内省法「内観」
「ひかりの輪」で、内観の世界的権威の方にご指導いただきながら実践している内省法「内観」についてのコーナーです

実践レポート・体験

内観(自己反省法)の参加者の感想(~2014年10月)

「ひかりの輪」では、自己反省法・内観を、大学教授の内観専門家の先生にご指導いただき、取りいれています。

定期的に、「1日内観」を中心とした内観セミナーを行っており、一般の方のご参加も受け付けていますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

次回は、1月24日(日) 名古屋支部教室、2月7日(日) 東京本部教室で開催です。

以下に、2012年10月~2014年に行われた、「一日内観」の受講者の方の感想文をご紹介します。

感想を見ると、集中して行う自己反省法・内観は、たった一日でも、大きな効果を感じてれる方がたくさんいらしゃることがわかります。

内観とは、浄土真宗の一派に伝わる「身調べ」という修行法から派生し、その後、宗教的な要素を取り除いて、誰もができる自己反省法として確立されたものです。学会もあって、海外にも広がっています。

その方法は、至って簡単で、内観専門家の指導のもと、自分がこれまでの生涯で、両親・親族・友人知人に① 他人から、していただいたこと

②他人に、して返したこと

③ 他人に、迷惑をかけたこと

を1つ1つ思い出していくという作業のみを、丸1日~1週間ほど集中して行なうというものです。

なお、親がいない人は、親代わりに育てくれた人を親と見て行います。


◆スタッフの感想

◎田渕智子 50代女性 西日本

久しぶりに受けさせていただきました。母について行いましたが、以前よりあまり思い出せなかったような気がします。

ただ、母の苦労などが思い出されて大変だっただろうと申し訳なく思いました。自分が親不孝しているのではないかと思い、悲しくなってきました。

これからはできるだけ親孝行していきたいと思いました。ありがとうございました。


◎MTさん 60代女性 西日本


人間に生まれながらも、愛とか、思いやり、感謝が本当にわかるまでは、それぞれ違うのだと思いました。

恵まれた環境にいながら、不平・不満を持っていたら、喜びには受け取れなくて、もったいないと思いました。

早くそれがわかっていたら、もっと優しく主人に接してあげられていたけど、最初の出会いから心が通じないまま、時が経ちました。

けんかはしなくても、心の隙間を埋めることができず、申し訳なかったと思いました。

「足るを知る」どおり、真面目さを喜び、心を込めて尽くしていたら、お互いが幸せであったのに、気づけませんでした。

加齢によって、徐々に愛、感謝、思いやりの大切さが、理解できつつあります。

言葉のウラに優しいヴァイブレーションを感じた時、私も、そのようにならなくてはと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 


◆会員の受講者の感想

◎JTさん 30代男性 西日本

「1日内観」は2回目なのですが、やっぱり内観は回を重ねるごとに、深く自分の事が調べられました。

初歩的な達成ではありますが、内観中は一切寝ませんでしたし、1回目よりも楽しんで昔の自分を調べることができました。

今回は父とおばあちゃんに対する自分を調べましたが、特におばあちゃんに対する自分を調べている時が、すごく辛かったです。今までおばあちゃんの存在を忘れて普通に生活していましたが、こんなに偉大で寛大なおばあちゃんがいたことを再認識できたのは、とても良かったです。

それと同時におばあちゃんに対する今までの行いが、ひどすぎて、思い出してそのことを口にするのが、とても言いづらかったです。

おばあちゃん、ホントにごめんなさい!

先生、本日はお忙しい中、内観をご指導くださいまして、ありがとうございました。

先生ご自身のエピソード、お母さんに朝の起こし方について文句を言っていたお話が、自分とおばあちゃんと一緒で、とても笑えました。


◎Bさん 30代女性 西日本

今回初めて「1日内観」を受けたのですが、幼い頃から今までどうやって人生を歩んできたかということを痛感できました。

振り返ることで心を浄化していただいたみたいでもあります。

今後もまたご機会があれば受けさせてもらいたいです。

◎Cさん 40代男性 会員 西日本

今まで親孝行の自覚のためや親子の絆の再確認などの感情的な側面が大切だと思っていたが、今回は事実を俯瞰して見ることを意識できた。

よって、幼少期の曖昧な記憶の部分から現在に近づくにつれて意識がクリアとなり、現実的な今後の在り方のために必要な回顧の営みとして自分を調べることになった。

また対象は母であっても、同時に周囲の人物のことも事実として想起したことで、自分と母という対(つい)でなく、家族の歴史を考える時間となりました。最後に、初めておばについて内観したことで、家族史のふくらみを感じることができたことはよかったです。

◎KM 50代女性 会員 東日本

今回は4回目で、父親に対しての自分を調べました。

前回の続きで、高校卒業後、父親のもとを離れてからです。

離れてからなので、思い出すことが少なかった中で、その一緒に居た時、また、オウム真理教に出家していた時の父親とのことを思い出しました。

一緒に暮らしていた時に愛情を受けていた私は、その後、父親が亡くなるまで、そのお返しを全くできなかったばかりか、多大な苦しみを与えていたということに気づき、非常に辛かったです。

オウム真理教に出家した後、オウム事件が起こり、家族に連絡をとらなかった間、父親の不安と苦しみは途方もないものだっただろうと、今回じっくり見つめる中で、実感しました。

そして、その苦しみを払拭できないまま亡くなったであろう父に対して、私は悔やむ心をずっと持っていました。

しかし、親は子をどこまでも心配するし、子に幸福になってほしいものなのだと強く思いました。

先生より、父に対して伝えたい事をと、手紙を書き、また、その返事を想定して書くことにより、その悔いの心が少し落ち着いてきました。

次に向かって心を動かすことができそうです。ありがとうございました。

日々少しずつ内観を続けていこうと思います。

◎KI 40代男性 会員 東日本

今回も参加させていただいて、ありがとうございます。

短い時間でしたが、とても集中が出来て気持ちよいです。

父親についての2回目となりましたが、父母、妹には、いつも心配をかけてしまっていたと分かりましたし、自分の人生は普通じゃないとも理解しました。

とても分かりづらい生き方となってしまったために、家族や友人、知人に不安を感じさせたかもしれないなと深い反省をしました。

現在は少しまともだなとも感じておりますが、亡き父と、距離のある母に感謝をして、これからもしっかり生きていこうと思います。

先生ありがとうございます。次回もよろしくお願いします。





一般の受講者の感想

◎Aさん 20代男性 西日本

丸半日以上、屏風の中に座り、記憶を思い出しているという作業でしたが、不思議と「もう飽きた」「何かしたい」との思いは少なくて、とても落ち着いて「調べる作業」ができたことでした。

「もう痛いほど分かったから」と私の心が私の心に言うことは、「あんたは、ずっと被害者のままでいるだけで、何一つ与えることをしていなかった。」ということ。

それでは幸せを感じることは、とうていできませんよね(笑)。

されてきた嫌なことは許して、向こうが受け取ろうが受け取るまいが、何より「自分の幸せのために」全力で親孝行したいという気持ちになることができました。

今まで26年、親を憎んでどうしても好きになれないというネックに思っていたことが、今日の内観という機会を与えていただいたことによって、生まれて初めて、心から「何かしなければ」「何かしたい」と、押しつけられるような義務でもなく、自分の幸せのために思えるようになりました。

ずっと向き合いたいと思いながら、恐くてできなかった機会を与えてくださって、心より感謝しています。


◎ESさん 30代女性 西日本

初めて参加させていただきました。普段やったことのない母とのことを幼少の頃から振り返るのは、不思議な感覚でした。

今だからわかる母の気持ちや思いが伝わってきて、本当にかけがえのない存在だと思います。

また、母にやってあげたことがこんなに少なかったということは、大きな反省でした。

今まで当たり前のように愛情を受けてきましたが、これから親孝行して返していきたいです。

これからすぐにできることも、すぐに思いつきました。

早く喜ぶ顔が見たいと思います。


◎JA 40代男性 西日本

率直に書かせていただきます。このような形ではありませんが、内観というようなことを自分はしていたと思います。

自分自身のことを見つめなくてはいけないことがあり、自分が迷惑をかけてきたことをよく振り返りました。

でも母親のしてくれたことを思い返したことはなく、なかなか出てこないことに驚きました。

そして、自分がしてあげたことの少なさにも気づきました。

また、ここまで考えたことがなかったので、ラクではありませんでした。今日の1日内観では、感情や情動というものではなく、事実を思い出す、見つめるという点で、客観的であり、科学的でもあるように思えましたので、ますます宗教的なことではないという、そんな感じを受けました。

◎SKさん 30代男性 東日本

初めての体験でしたので不安な面もありましたが、丁寧な指導のおかげで、良い体験ができました。

幼児期の事はとても思い出すのに苦労しました。もうほとんど記憶の外にあり、思い出す機会もなかったので。

今回は母親に対する事でしたが、「して返した事」がほとんどありませんでした。

「してもらった事」がほとんどで、わかってはいましたが、あらためて自分はわがままな人間でした。

母親に対しては、いつも口論になり、嫌悪感を抱いていましたが、内観を終えて妙な気分になりました。して返した事がほとんどないのに口論できる立場なのかな?とかです。

◎SOさん 20代男性 東日本

なかなか思い出す作業がうまくいかず、思い出そう、思い出そうと考えている間に、時間があっという間に過ぎてしまいました。

母に関しては、してもらった事、迷惑をかけた事を思い出すことが多く、罪悪感のような気持ちが出てくることがありました。

してあげた事が全くないにもかかわらず、その反面、してもらった事の多さと愛情を感じました。

次に母に会った時には、少し見る目が変わるというか、新鮮な目で見れる気がしました。

<<< 前へ【内観(自己反省法)の参加者の感想(~2014年)】

次へ【上祐代表による内観解説】 >>>

ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪の広場
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ