動画[講義]
上祐史浩の仏教・心理学等の講義の動画をご紹介します。

上祐史浩・一般向け講義【2020】

第432回『主な仏教の瞑想の解説:初期仏教から大乗仏教まで』(2020年2月23日東京 64min)
(2020年03月14日)

仏教的な瞑想のタイプの解説

1.初期仏教の瞑想

  (1)入出息念(アーナーパーナ・サティ)
    →呼吸を意識する瞑想

  (2)四念処:初期仏教の代表的な瞑想
    →自我執着を脱却する無我の瞑想

  (3)四無量心:怒りなどの心を静める瞑想


2.大乗仏教の瞑想

  (1)仏の象徴物(シンボル)を用いる
    →真言・曼荼羅・仏画・仏像
    ※象徴物=仏の意識を引き出す言葉・視覚的イメージ等、日本人用のシンボルを用いる

  (2)三密加持:仏と合一する瞑想法
    身体と言葉と意識で仏を模倣・合一する

  (3)輪の読経瞑想:ひかりの輪独自の瞑想法
    仏の悟りの境地を現代語で言語的に表現した瞑想


3.気をコントロールする瞑想

  (1)チベット仏教の究境次第の瞑想
    他に生起次第・成就法の瞑想
    父タントラ・母タントラ・不二タントラなど。

  (2)ヨーガではハタヨーガの奥義のクンダリニーヨーガ
    →アーサナ・プラーナーヤーマ・ムドラー

 

<<< 前へ【第431回『初期仏教の瞑想と心の安定・集中・知性の向上』(2020年2月9日 大阪 84min)】

次へ【第433回『仏教とヨーガの瞑想の総合解説』(2020年3月8日 大阪 59min)】 >>>

2020年03月
Su Mo Tu We Th Fr St
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
テーマ別動画
テーマ別の動画サイトです
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ