動画[講義]
上祐史浩の仏教・心理学等の講義の動画をご紹介します。

2016年01月

  • 第269回『劣等感への3つの対応と、優越感の4つの落とし穴とその脱却法』(2016年1月24日 60min 東京) (2016年01月24日)

    多くの人が悩む自他の比較・劣等感とその裏の慢心・見下しの心に関して仏教と現代の心理学から総合的に解説。劣等感への3つの対応、優越感の4つの落とし穴と脱却法、真の幸福と成長の道とは。

     

  • 第268回『現代人のための新しい仏教解釈:「輪の法則』(2016年1月17日 63min 大阪) (2016年01月24日)

    1.伝統仏教の中心思想とその問題

    伝統仏教の中心思想は、1.縁起(ものごとは他と相互依存して生じる)、2.空・無常(固定した実体はない)、3.無我(本当の私はない。永久不変の本質はない)、仮(全ては仮に設定されたもの)などである。

    しかし、これは現代人に分かりにくく、日常の自分の苦しみや問題を解決する実際的に智恵・視点にはならないことが多い。よって、この思想の本質を維持しながら、現代人にもわかりやすく、ピンとくる形で、表現したものが、「輪の思想」である。

    2.輪の法則、エゴを弱める「自他の循環」の思想

    それは、自と他は輪のように繋がり、循環している面があることを理解することを助ける。それによって、自他を区別し、自己を偏愛し、他と奪い合うというエゴの問題を和らげることができる。

    たとえば、自分の身体は他の死んだ身体からできていて、自分の死後は今度は他の身体を構成する。自他の生死はセットであり、生は自分のものではなく、一時的に自分のもとにあるだけで、いずれ宇宙に返すもの。命と財産が預かり物だという意識がないと死の恐怖を感じたり財産に執着したりするが、自分のものと錯覚しなければ恐れを感じることはない。

    3.具体的な瞑想法:手印とひかりの輪の読経瞑想

    自他は別のように見えて実は一つ。合掌と定印は腕を輪のように結ぶ形を作り、自他が一体で循環していることを象徴している。この理解を修習するため、ひかりの輪では「自他一体・万物愛す」という経文を使って読経瞑想を行っている。

  • 第264回~267回 年末年始セミナー特別教本『総合解説 一元の智慧 万物一体の真理』の解説講話 (2016年01月18日)

    2015年~2016年の年末年始セミナーにて行われた、上祐史浩の講話全7講話中、第1回、3回、5回、7回の4講話の解説動画です。

    ●第1回講話(2015年12月29日 90min)

    セミナー教本第一章「仏陀の一元の智慧」の解説講話

    「仏教が説く悟りの智慧(智恵)は、私たちの日常の観念を超えている面がある。これを言い換えれば、仏教の教えは、悟っていない人がなぜ頻繁に苦しむかというと、
    日常の常識的な観念の中に多くの錯覚があるからと説くのである。
    この錯覚を無智、すなわち、事物をありのままに理解できない意識の状態としている。一方、悟った人(仏陀)は、無智を滅して、智慧を得た者である。
    そのため、本稿では、皆さんが、これまでの学校教育や社会生活などの日常の中では、考えたこともなかった思想を紹介することになる。」(教本より抜粋)



    ●第3回講話(2015年12月30日 72min)

    セミナー教本第二章「一元の智慧に基づく幸福の道」の解説講話

    「仏教では、人が皆、幸福を求めながらも必ずしも幸福になれない理由は、無智であると説いている。すなわち、幸福を求めながらも、幸福になる正しい道・手段を知らないということである。
    これを言い換えれば、不幸になる道を幸福の道だと錯覚し、幸福の道を不幸の道だと錯覚しているというのである。そこで、本章では、前章で述べた仏陀の一元の智慧に基づいて、本当の幸福になる道について述べたいと思う。」



    ●第5回講話(2015年12月31日 70min)

    セミナー教本第三章「施行の叡智と無思考の叡智」の解説講話

    「言葉による思考には、メリットとデメリットがある。メリットは、この世界の様々な差異を理解することだ。一方、デメリットは、差異を理解するだけではなく、色々なものが全く別のもので、しかも固定的な存在に見えてしまうことだ。
    そして、仏陀の教え、縁起や空の教えは、このデメリットに対応するための智慧となっているのである。」これについて詳しく解説しています。



    ●第7回講話(2016年1月2日 114min)

    セミナー教本第四章「最新:読経瞑想の解説」の解説講話

    三悟智経「苦楽一体・万物感謝、優劣一体・万物尊重、自他一体・万物愛す」

    「三悟心経」は、三つの悟りの心の教えという意味であり、仏陀の悟りの境地を(三つの切り口から)表現したものである。
    「三悟智経」は、三つの悟りの智慧の教えという意味であり、ひかりの輪が説く、輪の思想・一元の智慧を端的に表したものである。
    そして、「三縁起経」とは、万物が一体であると説く輪の思想について、三つの視点から表したものである。
    第7回目は、三悟智経について解説しています。

  • 心理学講義『愛着理論(前編)』(2016年1月1日 85min) (2016年01月08日)

     

    ◆愛着とは◆

    仏教では、愛着は煩悩の一つで、根本的な3つの煩悩のうち貪り(貪:とん)といわれるもので、苦しみを生じさせるものとされます。

    心理学的には、養育者との情緒的な特別な結びつきのことを言い、乳幼児期の赤ちゃんが心身の健全な成長のために必要な安心・安全を提供するものとします。
    この心理学講義では、この意味での愛着についての話です。

    「愛着理論」の資料、後半の講義の動画データは販売しておりますので、ご希望される方は、下記連絡先にお願いいたします。shop@hikarinowa.net

    「愛着理論」の教本は>>>こちらでご紹介しています。

     

     

2017年05月
Su Mo Tu We Th Fr St
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31