動画[講義]
上祐史浩の仏教・心理学等の講義の動画をご紹介します。

上祐史浩・一般向け講義【2018】

第358回『心のコントロール:否定的な感情への対処法』(2018年2月18日 福岡 66min)
(2018年02月18日)

  不満・怒り・不安・落ち込みなどの否定的な感情への対処法への講義である。

1.気分転換:環境と体の使い方を変える

(1)環境を変える

①屋外・自然へ、良い気の場所、視界が広がる場所

②室内ならば、部屋の整理整頓、換気、穏やかな音楽
心が静まるシンボル・ツール=仏画・瞑想香・聖音など

(2)行動を変える

①適度な運動をする:散歩・体操・有酸素運動 → ヨーガの体位法(アーサナ)

②姿勢を整える:背筋を伸ばして肩の力は抜く → ヨーガの座法(アーサナ)

③呼吸を整える(腹式呼吸で深くゆったりと)

吐く方も重視=緊張が抜ける、上級編は保息も → ヨーガの呼吸法(プラーナーヤーマ)

(3)気分転換の本質は、「気」のコントール

「気」=体の中の目に見えないエネルギーの流れ

2.意識・心の視野の拡大=仏教の智慧の修行

(1)意識・心の視野が狭くなると、心が不安定になる
人は「今の自分」に意識が制限されやすい=エゴ・自我執着

(2)仏陀の悟り・智慧は、意識の拡大に関係する

①仏陀の悟りの境地(涅槃):煩悩が静まった寂静・平安の境地

②仏陀の大慈悲=全ての生き物に対する広大無辺な慈悲の心

③仏陀=目覚めた人、智慧を得た者→全時空間に意識が拡大している
目覚め・智慧とは、意識(心の視野)の拡大、全体を見る力

3.意識が拡大すると気付く(無量の)幸福

(1)自分の得ている膨大な恵みに気付く
無数の生き物の中で人間に、日本人に、法縁がある者に生まれた
地球の生命・人類の歴史の中で最も恵まれた時代21世紀

(2)苦しみの裏にも幸福があることに気づく
苦しみは、際限ない貪りと戒め、慈悲の心に導く

(3)世界全体がそのままに恩恵だと気づく
誰のものかとは関係なく(自他の区別を越えて)

 

<<< 前へ【第357回『意識・視野の拡大こそ幸福の鍵・仏陀の智恵:第2回』(2018年2月4日大阪 64min)】

次へ【第359回『仏陀の悟り=気づきの幸福の思想』(2018年2月25日 東京 59min)】 >>>

2018年03月
Su Mo Tu We Th Fr St
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ