聖地めぐり
ひかりの輪で行っている日本の聖地めぐりのご案内です。

2020年の聖地巡り

8月10日(月・祝) 京都:「丹波国一之宮」出雲大神宮、嵐山・嵯峨野への旅

8月10日(月・祝)名古屋教室・大阪教室合同の聖地巡りで、京都府亀岡市にある「丹波国一之宮」出雲大神宮を参拝します。

出雲大神宮は、縁結びの神として知られる大国主命(おおくにぬしのみこと)と、その后神である三穂津姫命(みほつひめのみこと)をご祭神とする、丹波国の一之宮にあたる古社です。





聖域である鎮守の森には、背後の御神体山の象徴としての磐座(いわくら)群があり、神聖で厳かな雰囲気を漂わせています。





前記の通り、出雲大神宮のご祭神は大国主命とされていますが、日本書紀において根源的な神とされる国常立尊(くにとこたちのみこと)がお鎮まりになるという御神体山への信仰が古くからあり、それは社殿の創建から一万年以上も前にさかのぼるということで、神秘的な歴史に包まれています。





龍神をお祀りする滝もあります(下の写真)。

 

 ■嵐山・嵯峨野

訪問予定(※諸事情により一部変更する場合もあります)

広隆寺

広隆寺は今まで何度が参拝してきたお寺で、聖徳太子が603年 (推古天皇11)に、秦河勝に命じて弥勒半跏思惟像を祀らせたの がはじまりだといわれています。
ここには国宝第一号の、弥勒菩薩半跏思惟像が安置されています。
自己を未完成と自覚し、五十六億七千万年もの間、如来になるために修行を続ける謙虚さや、深く思慮する寂静の境地、そして、 すべての衆生を慈しむ慈悲や智慧と いったものが感じられます。

%E5%BC%A5%E5%8B%92%E8%8F%A9%E8%96%A9.png

 

koryuji.jpg

koryuji1.jpg

京都フリー写真素材

 

◆清涼寺(嵯峨釈迦堂)

インド - 中国 - 日本と伝来したことから「三国伝来の釈迦像」、釈迦に生き写しとされる釈迦像で有名である。

衆生済度への重々しい決意が感じられる仏像です。

浄土宗開祖の法然上人は釈迦牟尼に教えを請うために7日間清涼寺に籠もって修行されました。

法然上人の像は本堂の釈迦牟尼仏の方に向かって建てられています。

seiryoji%EF%BC%92.jpg

seiryoji1.jpg

京都フリー写真素材

 

 大覚寺

弘法大師空海を祖とする真言宗大覚寺派の本山です。

嵯峨天皇ご成婚の際に建てられた離宮が大覚寺の前身で、嵯峨御所とも呼ばれています。

大飢饉のおり、弘法大師空海のすすめにより嵯峨天皇が写経した般若心経が勅封(60年に1度の開封)として奉安され、般若心経写経の根本道場として知られています。

   明治時代初頭まで、代々天皇もしくは皇系を務めた格式高い門跡寺院で

%E5%A4%A7%E8%A6%9A%E5%AF%BA%EF%BC%91-thumb.jpg

%E5%A4%A7%E8%A6%9A%E5%AF%BA%EF%BC%92-thumb.jpg

%E5%A4%A7%E8%A6%9A%E5%AF%BA%EF%BC%93-thumb.jpg

 

■松尾大社

御祭神は、日吉大社(表鬼門を守護)と同じ大山咋神(オオヤマクイノカミ)で、山の神です。
松尾大社は京都最古の神社で、太古よりこの地方一帯に住んでいた人々が、神体山である松尾山(別雷山とも呼ばれる)の磐座で神々を祀り、守護神としたのが起源 といわれています。

5世紀頃になると、朝鮮から渡来した秦氏が、山城国や丹波国を開拓して農耕生産を興し、松尾山の神を一族の総氏神として祀ったと伝えられています 。

matsunootaisha1.jpg

神秘的な謎に包まれた根源的な神様をお祀りする出雲大神宮、そして嵐山・嵯峨野への旅に、皆様とご一緒できればと思います。皆様のご参加をお待ちしています。

 

●ご参加の詳細

■参加料金

13000円

※参加料金は、学習指導代に加え・参拝代・必要に応じてかけることがある旅行保険代を含みます。

※心身障碍者・経済上の理由等がおありの方には、別コースや割引料金の用意がありますので、ご相談ください。

■キャンセル代

1.7日前~3日前までのキャンセルは、参加料金の50パーセント
2.3日前から当日のキャンセルは、参加料金の100パーセントとなります。

■参加者の無償奉仕による運送のお知らせ

1.出発時に各教室に集合する方は、他の参加者が運転する車両に同乗することができます。

2.これは、参加者の無償の奉仕であり、団体による運送サービスではありません。

3.これを利用されず、マイカーでのご参加も可能ですが、参加料金は減額されません。出発する教室によって料金が異なる場合は、運送料ではなく、引率・指導の経費のためです。

4.現地に集合した後の利用も可能ですが、人数に限りがあり、事前にお申し込みください。

■ご注意

1.あらゆる関連法規を順守して行います(関連法令の解釈は関係官庁の指導に基づきます)。

当団体は、宿泊施設や運送会社を手配する旅行業務や、車両による有償の運送業務は行ないません。運転は個々の参加者の奉仕活動であり、経費も個人の寄付で賄われています。そのため、一部ボランティアの方のご協力をいただきますので、ご了解下さい。

2.参加者の皆さんの安全の確保に最善を尽くします。

奉仕活動の運転の安全確保のため、車両点検・健康管理・法令順守等の確認を行いますので、スタッフにご協力ください。また、事故・怪我・疾患に関しても、スタッフが予防努力を行うと共に、旅行保険に加入しますので、ご協力ください(費用は参加料金に含まれていますが、直前のお申し込みの場合は加入が間に合いませんので、ご了解ください)。

3.一般の方も参加できますが、目的にご注意ください。

ひかりの輪の聖地めぐりは、会員ではなく、一般の方も参加できますが、単純に神社仏閣等などを参拝する旅行ではなく、ひかりの輪の思想に関連付けながら、様々な学習をすることが目的ですので、一般の旅行業者と同じような目的でのご利用はお控えください。

■お問い合わせ先

●名古屋支部教室担当山口雅彦

住所:愛知県豊明市栄町上姥子6-139
携帯電話:090-6852-4929
メールアドレス:nagoya@hikarinowa.net
名古屋ブログご紹介ページ(写真・地図あり)へ


●大阪教室担当:
田渕智子山口雅彦

携帯電話:080-2513-6017(田渕)、090-6852-4929(山口)

窓口電話 :072-947-9071

メールアドレス::osaka@hikarinowa.net

大阪・ブログご紹介ページへ

<<< 前へ【7月25日(土)世田谷南部の聖地・自然を巡る】

次へ【9月13日(日)上高地自然聖地巡りのお知らせ】 >>>

ひかりの輪
 👆参加ご希望の方はこちら
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
水野愛子のブログ「つれづれ草」
水野副代表のブログ
広末晃敏のブログ「和の精神を求めて」
広末副代表のブログ
ひかりの輪の広場
活動に参加された方の体験談
テーマ別動画
テーマ別の動画サイトです
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ