聖地めぐり
ひかりの輪で行っている日本の聖地めぐりのご案内です。

2013年の聖地めぐり

8月24日(土) 富士見・茅野・蓼科(長野県)の聖地巡りのお知らせ

今回の長野の聖地巡りでは、富士見・茅野・蓼科を中心として、ひかりの輪でも初めて巡る、とっておきの美しい場所をご案内します。

これらは、諏訪の近くの八ヶ岳周辺に位置しており、諏訪の古代信仰や栄えた縄文文化など、日本の原初の奥深い精神性の感じられる場所が多数あります。そのため、そうしたテーマを扱ったジブリ映画「もののけ姫」のモデルともなりました。

宮崎駿監督は、富士見町に別荘を持ち、映画には、このあたりのゆかりの名前が登場します。たとえば、コーロク、エボシ様、乙事主(おっことぬし)、の名などは、この富士見町の地名、『小六』『烏帽子』『乙事』などから来ているようです。

また、たいへん美しい原初の自然を見ることのできる場所もたくさんあります。
場所的に、東京や名古屋から近く車の日帰り便が出ますので、特に東京方面や名古屋方面の方、ぜひどうぞ。

8月17日(土)に、下見に いってきました。

写真付のブログを、ご覧ください。

 

水野愛子の徒然草

「長野聖地巡りの下見にいってまいりました」

 

◆訪問予定地 

1御射鹿池(みしゃかいけ):もののけ姫や、東山魁夷の名高い絵画『緑響く』の

モデルとなった、たいへん美しく神秘的な池。今回の巡礼のハイライト。

 

  御射鹿池

 

2八千穂高原

日本一美しい白樺群生地


3白駒の池と日本三大苔の森

満面に清水をたたえた神秘的な湖


4御柱の森

有名な、諏訪の御柱祭で使われた柱になった木を産出した森です。
柱になった木の切り株を見ることができます。

5奥蓼科温泉郷:横谷渓谷など

6乙事諏訪神社

神社建築史上まれに見る「本殿のない神社」です。諏訪明神をお祀りされています。


7御射山神社(みさやまじんじゃ)

諏訪大社の古代の神事、『御射山狩神事』が行われていた場所。一帯が杉林になっていて、境内が全て林の中にあります。狩神事は、諏訪大社・上社前宮の『御頭祭』(五穀豊穣を祈願する意味もある)で捧げる獲物(鹿75頭ほか)を獲る儀式で、殺生ご法度になったご時世でも、諏訪大社の狩神事だけは特例として許すという法律まであったほどだそうです。

<<< 前へ【8月15日、山梨甲斐聖地巡礼(日帰り)のお知らせ(※場所が確定し、写真を追加しました)】

次へ【9月14日(土)~16日(月)「上高地・立山の聖地巡り」レポート】 >>>

ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪の広場
活動に参加された方の体験談
水野愛子のブログ「つれづれ草」
水野副代表のブログ
広末晃敏のブログ「和の精神を求めて」
広末副代表のブログ
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ