動画[講義]
上祐史浩の仏教・心理学等の講義の動画をご紹介します。

2017年11月

  • 第350回『仏教が説く幸福の奥儀:自分と他人を変える精進の教え』(2017年11月26日東京 98min) (2017年11月27日)

    身近な言葉だがその奥儀は知られていない仏教の「精進」の教えを解説。
    自分では気づきにくい卑屈・妬み・怒りの原因、自尊感情・他への愛の不足の原因が分かって眼から鱗の講義。

    1.仏教が説く全ての苦しみの根源は「無智」

    2.伝統仏教の無智と智慧の概念:理解が難しい

    (1)釈迦の無智の説明:四顛倒
    (2)大乗仏教の根本無智の説明:覚醒状態の喪失と自他の区別。
    (3)仏陀とは「目覚めた人」、智慧は仏陀の本質の一つ。

    3.智慧:縁起や空の理法を理解する認識力

    (1)縁起思想:万物は相互に依存しあって存在する(万物相互依存)
    (2)空の思想:万物は固定した実体がない
    (3)縁起と空は一体の思想。
    (4)仏陀の智慧は、無分別智とも。対極的な二者の区別を超えた智慧。
      自他、苦楽、優劣も一体など。

    4.仏教用語を使わない無智と智慧の簡明な説明

    (1)無智の簡明な説明
      今の自分だけが良ければいい。自分だけ早く楽に幸福になりたい、
    (2)智慧の簡明な説明
      長期的に、他者・万物と共に得るものが真の幸福という理解
      他者を利することが、自己を利する道という理解
    (3)智慧と慈悲と精進(継続的な努力)は一体

    5.精進の教え

    (1)初期仏教の精進(八正道などの正精進)の教え:四正勤(四正断)

    ①今なしている善行を続ける・強める
    ②今なしていない善行を未来になすように努める
    ③今なしている悪行を止める
    ④今なしていない悪行を未来にもなさないように努める

    (2)大乗仏教の精進(六波羅蜜=六つの完成の精進)教え

    ①鎧の精進:勇気を持って修行の道(菩薩の道)に入る(開始の精進)
    ②実行の精進:今日できることは今日行って明日に延ばさない
    ③あくなき精進:一生たゆまず努力し続ける

    (3)二極を断った精進

    ①焦らず弛まず、無理せず怠けず、という中道の精神
    ②卑屈は直ぐに結果を求めて焦り、慢心があるとすぐに弛む

     

  • 第349回『仏教の深層心理学が説く幸福の決め手:全ての苦の根源=無智とは何か』(2017年11月19日福岡 70min) (2017年11月21日)

    1.仏教が説く全ての苦しみ・煩悩の根源=「無智」とは

    今の自分さえ良ければ、という心の働き。目先の喜び、自分だけの幸福にとらわれるあまり様々な苦しみを招く。

    智慧とは、長期的に他と共に得るのが真の幸福と悟った心の状態で慈悲と一体。これは、継続的な努力=「精進」の精神につながる。

    2.精進の不足=怠惰が、様々な苦しみ・煩悩の根本原因である

    (1)慢心:自分の力を過信し、継続的な努力がなくても、今が続くという思い。

    (2)卑屈:自分はできないと言うが、裏にできるようになる努力を嫌がる心がある

    (3)妬み:優れた者を自分の見本として努力せず、自分の幸福の邪魔と見る

    3.精進の教え

    (1)今なしている善行を続け、なしていない善を未来になすように努める。

    (2)今なしている悪行を止め、なしていない悪行を予防するように努める。

    4.仏陀の心(万物への愛)と精進の精神は一体であるの関係

    (1)仏陀の利他心の背景には、自と他の幸福を一体と見る智慧がある社会・世界全体の幸福こそが、自己の真の幸福の道という見方。

    (2)他の苦しみを取り除く努力は、自己の未来の苦しみを取り除くこと。

    (3)妬まずに他の幸福を喜び見習うことが、自分を成長させて幸福にする。

    (4)他の悪行を自分の反面教師と見て学び、怒らないことが自分の悪行を予防する。

    5.精進の不足による現代人の病理的な行動

    (1)容易には得られないと思うと、地道な努力をせずに逃げる。→引きこもり、自殺。

    (2)得られないことを努力不足ではなく、他人のせいにする。→責任転嫁、被害妄想

    (3)正当な努力せず不正な手段で幸福を得ようとする。→企業・政治家の不正・偽装

    (4)不健康・不健全な手段に依存する。→薬物その他の依存症。


  • 第348回『仏教思想と最新科学の一致・総集編:物理学から脳科学まで』(2017年11月5日 大阪 65min) (2017年11月06日)

    仏教思想と最新科学の一致の総集編である。量子力学・宇宙物理学・脳科学・心理学などの最新理論が、仏教・道教などの登用思想の世界観や幸福観によく一致している。

    1.量子力学の不確定性原理
    物質現象と人の観測行為との繋がり(物質と意識の繋がり?)を示す。
    大乗仏教の唯識思想も、物質存在は意識と無関係には生じないと説く。

    2.量子力学の量子もつれ・量子テレポーテーション
    遠く離れた二つものが一体として存在する。宇宙・世界の一体性を示す。
    大乗仏教も、万物が相互依存・密接不可分に交流していると説く。

    3.宇宙物理学のビッグバン理論
    宇宙の万物は一点から急膨張して出来たビッグバンから生まれたものである。
    大乗仏教も、万物は、根源仏(真如・如来蔵)の現れと説く

    4.脳科学の量子脳理論
    意識を司るのは、脳細胞ではなく、その中の量子であるから、死んでも意識は残り、量子もつれ現象により、意識は宇宙全体と繋がり得る。仏教の死後の意識や、万物と一体となる悟りの境地に通じる。

    5.脳神経科学に基づく心理学
    人間の生命の維持のための脅威への対処・衣食住を確保する意欲・喜びをささえるアドレナリン・ドーパミンなどの神経伝達物質・神経細胞が、生存欲求よりも、承認欲求が重要な現代社会では、過剰反応や麻痺を起こし、適応不全を起こしている。

    6.現生人類(ホモサビエンス)の歴史と欲求の変化
    数十万年前に生まれた現世人類は、自然の驚異に対して集団をなし、技術を開発し、現在の先進国は、国民全体の生存欲求を保証するが、人の欲求の中心である承認欲求は満たされず、卑屈・不満・不安などのストレス・心の問題が増大している。

    7.仏教は、他に優位になろうとする過剰な欲求は、人を苦しめるため、それを捨て
    足るを知り(=感謝)、他と分かち合う(慈悲)ことによる幸福・喜びを培うことを説く。
    これは、人間の脳の現代社会への適応不全の問題を解消し、心の安定、それによる高い知性(智慧)、心身の健康と良好な人間関係をもたらす。

     

2018年01月
Su Mo Tu We Th Fr St
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31