初めての方へ
初めての方は、まずは、こちらのページをご覧ください。「ひかりの輪」とは何かご紹介しています。

■初めての方に――ひかりの輪の思想と活動

【9】日本・世界の思想・宗教の今後

今は、大きな時代の変化の時が始まりつつあるように思います。
政治も、新興勢力が現れて再編される様相ですが、宗教界も同様ではないでしょうか。

昨年あたりから、20世紀後半に、注目を集めた宗教のカリスマが他界したりと、大きな変化を迎えているように思います。

サイババ、ウサマ・ビンラディン、文鮮明が過去の人となりました。

まもなく、麻原彰晃が続くでしょうし、他の20世紀の新宗教の中心人物も、人生の終末を迎えつつある人が少なくありません。

それともない、少なからぬ宗教団体が、大きな岐路・変化を迎えていると思います。

アレフ(旧オウム真理教)は法的責任を追及されて解体に向かい、オウムと同じように選挙に出て惨敗し、教祖が妻との離婚を始めとする訴訟問題を抱え込んだK教団も大きな岐路にあるようです。教祖が高齢となった巨大教団Sもそうではないでしょうか。

こうした20世紀の宗教は、特定の人物を神の化身として絶対視する傾向が強いものでした。

それは、外部社会の客観的な視点から見れば、盲信とか、カルトに映るでしょう。

科学合理的な精神からは、受け入れることができませんし、度々反社会的になります。

しかし、その一方で、経済的な拡大と競争の勝利ばかりを重視する価値観は、多くの人にとって心身が安らぐものではなくなっています。

特に日本では、長期の経済的な低迷や市場原理主義の導入もあって、ストレス、鬱、自殺、いじめなどの問題が、相当に増大しています。

物質的に豊かな社会の中で、心の苦しみは、かつてなく蔓延しているようにも思います。

その問題の緩和のためには、現状への不満と奪い合い、拡大と勝利ではなく、感謝と分かち合いの精神、そして、万人の尊重と一体感の重視が、今後重要になると思います。

そして、その実現のためには、「宗教」というものを抜本的に超えた、「新しい精神的な智恵の学びの場」が必要であると思います。

ひかりの輪は、オウム真理教の手痛い教訓を活かし、過去の贖罪としても、21世紀の社会のためにも、それを創造していきたいと思います。


 

<<< 前へ【【8】ひかりの輪の聖地での体験】

次へ【一部マスコミに見られるアレフとの混同報道(誤報)】 >>>

  • ■ひかりの輪とは

  • ■初めての方に――ひかりの輪の思想と活動

  • ■学習・修行方法と教材紹介

  • ■団体規約と外部監査制度など

  • ■オウムの脱却・払拭――「脱麻原」「反麻原」の改革

  • ■よくある質問や誤解について

    ひかりの輪ポータルサイト
    一般の方のために
    ひかりの輪の広場
    ひかりの輪YouTubeチャンネル
    ひかりの輪ネット教室
    ひかりの輪ネットショップ
    著作関係
    外部監査委員会
    アレフ問題の告発と対策
    地域社会の皆様へ