動画[講義]
上祐史浩の仏教・心理学等の講義の動画をご紹介します。

上祐史浩・一般向け講義【2017】

第327回5月6日GWセミナー上祐代表講義第7回『仏教思想の総合的な理解:現世の否定・中立・肯定の3段階』(2017年5月6日 93min)
(2017年05月08日)

1.仏教の教え・悟りの3段階:現世否定ばかりが仏教ではない

  一切皆苦などの教えで、仏教は現世否定でニヒリズムと理解されることが多いが、それは、自我などへの執着が強い段階での修行法であり、一種の方便(手段)です。

  その次の段階では、一切は空と考え、現世は苦でも楽でもなくとの見方があり、さらには仏陀の境地では現世が仏の浄土・涅槃であるとして、全面肯定する思想があります。この万物を肯定する思想は、万物を平等に愛する仏陀の大慈悲と一体です。

  こうして、本講話は、仏教の教え・悟りの前段階を分かり易くまとめたものであり、仏教の総合的な理解・多面的な理解のために是非お勧めします。

2.周期説による今後の社会の予測:北朝鮮問題・ポスト資本主義・宗教と心理学の融合

  近代日本と世界の政治・経済・思想・宗教に周期的な変化があるという説があります。識者の中にも、60年周期説・120年周期説を唱える人がいますが、この講話では、30年単位での変化に注目しています。

  30年前は昭和天皇崩御、米ソ冷戦崩壊によるグローバル資本主義の開始、共産主義に抑圧されていた宗教勢力の復活(特に原理主義の活性)、米国の中東での戦争(湾岸戦争・アフガニスタン侵攻・イラク戦争など)の開始が見られました。

  今現在は、今上天皇が来年末にも退位見通しとなり、欧米では一国主義・移民制限・保護主義・英国EU離脱など、グローバル資本主義ブレーキがかかり、米国がシリアに空爆すると共に北朝鮮の関係が緊迫し始める中で、上祐代表が関心を持つ思想・宗教の分野にも新しい潮流が予想されます。

  その中で、新しい思想として、ポスト資本主義、宗教哲学・宗教科学・宗教心理学(特に「仏教と心理学の融合」)や、これまでに繰り返された原理主義的な宗教の終末思想を含め、善悪二元論的な思想のぶり返しを防ぐ対処法(「精神的なワクチンの必要性」)を語っています。

 

<<< 前へ【心理学講義「マインドフルネス:心に翻弄されない意識~仏教との接点~」(2017年5月5日 93min)】

次へ【第328回5月14日上祐代表大阪セミナー講義第1回『仏教の中核思想・四法印と、苦しみ解決する仏教の奥義』(2017年5月14日 大阪 68min) 】 >>>

2017年05月
Su Mo Tu We Th Fr St
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ