教本と講義
ひかりの輪で使用している教本やテキスト、それを解説した上祐代表の講話などをご紹介しています。

特別教本:目次公開

2015年 GWセミナー特別教本『心の安定のための人生哲学 不安・卑屈・孤独・怒りの解消』
(2015年04月29日)

2015年 GWセミナー特別教本

『心の安定のための人生哲学 不安・卑屈・孤独・怒りの解消』

目次              購入はこちらから

 

教本の中の、「宗教」や「宗教的な内容」に関するご注意 ............ 4


はじめに ........................ 5


第1章 不安や恐怖を和らげる ............... 7

1 はじめに ... 7
2 不安と欲求は比例する ... 7
3 欲求と不安を自己管理する ... 8
4 とらわれを減らす ... 8
5 腹八分目の精神 ... 9
6 とらわれない方がうまくいく智恵 ... 9
7 無心・無我の境地が最強という智恵 ... 10
8 捨てた後に、舞い込んでくる幸福 ... 10
9 バランスが重要。釈迦牟尼の中道の思想 ... 11
10 とらわれを減らすために役立つ人生観・世界観 ... 11
11 とらわれを弱める慈悲の心 ... 12
12 慈悲の心の利益、新しい幸福観・人生哲学 ... 13
13 広い視野を培うことの重要性 ... 13
14 幸福・不幸は、心のあり方に左右される ... 14
15 実体のない不安について ... 14
16 心を静めて考える重要性 ... 15
17 怠惰による不安:目先の楽を優先する結果 ... 15
18 目先の楽を優先する人間の本質=「無智」 ... 16
19 無智を乗り越えた「智恵」を得るためには ... 16
20 嫌悪が強い場合に生じる不安 ... 17
21 批判される不安・苦しみに対して ... 18
22 被害妄想について ... 18
23 被害妄想からの脱却 ... 18

 

第2章 卑屈・コンプレックスを乗り越える ............... 20

1 卑屈・コンプレックス ... 20
2 卑屈は、画一的な価値観が原因 ... 20
3 短所と長所は裏表:短所から優しさが生まれる ... 21
4 短所を乗り越えれば、多くの人を手助けできる ... 22
5 自分の短所を活用し、他の長所を引き出す ... 22
6 ある障害者の知人の素晴らしさ:感謝の菩薩 ... 23
7 自と他を共に幸福にする ... 24
8 優越感・慢心の落とし穴 ... 24
9 誰もが実践すべき感謝 ... 25
10 仏陀の心、慈悲・四無量心 ... 26
11 人と人の間の違いは、個性・役割の違い ... 26
12 人は地球という大きな生命体の細胞である ... 27
13 性格の違いも優劣ではなく、個性の違い ... 28
14 発達障害とされる人の個性 ... 28


第3章 孤独・寂しさを越える ............... 30

1 孤独・寂しさの苦しみ ... 30
2 孤独感・寂しさは、最大の苦しみの一つ ... 31
3 いろいろな孤独について ... 31
4 宗教者や哲学者が選択する孤独 ... 32
5 愛を求めるよりも与えること ... 33
6 嫌悪・怒りは寂しさを招く ... 34
7 慈悲や感謝の心が寂しさを癒す ... 35
8 自と他のつながりを感じる慈悲や感謝 ... 35


第4章 怒りを超え、広い心を培う ............... 36

1 近親者等に対する過剰な欲求が、怒りをもたらす場合 ... 36
2 過剰な自己愛を離れ、広く客観的な視点で、怒りを鎮める ... 37
3 自分と自分の親を相対化することが、真に大人になること ... 38
4 自我執着を本格的に乗り越えること ... 39
5 怒りの対象の悪行の原因を考え、怒りを鎮める ... 39
6 「悪い人」ではなく、無智で自滅に向かう人 ... 39
7 悪いことをする人としない人の共通点 ... 40
8 悪いことをするに至った過程=生い立ちを考える ... 41
9 自分の暗部の投影である他人に対する怒り ... 42
10 暗部の投影による怒りを超えるためには ... 43
11 自と他の区別を超える智恵が、怒りを根絶する ... 44
12 自と他の区別について、科学的に考えてみる ... 45


「ひかりの輪」基本理念 ............... 47

1,思想・哲学の学習・実践を通じて、社会への奉仕に努める ... 47
2,宗教ではなく、「宗教哲学」を探求していく ... 47
3,自己を絶対視せず、「未完の求道者」の心構えを持つ ... 48
4,感謝・尊重・愛の実践で、全ての存在に神性を見いだす ... 48
5,過去の反省に基づき、特定の存在を絶対視しない ... 48
6,善悪二元論の妄想を超えた、叡智・思想に基づく実践を行なう ... 49
7,諸宗教の神仏は、人に内在する神性を引き出す存在として尊重する ... 49
8,「輪の思想」で、全ての調和のために奉仕する ... 49

基本理念付帯文--オウム真理教の総括と反省 ............... 50

(1)人を神として盲信した過ち ... 50
(2)架空の終末予言、善悪二元論の世界観を盲信した過ち ... 50
(3)仏教・密教の誤った解釈・実践をした過ち ... 50
(4)この過ちの宗教的な責任の一端は、私たちにもあること ... 51
(5)一般社会に対して ... 51

 

<<< 前へ【2014~2015年 年末年始セミナー特別教本 『哲学・科学・宗教  21世紀の日本の道』】

次へ【6.調身・調息・調心】 >>>

ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ