動画[講話]
上祐史浩の講話の動画をご紹介します。

上祐史浩・一般向け講話【2016】

第305回『日常の世界と悟りの境地の違いと、双方に生きる道』(2016年11月13日 大阪 74min)
(2016年11月14日)

1.日常の世界(現世)
  普通の人は、日常体験する世界を唯一の現実と錯覚しているが、それは、自分の五感と思考が意識に現したものに過ぎず、人・生き物の数だけ無数の現実があり、絶えず変化する無常なもので、自と他の区別・対立があり、そのため苦しみがある。

2.悟りの境地(涅槃)の違い
  悟りの境地・涅槃には、五感・思考・感情は存在しない(五感・思考を介さず、世界を直接体験したもの)。変化がなく、自他の区別・対立がなく、苦しみがない。神聖・静寂・平安な状態。五感・思考の働き静める瞑想によって体験する。

3.現世と涅槃を行き来する
  仏教的に理想の生き方は、現世にも涅槃にも執着しないこと。現世の苦しみは執着が原因だが、涅槃を体験して執着を滅し、現世を足るを知って苦しみなく、他者を悟りの境地に導き、分かち合い=慈悲の精神で生きる道(菩薩道)がある。また、この静まった精神は、物事を正確に見るので、現実の問題を解決し、物事を達成することもできる(止観)。

4.現世の苦しみが喜び・導きに変わる
  涅槃の体験をすれば、現世の苦しみは無意味ではなく、自分を涅槃に導く愛の鞭だと理解する。喜びに限らず苦しみを含めた全てが悟りに導く経験であり、世界に大いなる導きの意思を感じる人も(輪廻即浄土・現世即浄土)。

<<< 前へ【第304回『苦しみに強くなるには?初期仏教の苦の思想の智恵』(2016年10月29日 東京 59min)】

次へ【第306回『心を変える4つの方法と静まった心の利益、トランプ後の世界の展望』(2016年11月20日 福岡 76min)】 >>>

2016年12月
Su Mo Tu We Th Fr St
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ