動画[講義]
上祐史浩の仏教・心理学等の講義の動画をご紹介します。

上祐史浩・一般向け講義【2018】

第383回『無我の思想:「私」は実在せず、「自由意思」も存在しない?』(2018年9月30日東京63min)
(2018年10月02日)

他者と別の「私」が存在し、自分の意志で行動するという常識は間違い。
自他が一体なのが真実の世界の在り方であり、私とその意識・意志の真実を
示す仏教と最新科学の理論を解説。


1.無我の思想:他者から独立した「私」は存在しない

  (1)仏教の「無我」の思想、ヒンドゥー教の「真我」の思想
  (2)私だけの思考・知識・言語は存在しない→自他の思考の繋がり
  (3)私の体だけを構成する分子は存在しない→自他の体の繋がり

2.意識とは

  (1)意識の定義は未確立:他人に意識があるかも確認しようがない

  (2)意識と脳の関係:意識と脳は別物とする物心二元論(実体二元論)、
  意識は脳が生み出すと考える物理主義

  (3)意識は全ての行動を決定していない=無意識の行動
  睡眠中は無意識、夢遊病者は無意識で行動、半盲の事例など。

  (4)自由意思は存在しない?意志は脳・体が作っている?
  行動をする際、それを意識で意志する前に、脳が活動している?

3.仏教が説く、自己愛の喜びと苦しみの心理構造

  (1)苦楽は比較、セット、変化し、実体がない。
  苦楽は表裏で、楽が苦に、苦が楽に変わる。

  (2)自己愛の喜びは飽きが生じ、際限なく求め、苦しみを招く
  求めても得られない苦、失う苦、奪い合い憎み合う苦

  (3)現代社会でも、皆が幸福を求めつつ、多くが苦しんでいる
  自殺者数万、未遂者数十万、うつ病数百万などなど。

  (4)高齢期は若年期より苦しみ・不幸が多い

  ①失う苦しみ=喪失体験が増大し、うつ病、自殺、認知症など。
  ②心・感情をコントロールする力(EQ)が40代以降低下

4.心のコントロールの術

  (1)心理学・心理療法

  ①喪失体験への対処法=SOC理論
  ②極端に否定的な思考を修正:認知行動療法

  (2)心の制御をする力を鍛えるヨーガ・仏道修行

  ①仏教の苦楽表裏(損得表裏)の思想:「智慧」
  ②心が安定する日常の行動を保つ:「戒律」
  ③心の安定する体の使い方:ヨーガの身体行法
  筋肉の弛緩、呼吸法、姿勢、発声法、歩行など。
  ④心の安定する環境の整備:衣食住・人間関係

 

<<< 前へ【第382回『苦楽を感じる心理構造と、苦しみに強い心の培い方』(2018年9月23日 福岡 61min)】

次へ【第384回『霊障と真の霊的浄化、自己愛の問題と全体愛の幸福』(2018年10月14日大阪 62min)】 >>>

2018年10月
Su Mo Tu We Th Fr St
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ