動画[講義]
上祐史浩の仏教・心理学等の講義の動画をご紹介します。

上祐史浩・一般向け講義[2015]

第240回 『感謝と慈悲について』(2015年5月10日 福岡 76min) 
(2015年05月19日)

1.感謝は慈悲は通じるものがあり、他と苦楽を分かち合う性質がある。
それは広がった温かい鎮まった心をもたらす。

2.感謝とは他に自己の存在意義を感じさせ、称賛・名誉を与え、自他同時幸福となる
反対の慢心は幸福は自分だけのものとして自己を差別化する。

3.感謝とは謝罪を感じると書くように、他の労苦を感じて苦を分かち合うことにつながる。
慈悲の慈は他に楽を与え、悲は他の苦しみを取り去ることである。

4.慈悲はブッダの鎮まった広がった温かい心であり、感謝はブッダ・菩薩の心の土台である。
卑屈や慢心をなくし、躁鬱の心の波をなくし、感謝で浮かれず落ち込まず、心を平らにする。

5.質疑から 成功哲学について
①成功とは自己の勝利ではなく、切磋琢磨による自他互いの成長・向上と考えるべき。
  ②成功や失敗に実体はなく、視点や心の持ち方で決まる。
③外側の成功は幻影であり、本当の成功は心の中にある。

">

<<< 前へ【第237〜239回GWセミナー特別教本『心の安定のための人生哲学 不安・卑屈・孤独・怒りの解消』解説講話】

次へ【第241回『不安は欲求を和らげることで弱まる』(2015年4月26日 大阪 53min)】 >>>

2017年05月
Su Mo Tu We Th Fr St
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ