動画[講話]
上祐史浩の講話の動画をご紹介します。

上祐史浩・一般向け講話[2015]

第255回『仏教の心理学:唯識思想から』(2015年9月6日 福岡 65min)
(2015年09月11日)

仏教の心理学とも言われる唯識思想が説く、心の苦しみの原因と対処法を解説。

1. 人は、実際は一体で流動的な物を別々で固定的であると錯覚をする。
特に、「私」は、他とは別者で、固定的な存在だと錯覚する。

2.そのため、「私」に過剰に執着し(=我愛)、財や富、地位・名誉などを貪り、他と争うなどして怒り、色々と苦しむ。さらに、私こそ価値があるという欲求(我慢)があり、慢心・卑屈・妬み・軽蔑にも陥り、苦しむ。

3.仏陀の智恵は、私と他者が繋がっていて、すべては変わるものと理解するもので、その智恵を鍛えることで、「私」への執着と貪り、怒り、慢心、卑屈などの苦しみを和らげることできる。

 

<<< 前へ【第254回『言葉、言葉による思考について』(2015年 8月30日 55min)】

次へ【第256回『言葉による思考の弊害:心の苦しみ』(2015年9月13日 大阪 76min)】 >>>

2016年12月
Su Mo Tu We Th Fr St
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ