内省法「内観」
「ひかりの輪」で、内観の世界的権威の方にご指導いただきながら実践している内省法「内観」についてのコーナーです

実践レポート・体験

2012年4~5月「内観セミナー」(仙台・千葉・東京)レポート

   先日、「ひかりの輪『内観セミナー』開催のお知らせでお知らせしましたように、本日までにひかりの輪では、2012年4月22~23日に仙台支部教室、5月13日に千葉支部教室、5月20日に東京本部教室で、それぞれ内観セミナーを実施しました。

   ひかりの輪の外部監査委員をお務めになっている大学教授の内観の先生が、外部監査委員の権限に基づき、ひかりの輪会員への精神的指導の一環として、全国各施設をまわって丁寧にご指導をして下さっています。

   内観では、両親をはじめとする多くの人から①してもらったこと②して返してあげたこと③迷惑をかけたことの3つについて、自分が生まれた時から現在に至るまで、時期を区切って丹念に思い出していく作業をします。そして、一定時間ごとに、内観の先生が参加者一人一人に丁寧な作法で面接に訪れ、内観のサポートを行ってくださいます。

  内観中は内観に集中専念できるように、特製の屏風の中に入ります。他の人との会話はもちろん、電話、メール、テレビ、読書等を一切シャットして、静かな環境で、ひたすら自己の内側に意識を向け、内観を深めることができます。

   以下は、それぞれ、仙台、東京の各本支部教室で、内観用の屏風を設けた模様です。この中に参加者一人一人が入って内観します。

中に入ってみると、内省に集中できる、なかなか快適な空間です。

仙台支部教室

 

東京本部教室

   今回参加された皆さんは、大変有意義な体験をされていました。以下に、参加者の感想をご紹介いたします。

※参加された方の感想

........................................................................................................................

◆専従会員(専従スタッフ)

◎TOさん 40代男性 関東在住

自分が他人にしてあげたことの少なさを痛感しました。そしてそれを正当化するような心の働きもあるように思いました。今後はもっと他のためにしてあげることを多くしたいです。自分を見つめる良い機会になりました。

◎SKさん 70代女性 関東在住

祖母、父に関する内観をさせていただきました。
普段思いついても詳しく考えず、簡単に見過ごして放っていたことを、先生に話して聞いていただいたことで清算できなような、心が軽くなった気がします。
時間があったらまたやっていただきたいです。先生ありがとうございました。

◎JKさん 80代男性 関東在住

私は約30年前、東京の代々木内観研修所というところで1週間内観を経験したことがありますが、その時、かなり心も浄化されたような気がしました。
30年ぶりで、今日同じような経験をし、多少は心も浄化されたと思います。どうも貴重な経験をさせて頂きありがとうございました。


◆非専従会員

◎HFさん 20代男性 関東在住

父、母にしてもらったことを思い出しているうちに、まず、自分は比較的に恵まれている環境で育ち、かなりやさしくしてもらったと思います。母からは怒られた記憶がないくらいです。
それなのに僕は、ほとんど何も恩返しをしておらず、してあげたことはほとんどみつかりませんでした。これはいけないと思ったので、せめて何か、父の日や母の日にしてあげるとか、定期的に実家に顔を出すなどして、感謝の意を伝えなければいけないような気がしました。


◎TSさん 30代男性 関東在住

母・父・妻・息子に対し(自分を)調べましたが、母・父には金銭的にも負担をかけることが多く、妻・息子には精神的に心配・苦労をかけてしまい、申し訳な い気持ちで一杯になりました。一方、いままでしていただいたことにも多く気づかされ、感謝の気持ちが自然に湧いてきました。自分の姿を少しは客観視するこ とができたかと思います。過去を振り返り、様々なことを改めて発見することができ、現在を生きる活力を得た気がいたします。
とても良かったです。次回あれば参加させてください。


◎TKさん 30代女性 関東在住

まず、普段の感謝が足りないことに気づかされました。当たり前のことと思っていたのだろうと、今になり気づいた次第です。思えば仮死状態で生まれたわたし が、これまで一人で生きられるはずなどありません(産声もあげなかった私です)。自分が折れそうになったときに、ひかりの輪の内観セミナーというものに会いま した。ありがたく思います。
また自宅のそばで内観セミナーがあればいいです。

◎HTさん 40代女性 関東在住

母や父から、してもらったことがこんなにもあったのがと思い知らされました。
とてもありがたく、感謝の気持ちでいっぱいです。
「弟と比べて、自分はしてもらったことが少ない」と思っていた事がはずかしいです。
母や父に、愛情深く育てられたことに感謝したいです。
一日内観で、このような気持ちになれたことを嬉しく思います。
父は他界していて、感謝の気持ちを表すことはできませんが、母にはこれからは、できる限り、感謝と慈愛を持って接していきたいと思います。

◎YMさん 40代男性 関東在住

まとまった時間をとってやることができてよかった。見えない、してもらったことにも気付けた。「何もしてあげられていない」という言葉は、「してあげたい」という気持ちから出ている。親の精一杯が、子の結果に結びつかなかったとしても、それは仕方がないこと。
<内観の気付きでつくった詩>
※してもらえなかったこと
「してもらえなかったこと」という事実は存在しない。
「してもらいたかったけど、してもらえなかった」という思いがあるのであって
「してもらえなかったこと」という事実は存在しない。
「してもらったこと」が事実なのであって
「してもらえなかったこと」という事実は存在しない

◎KSさん 40代男性 関東在住

自分ではわかったつもりになって、過去を把握していることがよくわかりました。
まだまだわかったつもりになっている部分のほうが大半だと感じます。
内観法は、新しい意識を私に生じさせました。もっと自己内省ができるようになりたいと思います。

◎KIさん 40代男性 関東在住

今まで、母も父も、面白くない悲しい人生を送られている人達だと思っていましたが、母さんはとてもやさしくて、僕にとっては最高の友達だったんだんだなと思えました。
考え直しました。老いて病んでしまったけど、まだ生きている母さんに、なんとか恩返しをして、気持ちを入れ替えたことを理解していただけたらと思います。
お父さんは亡くなってしまっていますが、今日の内観によって、きちんと、お別れをさせていただきましたし、とても力強く生きた方だったんだなと理解できました。誰とでも仲良くしていた若い頃の美しいお母さんは、理想の女性像だったし・・・。
とても知的だけど自由で、どこか面白いお父さんは、僕自身のあこがれでもあったんだなとわかった。僕はここに存在させていただいております。お父さん、お母さん、ありがとう。

◎HYさん 50代男性 関東在住

自分の人生のほとんどが、自分のことだけを生きてきたことがよくわかりました。
その中で、オウムと出会って以降の人生は、親などを否定しつつ、全ての魂のためといって、頑張っていました。少し違和感はありましたが、居心地が良かったのも事実で、父母に対しての自分を見つめる上で多くの関わりを感じました。
その後、オウム・アレフを脱会し、ひかりの輪に入り、父母の幸福を考えることができるようになり、またこのような機会にも恵まれ、本当の意味で心が楽になっていく手応えは感じました。

◎KMさん 50代女性 関東在住

小さい頃から、独り立ちするまでに、どれだけ親に見守られ育まれ、成長してきたのだろうと思った。
それに対して、させていただけたことは、とてもとても少ない。
大きな心配と迷惑(特にオウム真理教を始めて)をかけてしまったが、そのつぐないをすることが父親に関してできなかった。会いに行くだけでも、もっとすればよかった。
それと、成長期に入ってからは、自分本位になっていき、親がどのようなことを考えているのか、2番目になっていったのだなと気づいた。
親になった自分は、とても両親がしてくれたようなことを子供にできなかった。
そのような環境をつくることは、とても大変な努力を続けて下さったのだと思う。

◎TSさん 50代男性 関東在住

改めて両親にいろいろしていただき続け、迷惑をかけ続けてきたかを思いました。
自分は当然のことのように庇護を受けてきましたが、それがとても膨大なものであり、偉大なものであったことに気づき、それらに不足・不満を感じてきたこと や、いろいろな迷惑・負担をかけてきたことを考えますと、自分がいかに愛のない貪り多い人間であるか反省させられました。
未だに、迷惑をかけ続けている今、いたたまれない気持ちになりました。
このような企画をしていただき、誠にありがとうございました。また、先生のお人柄に感銘を受けました。大変お世話になりました。

◎AKさん 50代女性 関東在住

3年前に内観を行ったことがあるのですが、3年前の内観より、具体的なシーンがたくさん思い出されました。
忘れていたシーンの中に、今の私を作りあげていることがたくさんあり、私を取り巻く人々に感謝がわきました。自分が恵まれていることがよくわかりました。少々疲れ気味の今頃でしたが、無理をせず、恩返しをしていきたいです。
してもらったことは忘れてしまうことが多いですが、これからも思いだしていく時間を持ちたいと思いました。

◎0Hさん 50代男性 関東在住

一応、母親に対して、現在までの自分を調べるところまでできました。
ノートを取っていないので面談に来られたときに、話せなかったことも出てきていますが、考えることが重要なのですね。また、時間を区切って行っていますが、次の年代を考えているときに、前の年代にこんなこともあったと思い出すことも多かったです。
けっこう時間がたっている割には長く感じられないです。

◎TNさん 60代男性 関東在住

母親からの恩恵と親孝行ぶりで並べてみると、母親似と考えていた自分の性格が、むしろ父親似であったことに気付きました。もちろん、改めて父親からの恩恵 を考え直すと、更に違った自分に気付くのではありましょうが。何にせよ、思っていたより、そして両親のどちらより、自分の性格は悪かったようです。
年を取ってみないと分らない身体能力の劣化と併せて、これは困ったことではありますが、死なないうちに知ったことができたのは幸いです。


◆会員でない一般の方

◎20代男性 関東在住

ゆっくりと自分の母親に対して考え、思い返したことがなかった為、改めて両親に対して感謝を感じることができる時を過ごすことができ、とてもよかったと思いました。
正直な所、口で感謝していると言ったことがあったのですが、いまいちどの辺りでそう感じたのかわかっていなかったために、ひどくあやふやなものでした。
しかし今日、この内観という自身にとって初の体験を元に過去を振り返り、真に感謝できるように感じます。今日はありがとうございました。

........................................................................................................................

--内観セミナーには、ひかりの輪の会員ではない一般の方もご参加になれます。皆さまのご参加を心よりお待ちしています。

 

<<< 前へ【 《改訂版》2009年GWセミナー特別教本『内観と仏教の自己内省法 ほか』】

次へ【このコーナーについて】 >>>

ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪の広場
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ