動画[講義]
上祐史浩の仏教・心理学等の講義の動画をご紹介します。

2018年03月

  • 第361回『大きな力となる朝と夜・食事の際の瞑想』(2018年3月25日 福岡 53min) (2018年03月26日)

    毎日繰り返し行うことができる朝と寝る前、さらには食事の際の瞑想

    1.人間の潜在意識を変え、大きな力を持つ朝と夜の実践

    (1)潜在意識=無意識とは

    人は、多くの行為を意識せずに行なっている。これは潜在意識=無意識の働き
    繰り返された習慣は、潜在意識・無意識に根付いている。

    (2)朝起きた時、その日一日の心構えを整える(良い行動の決意をする)

    普通の人間は、無意識的に悪い習慣の影響の下にあり、朝のうちに修正すると、その日を良い流れで始めることができる。人間の朝の心の状態=心の初期設定は、望ましいものばかりではなく、それを修正して始める。始め良ければすべてよし。

    (3)夜寝る前に、その日を反省をして改善の決意をする。

    ① 悪い行為は、意識して反省しなければ、気づかないことも多い。
    見たくないために忘却されがちで、潜在意識に根付いて習慣化する。
    ② 寝る前の反省は良い睡眠状態をもたらす。深い眠り、良い気の流れでの睡眠睡眠は人生の三分の一から四分の一もあり重要である。

    2.食事の際の感謝の瞑想

    (1)食事の際の瞑想は、感謝と恩返し、善行を誓う良い機会である。

    (2)感謝・足るを知る心・恩返し・謙虚さ・善行なす精神、さらには、
    自分に過剰にとらわれない(無我)の精神を培うことができる。


  • 第360回『心の視野の拡大が感謝・尊重・愛の心の幸福をもたらす』(2018年3月4日大阪 64min) (2018年03月04日)

    心の視野を広げることが、仏陀の幸福、万物への広く深い感謝・尊重・愛を得る道。
    仏の人間は、自分と他者・世界の真実、自分の膨大に幸福に目覚めていない。


    1.前回の復習

    (1)仏陀=目覚めた人=智慧を得た人=物事を正しく見る人
    (2)智慧=物事を正しく見る力=物事を全体的に見る力
    =「心の視野の拡大」=世界の時空間に広がった意識
    (3)智慧は大慈悲(=四無量心=広大無辺の利他の心)をもたらす

    2.心の視野の拡大が広く深い感謝・尊重・愛の心をもたらす

    (1)万人万物を恩人と見て感謝して恩返ししようとする心(感謝・恩返し)

    世界全体の生き物、人類に歴史全体を見て自分の膨大な恵みに気づく
    無数の生物から21世紀の日本人に生まれる恵み。苦の裏の喜びにも気づく

    (2)万人万物を教師=仏と見て尊重し、謙虚に学ぶ努力の心(謙虚と精進)

    驕り・妬みを捨て、全ての人・動植物から謙虚に学んで努力する
    動植物も人より優れた面があり、その苦しみは人の反面教師。

    (3)万人万物を自己と一体と見て広く愛する心(一元的世界観・利他心)

    他者が自分、自分が他者に循環するこの世界の真実に気づく=万物一体

    3.他の生き物・動植物に対する仏陀の見方

    (1)動植物は人間の恩人:食事=動植物の死の犠牲で人間は生きる

    食事の際の感謝と恩返しの瞑想:感謝・謙虚・善行・利他心を培う
    「貴方の命をいただきます、よって、日々なるべく良いことをします
    天寿を全う次第、お返しします。」→ 死に動じない心を培う
    自分の生は他の死、自分の死は他の生とセット=生と死の循環
    自他の繋がり・一体性→無我の思想:他と別の独立した我は存在しない

    (2)自分の教師=人より動植物が優れている面から謙虚に学ぶ

    人間の長所の裏にある短所:人の両面性に気づく。仏に近づく可能性と、
    動物より悪い事をする可能性。際限ない欲・不満・妬み・戦争

    (3)動植物の苦しみは、自分の可能な未来の一つ(反面教師)

    恵まれた人の一生は短い=無常。一日一日を大切に:一日一生
    人は動物的な幼少期、人間らしい成人期を経て、生き方によって、
    動物的な高齢期か、老賢者としての高齢期に。そして転生の可能性

     

2018年04月
Su Mo Tu We Th Fr St
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30