.気道の交差点:経穴、気道の密集点:チャクラ
    5.気の強化と気道の浄化の恩恵:心身の健康・悟り
    6.ヨーガのナーディとチャクラの思想
    7.チャクラでの気道の詰まりが煩悩を生じさせる
    8.各チャクラにおける気道の詰まりと煩悩の関係
    9.気道の浄化・気の強化がもたらす様々な恩恵
    10.気を浄化・強化する身体行法
    11.気を強化・浄化する精神的な修行:戒律・瞑想
    12.気の強化・浄化を助ける環境・外気を整える(1)
    13.気の強化・浄化を助ける環境・外気を整える(2)
    14.気の強化・浄化を助ける食事:過食を避ける
    15.肉食の是非は? 極端を避ける
    16.冷たい物・お酒・刺激の強い物
    17.東洋の代表的な食養の思想
    18.気の浄化・強化に役立つ身に着ける物

     

  • 第337回『全ての人が持つ内なる仏:如来蔵思想』(2017年8月6日 福岡 61min) (2017年08月06日)

     

    1)仏教の如来蔵思想:全ての人の中の内なる仏

    1.如来蔵(タターガタガルバ)とは何か

      タターガタガルバは、如来・仏と、胎・胎児の複合語。
      如来を胎に宿す者(が衆生・生き者である)と意味。
      よって、如来の胎児(である衆生)を意味する。

    2.如来蔵思想の三つの解釈

      1.如来・仏の真理は、宇宙大に広がっており、
      その中の生き物=衆生は、如来の胎児であり、如来の一部である。

      2.全ての衆生は、如来と同じ本性を有する。
      衆生は煩悩によって一時的に汚れているだけで、
      本性は如来と同じで、如来が隠れ潜んでいる。

      3.全ての衆生は、未来に如来・仏になる可能性=仏性を有している。

    3.如来蔵は、人をその内側から導く内なる仏である。

      その人の如来蔵が、その人が、悟りを求める修行を行う原動力となる。

    4.外の神聖な物は、内の如来蔵を活性化させる「象徴」

      例えば、仏像は、人の内側に潜在する如来蔵を活性化・引き出す象徴物=シンボルで  ある。

    5.内なる神・仏の最も根本的な象徴は光や輪・円である。

      仏教・キリスト教を問わず、光は、神・仏(の智慧や慈悲)の象徴で、神と仏の双方背後に後光が描かれる。
    プラトン(最高原理イデアの象徴が光)などの哲学を含め、世界各地の民族・宗教・文化が共有するシンボル。
      大乗仏教の曼荼羅(円形に仏を描いた図画)や、
      禅の円相(毛筆で書かれた円)も同様である。


    2)ヨーガの身体行法と気の霊的科学

    1.気に関する復習

      1.気は目には見えない生命エネルギー。気の通り道は気道
      2.気の流れは、心の状態と、痛み・病気・健康と深い関係
      3.気は、心の安定、知性・智慧、健康・長寿、自己実現の秘訣

    2.気の強化・浄化の方法

      1.中国医学の鍼灸・指圧・マッサージではなく、自分で気を整える

      2.アーサナ(ヨーガの体操)
      体のほぐしや各種の健康効果、気の通り道の浄化に役立つ

      3.プラーナーヤーマ(ヨーガの呼吸法)
      精神集中・気の通り道の浄化・気の強化に役立つ

     

2017年09月
Su Mo Tu We Th Fr St
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30