動画[講義]
上祐史浩の仏教・心理学等の講義の動画をご紹介します。

上祐史浩・一般向け講義【2017】

第351回『天皇退位・30年間の平成の終焉で見えて来る今後の日本と世界の流れ』(2017年12月10日大阪62min)
(2017年12月11日)

  平成はちょうど30年で終わる中、30年周期説で予想する今後の世界とは何か。
社会学・歴史学・物理学・宗教思想・占星学などに共通する「周期運動」という世界の根本原理とは何か

1.21世紀の新しい思想の展望:「時の輪」の思想

(1)2019年天皇退位、平成は1989~2019年の30年と確定

(2)30年周期の新思想の台頭:

  1990:共産主義の終焉と宗教の復活と原理主義
  1960:共産主義の広がり・米ソ冷戦・極左運動
  1930:自国中心・国粋主義の広がり・中国進出と世界大戦
  1900:日清・日露の戦争・日本神国の思想の始まり
  1870:江戸時代の終焉と明治維新・富国強兵

(3)今後の日本・世界を占う:1989・1900と2019・2020の類似性

  ①30年前は天皇崩御・昭和の終焉、今度は平成の終焉と共に新時代へ
  ②30年前はソ連邦崩壊・ドイツ統一、今度は北朝鮮の崩壊か
  ③30年前はバブルの崩壊の始まり、今現在もバブル経済の可能性
  ④30年前は湾岸戦争、今現在高まる中東や北朝鮮の緊張
  ⑤30年前はオウム事件の始まり、今オウム死刑囚の執行が間近か

(4)社会学・物理学・宗教学など各分野での周期説

  ①社会学・歴史学の周期説:歴史は繰り返す:60年周期の学説

  ②最新科学が説く世界のミクロとマクロの基本構造が周期運動
  原子構造の周期運動、天体の周期運動(公転・自転)

  ③宗教経典の周期説:時輪経典(インド最後の仏教経典)
  世界の根本原理は周期運動(時の輪)と説く

  ④占星学思想:周期運動する天体配置と人の活動の相関関係
インドでは真面目に学界・教授が占星学を研究

(5)2020年代に、良き新たな思想を広げるために

  ①悪しき歴史の繰り返しを脱却するには、繰り返しを認識すること

  ②仏教は、苦楽の輪・六道輪廻を悟り、それを離脱=解脱する教え


2.仏教思想が説く幸福の智慧の奥儀:「精進の教え」

(1)仏教が説く全ての苦しみの根源は「無智」

(2)伝統仏教の無智と智慧の概念

(3)仏教用語を使わない無智と智慧の簡明な説明

(4)精進の教え

  ①初期仏教の精進(八正道などの正精進)の教え:四正勤(四正断)

  ②大乗仏教の精進(六波羅蜜=六つの完成の精進)教え

(5)精進の不足と様々な煩悩の関係

  ①慢心、②卑屈、③妬み、④怒り

 

<<< 前へ【第350回『仏教が説く幸福の奥儀:自分と他人を変える精進の教え』(2017年11月26日東京 98min)】

次へ【第352回『仏教思想の精髄:慈悲=苦しみを喜びに変えて生き抜く力』(2017年12月17日東京 60min)】 >>>

2018年01月
Su Mo Tu We Th Fr St
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ