動画[講話]
上祐史浩の講話の動画をご紹介します。

上祐史浩・一般向け講話【2016】

第307回『仏教思想の中核「四無量心」を総合的に解説』(2016年11月27日 東京 55min)
(2016年11月28日)

  四無量心とは、四つのはかりしれない(利他の)心という意味で、仏陀の心であり、仏教修行の最大の目標の一つ。わかりやすく言えば、平静で落ち着いた、広く大きな愛の心。

具体的には、その四つは、

1.慈:マイトリー:
他の幸福の望み、他に楽を与える心と実践
貪り・独占を超えた心

2.悲:カルナ:
他の苦しみを悲しみ、他の苦を取り除く心と実践
冷淡を超えた心

3.喜:ムディタ:他の幸福・善行を喜ぶ心と実践
妬みを超えた心

4.捨:ウペクシャ:平静な心・平等心・無頓着
好き嫌い・わけ隔て・差別を超えた心
自分を傷つける他の悪行への怒りを超えた心

  四無量心は利他心であるが、同時にその実践者本人に真の最高の幸福をもたらす。
具体的には、1.落ち着いた大きな心による精神的な幸福、2.健康長寿、3.良い人間関係・協力者、4.正しい判断・智恵・インスピレーション、さらには、5.気の強化・浄化による軽快で霊的な歓喜を伴う身体(仏陀の身体)をもたらす。

  四無量心は、物事をありのままに見る智慧(智恵)に基づいている。それは、自他、自他の幸福を含め、万物は相互依存で、一体であり、固定した実体はないことを悟る智恵である(縁起と空の教え)。


<<< 前へ【第306回『心を変える4つの方法と静まった心の利益、トランプ後の世界の展望』(2016年11月20日 福岡 76min)】

次へ【第308回『仏教思想の中核「四無量心」の総合解説パート2』(2016年12月11日 福岡 91min)】 >>>

2016年12月
Su Mo Tu We Th Fr St
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ