聖地めぐり
ひかりの輪で行っている日本の聖地めぐりのご案内です。

2022年の聖地巡り

6月4日(土)~5日(日) 7年に一度の貴重な機会:諏訪・戸隠・善光寺の聖地自然めぐり

  ひかりの輪では、6月4日(土)に長野県の諏訪、5日(日)に同県の戸隠、善光寺への聖地・自然めぐりを行います。

  諏訪や戸隠には、大自然に畏敬の念を持ち、山や岩や水などの大自然を神として大切にしてきた日本人の奥深い精神性が感じられるような場所がたくさんあります。今回も、パワースポットとして有名な場所だけでなく、あまり一般には知られていない秘境的な聖地、大自然の中でホーリーな波動を持つ聖地を訪れます。

  また、善光寺の御本尊は、日本最古の仏像で、聖徳太子とも文のやりとりをされたという神秘のエピソードが伝わっており、1千数百年以上にわたって多くの人々の信仰を集めてきました。

  そして今年、2022年は、諏訪大社で7年に一度の御柱祭が行われる年であり、さらには、善光寺でも7年に一度の前立本尊の御開帳が行われることになり(本来は昨年の予定が新型コロナの影響により今年に延期)、今回は、この二つの寺社の重要な祭儀に合わせて参拝できる、またとない貴重な機会となります。


諏訪湖を囲む山々
 
まん中が諏訪湖、諏訪湖の周りを八ヶ岳などの山々が囲む


◆諏訪大社--4つの社からなる社

  諏訪大社は、原初の祭祀形態を色濃く残す日本最古の神社の一つですが、その構成が大変特徴的です。
  諏訪大社は、諏訪湖を取り囲むようにして建つ4つもの宮(①上社前宮・②上社本宮・③下社春宮・④下社秋宮)があります。4つを合わせて「諏訪大社」となっています。
諏訪湖


◆諏訪湖

  これほど大きな4つの大社が接近して一社となっているのはとても珍しく、日本の中では、伊勢神宮と諏訪大社のみにみられる形態なのだそうです。(伊勢神宮の場合、内宮は本殿と荒祭宮、外宮は本殿と多賀宮という4つの宮があります。)
  この4つの宮の配置や、祭祀の方法・時期などが、たくみな形で「陰陽五行(いんようごぎょう)」の理論が取り入れられ、陰と陽とが偏らずにバランスをとる配置になっているそうです。


◆諏訪大社上社前宮・水眼の清流

上祐史浩

  諏訪大社の中で、古来より祭祀の行われてきた聖地である諏訪大社上社の前宮は、諏訪大社が神としてお祭りしているご神体山・守矢山の麓の、豊かな自然の中にあります。

  地理的にも、中央構造線とフォッサマグナという日本の二大エネルギーラインが交差する点にある真のスーパースポットといえる場所から、水眼の清流と呼ばれる清らかな湧き水が流れています。
  この湧き水は、古代から禊ぎや神事に用いられてきた尊いご神水とされています。

%E5%89%8D%E5%AE%AE%E6%B0%B4.jpg

◆諏訪大社 上社本宮


  この、諏訪大社本宮には、本殿はありません。守矢山の山自体をご神体としているために、守矢山を仰ぐ拝殿しかないのです。

suwa012


  境内には、諏訪七石と呼ばれる磐座の中のいくつかがありますが、諏訪には、山(守矢山)や木(湛えの木などの諏訪七木)や岩(小袋石などの諏訪七石)などをご神体とするようなアニミズム的古代信仰が、この現代にあっても目に見えるかたちで続いている「生きた聖地」であることを感じることができます。
  拝殿の敷地内には硯石と呼ばれている磐座(聖なる岩)があります。 


suwa013


◆御頭ミシャグチ総社

  静かに存在するたとえようもない優しさを持つ波動のご聖木。御頭ミシャグチ総社。
  素朴なたたずまいのこの社が、全国の御頭ミシャグチ総社の総本山です。縄文時代から続く古い精霊信仰があります。


 


◆小袋石--諏訪七石のひとつ

  静かで神聖な波動を放つ、古代の重要な祭祀の場所で、今なお諏訪七石として大切にお祀りされている神聖なイワクラ、小袋石。




◆諏訪大社下社春宮


  諏訪大社下社・春宮は、杉の木をご神木としています。
  近くには、万治(まんじ)の石仏というなんとも不思議な感じがする巨石の野仏が鎮座しています。高さ2.7m長さ4mで、じつに存在感のある阿弥陀様です。

  この阿弥陀様には、大宇宙のすべてを現すという太陽、雷、雲、盤座、月などの文様が刻まれています。近くには、気持ちのよい河原があります。


◆諏訪大社下社秋宮

  諏訪大社下社秋宮は、出雲大社のような大きなしめ縄が印象的な社です。
  イチイの木をご神木としています。






◆戸隠:標高1300メートルの山岳信仰の神社

  戸隠は、標高1200(戸隠神社中社)~1350(奥社)メートルの高地に位置する清涼な気候の高原地帯です。避暑にも最適ですが、戸隠とそのふもとの善光寺は、聖地の多い信州(=神州)長野の中でも特級の聖地です。

  戸隠は、その戸隠神社の奥社が最大の聖地です。清水が湧き、古来より水の神である龍神を祭る戸隠山の麓にある奥社の素晴らしい杉並木の参道は、霊気・生気に溢れており、歩くだけで清々しく、エネルギッシュになります。ここ数年パワースポットとして大変人気になりました。


  戸隠奥社の入り口

 

  

 

  杉並木の中にある随神門

九頭龍社(水の神・九頭龍大神を祭る)

  そして、その参道から少し離れたところにある宝篋印塔(ほうきょういんとう)と霊威に満ちた御神木の空間が、奥社の中でも最高の聖地。ここは、いまだ訪れる人の少ない秘境の聖地で、瞑想するにも最高の場所です。

 歴史的には、この戸隠は、9世紀から修験道が栄え、かつては比叡山に並ぶほどの(!)一大修行場であった神仏習合の修行場として栄えた地です。その名残を、仏教史跡や点在する宿坊から偲ぶことができます。

 

119485169_3312965738782363_4485910500730166892_n.jpg

 戸隠山の麓にある鏡池


◆善光寺(国宝)


 「遠くとも一度は詣れ善光寺」と名高き善光寺。古来、霊験あらたかとされる、その「日本最古の秘仏」の前での瞑想は静かな時間を経験することが出来るでしょう。

  伝説によれば、善光寺は、6世紀半ばに朝鮮半島からもたらされた日本最古級の仏像である、阿弥陀如来像をご本尊としているとされ、古代から篤い信仰を集めてきました。

  全国一といわれる門前町の賑やかさは、信仰の広さを感じさせられます。


  78d2b3201fc3d32a31d860293ddb3ba2_s.jpg

 

7f53f5d4d8e33274f32727c34dc2d9b7_s.jpg

  

e0915a1a288918a28d1e7c886cb93830_s.jpg

 
二つの寺社の7年に一度という重要な祭儀に合わせて訪れることができる貴重な機会となります。皆さまのご参加をお待ちしております。
 

■日程

  2022年6月4日(土) 諏訪
  2022年6月5日(日) 戸隠、善光寺


■参加料金(東京からご参加の場合)


  1日につき16000円

※参加料金は、学習指導代に加え、食事代・参拝代・必要に応じてかけることのある旅行保険代を含みます。

※宿泊費は、上記参加料金とは別に、参加者から直接、宿泊事業者にお支払いいただきます。

※心身障碍者・経済上の理由等がおありの方には、別コースや割引料金の用意がありますので、ご相談ください。


■キャンセル代

1.7日前~3日前までのキャンセルは、参加料金の50パーセント
2.3日前から当日のキャンセルは、参加料金の100パーセントとなります。


■参加者の無償奉仕による運送のお知らせ

1.出発時に各教室に集合する方は、他の参加者が運転する車両に同乗することができます。

2.これは、参加者の無償の奉仕であり、団体による運送サービスではありません。

3.これを利用されず、マイカーでのご参加も可能ですが、参加料金は減額されません。
出発する教室によって料金が異なる場合は、運送料ではなく、引率・指導の経費のためです。

4.現地に集合した後の利用も可能ですが、人数に限りがあり、事前にお申し込みください。

5.1日のみのご参加はできますが、状況によって現地集合・現地解散となり、ご自身で公共交通機関等をお使いになりご参加いただく場合があることを、予めご了承ください。


■ご注意

1.あらゆる関連法規を順守して行います(関連法令の解釈は関係官庁の指導に基づきます)。

   当団体は、宿泊施設や運送会社を手配する旅行業務や、車両による有償の運送業務は行ないません。運転は個々の参加者の奉仕活動であり、経費も個人の寄付で賄われています。そのため、一部ボランティアの方のご協力をいただきますので、ご了解下さい。

2.参加者の皆さんの安全の確保に最善を尽くします。

   奉仕活動の運転の安全確保のため、車両点検・健康管理・法令順守等の確認を行いますので、スタッフにご協力ください。また、事故・怪我・疾患に関しても、スタッフが予防努力を行うと共に、旅行保険に加入しますので、ご協力ください(費用は参加料金に含まれていますが、直前のお申し込みの場合は加入が間に合いませんので、ご了解ください)。

3.一般の方も参加できますが、目的にご注意ください。

   ひかりの輪の聖地めぐりは、会員ではなく、一般の方も参加できますが、単純に神社仏閣等などを参拝する旅行ではなく、ひかりの輪の思想に関連付けながら、様々な学習をすることが目的ですので、一般の旅行業者と同じような目的でのご利用はお控えください。

4.ご参加をお断りする場合

  ひかりの輪のイベントの目的は、その思想と実践の学習、ないしは、学習に関心がある方に実際に体験する機会を提供することなどです。
  よって、参加の目的が、例えば、元オウム信者をネット等で話題にして楽しむこと(いわゆる「オウマー」と呼ばれる活動)や、特定会員への妄想的な恋愛感情等によるもの(時としてストーカー行為に発展する恐れがある「追っかけ」などを含む)と判断される場合や、活動の妨害・他の参加者の迷惑になる言動(飲酒状態や攻撃的言動)がある場合には、参加をお断りする場合があります。
  なお、過去のオウムに関する清算や、現団体の社会的事柄への取材やご批判は、団体のイベントではなく、広報部の方で承りますので、ご了解ください。


■お問い合わせ先

●東京本部教室(関東・甲信越):細川美香
担当者携帯電話:080-2273-3588
メールアドレス:tokyo@hikarinowa.net

●名古屋支部教室:山口雅彦
担当者携帯電話:090-6852-4929
メールアドレス:nagoya@hikarinowa.net

●大阪支部教室(関西・中国地区):山口雅彦
担当者携帯電話:090-6852-4929
メールアドレス:osaka@hikarinowa.net

 

ひかりの輪
 👆参加ご希望の方はこちら
一般の方のために
上祐史浩・ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪の広場
活動に参加された方の体験談
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
テーマ別動画

テーマ別の動画サイトです

 

 

水野愛子のブログ「つれづれ草」
水野副代表のブログ
広末晃敏のブログ「和の精神を求めて」
広末副代表のブログ
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ