動画[講義]
上祐史浩の仏教・心理学等の講義の動画をご紹介します。

上祐史浩・一般向け講義【2019】

第408回『意識は自分の行動を決めていない!:最新脳科学と仏陀の無我の思想』(2019年5月26日東京 60min)
(2019年05月31日)

1.仏教が説く無我・縁起の思想

  仏陀は、実際には、「私」「自分」というものはない(無我)、ないしは、私たちが「私」「自分」と思っているものは、実際には、私・自分とは言えない(非我)の思想を説いて、自分・自分のものに過剰にとらわれること(自我執着)を戒めた。
  また、無我の思想は、万物が相互依存であることを説く縁起の法とも関連しており、他から独立した私・自分は存在しないことを意味する。逆に表現すると、実際には私は世界全体に繋がり広がっており、世界全体が本当の私であるともいうことができる

2.最新の科学が示す万物一体の世界

(1)分子生物学:自分だけの分子はない

  実際には、自分だけの体を構成する分子は存在しない。人は、他者・外界と、分子を絶えず交換・循環させている。そのため、実際には、過去と変わらぬ自分は存在しない(自己同一性は幻想)。

(2)脳神経学:自と他の区別は頭頂葉が作る幻想

  人の脳の「頭頂葉」と呼ばれる部分が、視覚などの感覚情報に基づいて、自分と他者・外界を区別した構図の映像を作って、我々の意識に感じさせている。頭頂葉の機能が低下すると、いわゆる宇宙と一体となったワンネス体験をする。

(3)脳科学:意識が無意識的な脳活動の結果の観測者に過ぎない

  我々の常識では、自分の「意識」が、自分の行動を決めており、自分の中心であると考えている(「能動的意識説」・「意識中心の自分説」)。しかし、様々な科学的な実験結果は、意識とは、無意識的な脳の活動が作る、自分に関する記録映画(エピソード記憶)を見ている観測者に過ぎない可能性があることを示している(「受動的意識説」「非意識中心の自分説」。
  ただし、その記録映画は、その観測者(意識)が、自分の行動を決め、自分の中心である、と錯覚するように作られている。私たちの行動は、他者・外界と?がっている体の一部である脳の無意識的な活動の結果であり、その意味で、仏陀が説く、無我の思想や、万物一体の思想と通じるものがある。

(4)古今東西の哲学・宗教の思想

  古今東西の哲学・宗教の思想を見れば、仏陀の無我・非我の思想や、老子の無為自然、荘子の万物一体の思想、さらには、キリスト教のアウグスティヌスの自由意志を否定する思想、近代哲学の構造主義・ニヒリズムなど、受動的意識説・非意識中心の自分説に通じる思想は多数存在している。

 

<<< 前へ【【テーマ別動画ページのご紹介】上祐史浩:仏教・ヨーガ・心理学セミナー動画】

次へ【【中継テキスト】6月19日(水)20:30心理学講義テキスト】 >>>

2019年06月
Su Mo Tu We Th Fr St
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
テーマ別動画
テーマ別の動画サイトです
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ