初めての方へ
初めての方は、まずは、こちらのページをご覧ください。「ひかりの輪」とは何かご紹介しています。

■よくある質問や誤解について

よくある質問2

1,講話会等のイベントは、会員でなくても参加できると聞きましたが、本当ですか?

 はい、そうです。実際に、本部のある東京など、非会員・一般の方の参加の方が多い地域があります。聖地めぐりに関しても同様です。


2,講話会の参加費用はいくらですか。初回2000円とありますが、それはすべての費用ですか?

 初回は2000円、2回目以降は3000円です。
 初回も2回目以降も、学生・障がい者・その他経済問題のある方には、減免させていただきます。
 この初回の費用は、上祐代表との個人面談の費用や、ヨーガ・気功の指導を含んでおり、当日要するすべての費用です。
 なお、2回目以降の個人面談は、別途費用を要する場合がありますので、お問い合わせください。


3,講話会などに参加する上で、何か準備が必要ですか?

 いいえ、特にありません。
 講話会は、専門知識がない一般の方を前提として行われています。
 よって、各種の思想哲学・心理学の専門用語は、使用しないか、それとも一般の方が理解できる簡明な解説を加えます。
 なお、ひかりの輪のHPには、
 1.過去の講話の動画
 2.教本の一部無料公開
 3.ヨーガ・気功の動画
 4、聖地めぐりの写真付きの紹介
など、相当の関連情報があります。
 それらをご覧いただければ、講話会などに参加される方には事前の学習にもなります。これらは、いわゆる「ネット上の教室」と当団体が位置付けているシステムです。


4,講話会などに参加すると、公安にマークされたりするのですか?

 事件から20年が経過していることもあり、公安当局は、テロ行為を直接・間接に支援するような人物が当団体に出入りしないかという観点からの注目はしていても、参加の邪魔をしたり、嫌がらせをしたりすることは、まずありませんので、ご安心ください。
 仮に、公安当局がそのようなことを行えば、思想・信条の自由やプライバシー権に対する違法な侵害行為となります。そのため、オウム問題に限らず、だいぶん昔の公安関連事件では、公安当局が訴えられて敗訴する事例がありましたが、近年は、そうした事例は見られません。
 また、当団体は、講話会に参加される方のプライバシー権を重視しておりますので、実名の開示を求めませんし、仮に仮名を名乗られたとしても参加をお断りすることはありませんので、この点もご安心ください。また、入会せずに参加される方は、会員・構成員と見なされることはありません。

<<< 前へ【ひかりの輪は、オウム的な宗教の広がりを予防する思想(ワクチン)】

次へ【各プログラムの参加料金・教材の価格・入会金等のご説明】 >>>

  • ■ひかりの輪とは

  • ■初めての方に――ひかりの輪の思想と活動

  • ■学習・修行方法と教材紹介

  • ■団体規約と外部監査制度など

  • ■オウムの脱却・払拭――「脱麻原」「反麻原」の改革

  • ■よくある質問や誤解について

    ひかりの輪ポータルサイト
    一般の方のために
    ひかりの輪の広場
    ひかりの輪YouTubeチャンネル
    ひかりの輪ネット教室
    ひかりの輪ネットショップ
    著作関係
    外部監査委員会
    アレフ問題の告発と対策
    地域社会の皆様へ