動画[講義]
上祐史浩の仏教・心理学等の講義の動画をご紹介します。

上祐史浩・一般向け講義【2018】

第369回『大衆が悟るポスト平成の長寿社会の展望と仏教思想』(2018年5月20日 福岡 81min)
(2018年05月21日)

  この講義では、ポスト平成の長寿社会において、高齢者は鬱・認知症・暴走する感情に悩む人と、悟りの境地(老年的超越)に至る人に二極化するが、日々の思考と生活の習慣が大切であり、それは仏教・ヨーガの訓練に通じるものであり、更には、この老年的超越の現象は、大衆が悟る新しい時代の到来を示唆することを解説する。


1.今後の高齢化社会=長寿社会は、高齢期が長くなり、余生ではなく、第二の人生になる
→ 高齢期はプレ来世とも言える

2.高齢期に二極化する高齢者

  ①感情の暴走・老人性うつ・認知症に苦しむ人・人間らしさを失う
  ②悟りのような心境に至る人(老年的超越)
→ 人は来世、動物にも仏の浄土にも生まれる=六道輪廻

3.高齢前の諸習慣が高齢期の精神的な健康を左右する

  ①運動・食事・睡眠他の生活習慣
  ②思考・認知の習慣
→ 日ごろの鍛錬によって高齢期の浮き沈みが決まる
仏教の因果の法則=カルマの法則=自業自得

4.人は、心・感情から老化する

  感情の制御を司る前頭葉が老化して意欲が減退すると、他の脳の部分や体全体を  使わなくなり老化する。
→ 人は皆、煩悩という心の病をもっている

5.脳は未知の能力を秘めている

  意識は鍛錬をすれば、老いを超える
→ 人は皆、未来にブッダになる可能性=仏性をもっている

6.老年的超越の現象は、長寿・多病・活動的な人に多い

→ 仏陀の予言:人類の寿命が延び、精神性が高まる
  全ての人が悟る時期もやってくる(弥勒如来の降誕)

7.老年的超越の現象=大衆の中の悟り

  1989年=平成の始まり=高齢化社会の始まりとともに

8.ポスト平成の精神的

  伸びる寿命=医療革命の中で老年的超越が広がる
  悟りの大衆化の始まりの時代=未来の新人類へ?

 

<<< 前へ【第368回GWセミナー第7回『麻原執行:詐病か心神喪失か、クンダリニー症候群』(2018年5月5日 80min)】

次へ【第370回『抗加齢薬で近づく人生120年の時代に悟りが大衆化する』(2018年5月27日東京 64min)】 >>>

2018年06月
Su Mo Tu We Th Fr St
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ