動画[講義]
上祐史浩の仏教・心理学等の講義の動画をご紹介します。

上祐史浩・一般向け講義【2017】

第340回8月15日夏期セミナー上祐代表講義第7回『仏陀の最も重要な修行法「八正道」の奥義とは?』(2017年8月15日
(2017年08月17日)

仏陀の最初にして、最も重要な教えである八正道は非常に有名であるが、
表面的な解説は多いが、実際に現代で実践するために必要な深い理解
を得るための講義であり、八正道の奥義と言うべき内容。

1.第一の教え「正見」
正見(正しい見解)の理解は、釈迦の「四諦」の「苦の思想」の理解がポイント
それには、1.漢訳語の苦の原語である「ドゥッカ」の意味の正しい理解と、
  2.苦の原因とされる「無智」とそれによる煩悩の意味の理解が秘訣

2.第二から第六の教え「正思惟・正語・正業・正命・正精進」
  1.正見を理解すれば、自ずと、正思惟(正しい考え)・正語(正しい言葉)・
  正業(正しい行為)・正命(正しい生活形態)・正精進(正しい努力)の
  意味は分かる。仏陀の説いた戒律(特に十戒)の実践と同じこと。
  2.戒律の奥義は、戒律は利他・慈悲の実践であり、利他=利己の真理。

3.第七~第八の教え「正念・正定」
1.正念とは、正しい思念だが、秘訣は絶えず正しい思念を持ち続けること
24時間・全人生が正念の修行ということ
2.正念の代表的な瞑想は「四念処」
  1.身体・感受作用・心・事物を正しく観察することが悟りに至る
  2.この瞑想で悟りに近づくは、私たちが、西洋的な自我・エゴ・言葉・思考・
ロゴスを絶対とする思想の洗脳下にあることに気づくことが秘訣

 

<<< 前へ【心理学講義(理論編)『レジリエンス 立ち直る力』(2107年8月14日 64min)】

次へ【第341回『苦を和らげ、苦に強くなる仏教・心理学の智恵』(2017年8月27日 東京 68min)】 >>>

2017年09月
Su Mo Tu We Th Fr St
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ