聖地めぐり
ひかりの輪で行っている日本の聖地めぐりのご案内です。

2018年の聖地巡り

3月25日(日)世界遺産・平泉の日帰り聖地巡り(岩手県)のお知らせ―いにしえより争いのない平和な浄土を願う祈りの聖地

東北も、雪解けを迎える頃の3月25日(日)に、仙台教室主催で、世界遺産・平泉の日帰り聖地巡りを行います。

平泉は、東日本大震災が東北を襲った年の6月に、世界遺産に登録されました。

今から900年の昔の平安時代、悲惨な戦乱で亡くなった人々の鎮魂と平和な仏の浄土を願って造られた祈りの聖地が、震災後の東北で、再び一筋の希望の光となったのです。

世界遺産の登録名は、「平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群-」です。その中でも、中尊寺金色堂はよく知られた寺院で、理想郷と世界ぜんたいの幸福を願った同じ岩手県で生きた宮沢賢治の詩碑もあります。

                                                    浄土庭園

今回は、いにしえから受け継がれた平和への祈りの心、再生の心に思いを馳せながら、素晴らしい世界遺産の寺社や浄土庭園などを巡る一日の旅となります。ぜひご参加ください。

◆訪問予定地


◎世界遺産・平泉


平泉は、平安末期に奥州藤原氏によって築かれた東北地方最大の都市でした。

築浄土思想に基づき、仏国土(浄土)の理想郷を、寺院や庭園の形で表した平泉の表現は、他に例のないものとされています。

今回は、「平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群-」の構成五資産をすべて巡ります。

近くに北上川がゆったりと流れています。



◎中尊寺


天台宗東北大本山です。比叡山の慈覚大師円仁が建立、後に奥州藤原氏により、壮大な伽藍が築かれました。金色堂は、わが国の建造物の国宝第一号で、国宝や重要文化財が三千点以上あります。




お寺全体が山の中にあり、自然豊かな祈りの場所です。





◎毛越寺(もうつうじ)


薬師如来を祀る本堂、円仁の開山堂や常行堂があります。


水と緑で、極楽浄土の世界を表現した日本有数の浄土庭園は、平安絵巻がよみがえるような優雅な庭園です。




◎観自在王院跡


観自在王は、阿弥陀如来の別名で、毛越寺の左隣にあった浄土庭園と寺院の跡地です。

◎無量光院跡


背後に金鶏山を望む寺院跡です。有名な京都の平等院よりも一回り大きな建物だったことがわかっています。

◎金鶏山


高さ60メートルほどの優美な山で、お経が収められた塚がある聖山です。山頂から平泉が見渡せ、平泉の中心とされる山です。

さらに、

◎達谷窟毘沙門堂


自然豊かな場所にある清水寺を模して造られたと伝わる毘沙門堂で、高さ16メートルもの岩窟仏は、源氏が戦争で亡くなった人々の鎮魂のため彫られたと伝わります。

◎資料館など


世界遺産の資料館なども見学する予定です。

◎温泉


付近の掛け流しの素晴らしい温泉で、最後は温まって、解散の予定です。

◆日程


3月25日(日) 朝9時頃~夕方5時頃まで

◆参加費


12000円(軽食付き)

※初めてご参加の方には、上祐代表書き下ろし『特別教本』のプレゼント付きです。

◆交通


仙台市内から車の便が出ます。

現地の「平泉駅」集合・現地解散も可能です。

◆お申し込み・お問い合わせ

会員・一般の方を問わず、どなたでもご参加いただけます。

ひかりの輪は、入会しなくても学ぶことができ、ビジターの方を歓迎しています。

参加者の半数は非会員・一般の方です。

(入会の勧誘などはございません、どうぞお気軽にご参加ください。)

※なお、心身障碍者・経済上の理由等がおありの方には、別コースや割引料金の用意がありますので、ご相談ください。

◆ひかりの輪の聖地巡りについて


■参加者の無償奉仕による運送のお知らせ


1.出発時に仙台市内から出発する方は、他の参加者が運転する車両に同乗することができます。2.これは、参加者の無償の奉仕で、団体による運送サービスではありません。

3.これを利用されず、マイカーでのご参加も可能ですが、参加料金は減額されません。

4.事前にお申し込みください。

■ご注意


1.あらゆる関連法規を順守して行います(関連法令の解釈は関係官庁の指導に基づきます)。
当団体は、運送会社を手配する旅行業務や、車両による有償の運送業務は行ないません。
運転は個々の参加者の奉仕活動であり、経費も個人の寄付で賄われています。
そのため、一部ボランティアの方のご協力をいただきますので、ご了解下さい。

2.参加者の皆さんの安全の確保に最善を尽くします。
奉仕活動の運転の安全確保のため、車両点検・健康管理・法令順守等の確認を行いますので、スタッフにご協力ください。

3.一般の方もご参加できますが、目的にご注意ください。
ひかりの輪の聖地めぐりは、単純に神社仏閣等などを参拝する旅行ではなく、ひかりの輪の思想に関連付けながら、様々な学習をすることが目的ですので、一般の旅行業者と同じような目的でのご利用はお控えください。

◆お問い合わせ先


参加ご希望の方は、下記までお問い合わせください。

ひかりの輪・仙台教室:担当者携帯電話:

080-2273-3588(細川)、
080-6528-0369(水野)

メールアドレス:sendai@hikarinowa.net

<<< 前へ【2月25日(日)京都・宇治:禅と浄土の世界と世界遺産を巡る】

次へ【3月17日~18日(土・日)伊豆・熱海・箱根 生気あふれる聖地自然と温泉を巡る】 >>>

ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪の広場
活動に参加された方の体験談
水野愛子のブログ「つれづれ草」
水野副代表のブログ
広末晃敏のブログ「和の精神を求めて」
広末副代表のブログ
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ