教本と講義
ひかりの輪で使用している教本やテキスト、それを解説した上祐代表の講話などをご紹介しています。

特別教本:目次公開

《改訂版》2012~13年 年末年始セミナー特別教本 『悟りの道・思索と瞑想 万物への感謝・尊重・愛』
(2013年03月10日)

《改訂版》2012~13年 年末年始セミナー特別教本
『悟りの道・思索と瞑想 万物への感謝・尊重・愛』

■目次           購入はこちらから

第一章 法則の思索 : 法則の要点と思索の方法..................... 4

1 法則に基づいた思索の方法................................................... 4

(1)法則の学習................................................................................. 4
(2)自分の苦しみ・問題に関する思索(と書き出し).............................. 4
(3)自分の苦しみ・問題を解決する考え方の思索(と書き出し)............... 4
(4)納得がいく考え方が見つからない場合の対処法................................. 4
(5)納得できる考え方を繰り返し瞑想する............................................. 5
(6)よりコンパクトな思索にしていく................................................... 5
(7)最後に三悟心経を唱える............................................................... 5

2 万物に感謝する① 恵みに感謝する....................................... 6

(1)私たちの普段の意識には不満が多い................................................ 6
(2)自分の恵みに気づく感謝の実践...................................................... 6

3 万物に感謝する② 苦しみに感謝する.................................... 8

(1)喜びばかりを貪り、苦しみをいたずらに嫌がる心の偏り..................... 8
(2)苦しみの裏側にある恩恵:愛の鞭................................................... 8
(3)苦しみのない人生の恐ろしさを考える............................................. 9
(4)個々別々の苦しみを恩恵と見る事例................................................ 9

4 万物を尊重する① 自と他の比較を越える.................................... 11

(1)多くの苦しみが、自と他の比較から生じる....................................... 11
(2)比較を越えるものの考え方・法則................................................... 11

5 万物を尊重する② 万人は学びの対象....................................... 13

(1)多くの苦しみが、自と他の区別・比較から生じる.............................. 13
(2)万人が自分の学びの対象であること................................................ 13
(3)人々は、人類は、一体となって成長する.......................................... 13
6 万物を愛する① 万物を一体と見ること..........................................14

(1)自と他の区別が苦しみの根源......................................................... 14
(2)万物を一体と悟る三つの瞑想......................................................... 14

7 万物を愛する② 万人の幸福は一体・大慈悲の瞑想.................. 16

(1)苦しみは、自と他の幸福・不幸を区別することから生じる.................. 16
(2)万人の幸福・不幸は一体である...................................................... 16
(3)万人が共に幸福になる大慈悲の瞑想................................................ 16


第二章 三悟心経の思索と瞑想.......................................... 17

1 万物に感謝する教えの誘導瞑想の事例「万物恩恵・万物感謝」... 18

2 万物を尊重する教えの誘導瞑想の事例「万物仏・万物尊重」...... 26

3 万物を愛する教えの誘導瞑想の事例「万物一体・万物愛す」...... 34

<<< 前へ【《改訂版》2012年夏期セミナー特別教本 『悟りの教えと現代の諸問題 親子問題、鬱病、自殺を考える』】

次へ【《改訂版》2013年GWセミナー特別教本 『現世幸福と悟りの集中修行 不動心・人間関係・健康・自己実現』】 >>>

ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ