動画[講話]
上祐史浩の講話の動画をご紹介します。

上祐史浩・一般向け講話[2015]

第262回『常識の中にある錯覚を超える智慧』(2015年12月13日 大阪 58min)
(2015年12月24日)

1.言葉による思考のメリットとデメリット
【メリット】
我々は言葉で思考し、事物の「違い」を認識することができる。近代哲学や近代科学の発展において言葉の果たした役割は大きい。
【デメリット】
言葉は実際の世界を認識するには粗雑な手段であり、事物の「違い」を際立たせる一方で実の間の「繋がり」が理解できなくなってしまう。

2.五感がさらに認識を歪めている。
私たちは言葉に加え、五感によっても物事を様々に誤って認識しており、自他の区別を過剰に意識して悩みや苦しみの原因となっている。色眼鏡を通してで外界を見ているようなもの。

3.「良い」「悪い」も比較の結果に過ぎない。
良いものには愛着、悪いものには嫌悪が生じるが、言葉と五感が与える善し悪しの印象は、実際のものとずれており、苦しみの増大につながっている。比較の対象が変われば、良いもの悪いものの評価は変わる。

4.言葉による思考の弊害に気づこう。
テロが解決できないのは、真の原因に行き着いていないから。西洋の文明を育てた智慧が、自分と他人の区別を増大させて誤解を生じさせ、憎悪・敵対を強めることに作用している。これを鎮めなければ解決しない。言葉と言葉による思考の弊害が、今の苦しみの根本原因ではないか。敵は外側ではなく、内側にいる。

<<< 前へ【上祐代表講話の、DVD、動画、音声データ(MP3)の販売のお知らせ】

次へ【心理学講義『愛着理論(前編)』(2016年1月1日 85min)】 >>>

2017年01月
Su Mo Tu We Th Fr St
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ