動画[講義]
上祐史浩の仏教・心理学等の講義の動画をご紹介します。

上祐史浩・一般向け講義【2020】

第447回『悪口の科学的な不利益:悪口依存症:人を呪わば穴二つ』(2020年8月30日 東京 95min)
(2020年09月11日)

1.悪口が多い場合の原因の一つ:自己肯定感が低い

自己肯定感が低い人が、他を落としめて、優越感を感じたいがために他の悪口をいう。


2.悪口依存症の可能性

自己肯定感を満たすために悪口に依存すると、やめられなくなり、増々多くの過激な悪口を言う。アルコールや薬物と同じで同じ刺激では喜べない。ドーパミン神経回路の特徴


3.悪口の弊害:ストレス・心身の不健康・人間関係の悪化・悪循環

(1)悪口を言ってドーパミン分泌で快感を感じる一方で、ストレスホルモンのコルチゾールも出て、ストレスが増大している。

(2)ある研究では批判が多い人は、認知症のリスクや死亡率が高い。

(3)悪口を言われるとやはり他人に嫌われる。

(4)上記1~3によって、悪口は、長期的には、自分の心身を劣化させ、人間関係を悪化させるので、ますます自己肯定感が低下し、更に悪口に依存する恐れがある。

 

<<< 前へ【第446回『夏期セミナー講義:未来を読み解く文明周期説の総合解説』(2020年8月15日 東京 61min)】

次へ【第448回『新型コロナに起因する不安・鬱・悪口・情報被害への対処』(2020年9月6日 大阪 95min)】 >>>

2020年09月
Su Mo Tu We Th Fr St
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
テーマ別動画
テーマ別の動画サイトです
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ