聖地めぐり
ひかりの輪で行っている日本の聖地めぐりのご案内です。

2020年の聖地巡り

1月13日(月・祝)イザナギ伝説に彩られた天橋立、元伊勢:籠神社を巡る旅

令和2年のはじまりに、天への架け橋と言われる天橋立や伊勢神宮と縁の深い元伊勢籠神社、真名井神社などの聖地を巡ります。

ぜひとも天への架け橋を歩いて、この1年を上昇気流に乗せましょう!


【天橋立】

天橋立は、日本三景の一つとして知られている名勝であり、伝説では、イザナギが天に渡るための橋を架けたところ、倒れてしまって今の姿になったといわれています。

全長約3.6kmの細長い砂浜に約5000本もの松が生え、白砂青松の美しい地形で、あたかも天に架かる橋のような形をしているので『天橋立』と言われるようになりました。


この美しい松林の海上回廊ともいえる天橋立を、天への架け橋を昇るかのように歩いて渡っていきます(天橋立の途中にある天橋立神社にもあわせて参拝します)。

【松林の海上の道が続く】

【天橋立東岸の砂浜】


【籠〔この〕神社・真名井〔まない〕神社】

伊勢神宮に祀られている天照大御神と豊受大神宮が、現在地に遷座される前に、一時的にせよ祀られたという伝承を持つ神社・場所を元伊勢と呼びます。
特に内宮に祀られている天照大御神は豊鋤入姫命と倭姫命により、90年かけて二十数か所を転々と移動されました。
籠神社はその元伊勢のひとつにあたります。

主祭神は彦火明命 (ひこほあかりのみこと)で、「天火明命」、「天照御魂神」、「天照国照彦火明命」、「饒速日命」とも言うとされています。

【籠神社の入口】

【籠神社の拝殿】

また、外宮の豊受大神は籠神社の奥宮である真名井神社から遷座されたという伝承があります。

内宮、外宮ともども元伊勢というめずらしい神社なのです。
それだけに特別な聖地ともいえます。

【真名井神社の入口】

【真名井神社の拝殿】


【智恩寺〔ちおんじ〕】

天橋立を挟んで籠神社の反対側(南側)に位置しているのが、智恩寺です。寺伝によれば、808年(大同3年)に、平城天皇の勅願寺として創建され、現在は臨済宗の寺院です。
ご本尊は文殊菩薩で(秘仏)、「日本三文殊」の一つとされる文殊菩薩の霊場です。智恵を授けてくださる文殊さんとして、受験生などが多く参拝に訪れるといいます。

境内には、「輪」を3回くぐれば文殊様の智恵を授かるという「智恵の輪灯籠」があります。天橋立を歩く際に、あわせて参拝させていただきます。

【智恩寺の入口】

【文殊堂】


【成相寺〔なりあいじ〕】

天橋立を北から見下ろす山腹に位置するのが、707年(慶雲元年)に真応上人によって開基されたという成相寺です。西国三十三箇所第28番札所で、真言宗の単立寺院。古くから修験道の修行者が修行してきました。

ご本尊は、聖観世音菩薩で、33年に1度だけ開扉される秘仏です。
天橋立を渡り、籠神社などを参拝した後で、参拝させていただきます。

【成相寺の本堂】

【五重塔】


【パノラマ展望台】

成相寺の本堂から1キロ登った山上に位置するパノラマ展望台からは、天橋立の全景はもちろん、天候が良ければ、はるか能登半島や北アルプスの白山まで見渡すことができます。
また、丹後地方に最初に「元初の神」が天降ったとされる最重要の聖地・雄島(冠島)と雌島(沓島)も、若狭湾上に見ることができます。

【パノラマ展望台からの景観】

この巡礼の最後に、神秘の伝説が伝わる丹後地方一帯を見渡し、元初の神に思いを馳せ、祈りを捧げたいと思います。

■日程

2020年1月13日(月・祝)<日帰り>

■参加料金
13000円(大阪からの参加の場合)

■キャンセル代

1.7日前~3日前までのキャンセルは、参加料金の50パーセント
2.3日前から当日のキャンセルは、参加料金の100パーセントとなります。

■参加者の無償奉仕による運送のお知らせ

1.出発時に各教室に集合する方は、他の参加者が運転する車両に同乗することができます。
2.これは、参加者の無償の奉仕であり、団体による運送サービスではありません。
3.これを利用されず、マイカーでのご参加も可能ですが、参加料金は減額されません。
出発する教室によって料金が異なる場合は、運送料ではなく、引率・指導の経費のためです。
4.現地に集合した後の利用も可能ですが、人数に限りがあり、事前にお申し込みください。

■ご注意
1.あらゆる関連法規を順守して行います(関連法令の解釈は関係官庁の指導に基づきます)。
当団体は、宿泊施設や運送会社を手配する旅行業務や、車両による有償の運送業務は行ないません。運転は個々の参加者の奉仕活動であり、経費も個人の寄付で賄われています。そのため、一部ボランティアの方のご協力をいただきますので、ご了解下さい。

2.参加者の皆さんの安全の確保に最善を尽くします。
奉仕活動の運転の安全確保のため、車両点検・健康管理・法令順守等の確認を行いますので、スタッフにご協力ください。また、事故・怪我・疾患に関しても、スタッフが予防努力を行うと共に、旅行保険に加入しますので、ご協力ください(費用は参加料金に含まれていますが、直前のお申し込みの場合は加入が間に合いませんので、ご了解ください)。

3.一般の方も参加できますが、目的にご注意ください。
ひかりの輪の聖地めぐりは、会員ではなく、一般の方も参加できますが、単純に神社仏閣等などを参拝する旅行ではなく、ひかりの輪の思想に関連付けながら、様々な学習をすることが目的ですので、一般の旅行業者と同じような目的でのご利用はお控えください。

 

◆お問い合わせ先

●名古屋支部教室

◎名古屋支部教室担当:山口雅彦
住所:愛知県豊明市栄町上姥子6-139
携帯電話:090-6852-4929
メールアドレス:nagoya@hikarinowa.net
名古屋ブログご紹介ページへ

●大阪教室

◎大阪教室担当:田渕智子山口雅彦
携帯電話:080-2513-6017(田渕)、090-6852-4929(山口)
窓口電話 :072-947-9071
メールアドレス::osaka@hikarinowa.net
大阪ブログご紹介ページへ

<<< 前へ【2020年1月5日(日)都の聖地巡り(杉並・多摩編)】

次へ【2020年1月18日(土)「川崎・横浜の聖地巡り」のお知らせ】 >>>

ひかりの輪
 👆参加ご希望の方はこちら
ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
水野愛子のブログ「つれづれ草」
水野副代表のブログ
広末晃敏のブログ「和の精神を求めて」
広末副代表のブログ
ひかりの輪の広場
活動に参加された方の体験談
テーマ別動画
テーマ別の動画サイトです
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ