聖地めぐり
ひかりの輪で行っている日本の聖地めぐりのご案内です。

2018年の聖地巡り

2018年6月24日(日)宮城県・巨石伝説の地・丸森の巨石群と修験道の聖地めぐり

ひかりの輪では、2018年6月24日(日)に、宮城県・丸森町近辺の聖地巡りを行います。宮城県の南にある丸森町には、巨石伝説があり、多数の巨石群が存在している、知る人ぞ知るパワースポットです。

修験道の聖地でもあり、修験道を継承するお寺があり、近辺には、平安時代前期に建てられた、宮城県最古の木造建築「日本六大阿弥陀堂の一つ」が存在しています。

今回、お寺での座禅体験、仏像の拝観、修験道のほら貝体験なども体験していただくことができます。



■高蔵寺

高蔵寺は、阿武隈川の下流、角田市に位置し、福島県の会津に一大仏教文化を開いた徳一菩薩が創建したと伝わります。

平安時代の阿弥陀堂は、この高蔵寺の他は、平泉の中尊寺金色堂、京都の宇治平等院など、日本で八カ所しか現存していないほどたいへん貴重なものです。




■瑞雲寺

丸森の巨石伝説の中でも、巨大な立石という岩のふもとにある室町時代に開かれた曹洞宗の禅のお寺です。境内には珍しい猫神さまの石仏なども存在しています。



■立石

神話が伝わり、日本一大きい道祖神との異名も持つ巨石で、素晴らしいパワースポットです。










■不動尊公園、愛敬院


慈覚大師円仁が、この地でに来たとき、紫雲たなびく大岩が眼前に現れ、この地に不動尊を刻みお祀りしたと伝わります。修験道が今も修行されています。美しい渓流が流れています。








■百々石公園

たくさんの巨石と、観音堂、ふもとの阿武隈川の絶景を望むことができます。

◆参加料金

10000円

※参加料金には、参拝代・旅行保険代を含みます。

※温泉に入る場合の温泉代は別途ご用意下さい。

◆交通


仙台市内から車の便が出ます。

現地集合・現地解散も可能です。

◆お申し込み・お問い合わせ


会員・一般の方を問わず、どなたでもご参加いただけます。

ひかりの輪は、入会しなくても学ぶことができ、ビジターの方を歓迎しています。

参加者の半数は非会員・一般の方です。

(入会の勧誘などはございません、どうぞお気軽にご参加ください。)

※なお、心身障碍者・経済上の理由等がおありの方には、別コースや割引料金の用意がありますので、ご相談ください。

◆ひかりの輪の聖地巡りについて


■参加者の無償奉仕による運送のお知らせ


1.出発時に仙台市内から出発する方は、他の参加者が運転する車両に同乗することができます。2.これは、参加者の無償の奉仕で、団体による運送サービスではありません。

3.これを利用されず、マイカーでのご参加も可能ですが、参加料金は減額されません。

4.事前にお申し込みください。

■ご注意


1.あらゆる関連法規を順守して行います(関連法令の解釈は関係官庁の指導に基づきます)。

当団体は、運送会社を手配する旅行業務や、車両による有償の運送業務は行ないません。

運転は個々の参加者の奉仕活動であり、経費も個人の寄付で賄われています。

そのため、一部ボランティアの方のご協力をいただきますので、ご了解下さい。

2.参加者の皆さんの安全の確保に最善を尽くします。

奉仕活動の運転の安全確保のため、車両点検・健康管理・法令順守等の確認を行いますので、スタッフにご協力ください。

3.一般の方もご参加できますが、目的にご注意ください。

ひかりの輪の聖地めぐりは、単純に神社仏閣等などを参拝する旅行ではなく、ひかりの輪の思想に関連付けながら、様々な学習をすることが目的ですので、一般の旅行業者と同じような目的でのご利用はお控えください。

◆お問い合わせ先


参加ご希望の方は、下記までお問い合わせください。

ひかりの輪・仙台教室:担当者携帯電話:

080-2273-3588(細川)、

080-6528-0369(水野)

メールアドレス:sendai@hikarinowa.net



 


<<< 前へ【6月24日(日)京都・大原聖地巡りのお知らせ】

次へ【7月28~29日(土/日)、【国宝・羽黒山五重塔が150年ぶりにご開扉!秘仏・日本初公開!】出羽三山(山形)にて本格的な体験山伏修行】 >>>

ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪の広場
活動に参加された方の体験談
水野愛子のブログ「つれづれ草」
水野副代表のブログ
広末晃敏のブログ「和の精神を求めて」
広末副代表のブログ
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ