プロフィール
上祐史浩のプロフィールです。連絡先、出版・対談・出演・講演会・雑誌掲載などご紹介しています。

著作と書評

書評『終わらないオウム』(鹿砦社 鈴木邦男・徐裕行 2013)

■鈴木邦男さん(共著者)

実物を手にした瞬間、手が震えました。本当に出版されたんだ!と感動しました。
今までの本作りの中でも最も衝撃的で、最もスリリングな本だと思います。(中略)

18年前、オウム真理教幹部・村井秀夫さんを刺殺したのが徐裕行さんです。 「上祐、青山、村井を狙った。3人のうち誰でもよかった」と逮捕された徐さんは語っています。
しかし、本当は、テレビに出て一番目立った上祐さんを殺したかった、とこの本の中では告白しています。その「殺そうと狙った」徐さんと、会ったのです。(中略)

「会うはずのない二人」が会った。そして相対極から、あの事件について語り合う。考える。そこで初めて見えてきたこともある。(中略)

「解説」は田原さんしかいないと思って、お願いした。お忙しい中を、書いてくれた。(中略)
田原さんは、日本のトップの人たち、凄い人たちの、ほぼ「全て」に会ってきた。
その田原さんが驚くのだから、本物だ。司会をした自分でも、あんな危ない対談がよく、実現したと思う。そして本になったと思う。
(ブログ 鈴木邦男をぶっとばせ!」『終わらないオウム』の衝撃、そして戦慄)
  

■東京スポーツ「オウム幹部刺殺事件で「本当に殺そうとしたのはXX」との衝撃本

30日発売の「終わらないオウム」(鹿砦社)の内容がすごいという話を聞いた。

その中で、懲役12年の実刑から2007年に出所した徐氏が事件を振り返り、「本当に殺そうとしたのは上祐さんだった」などと告白したというのだ。

衆人環視の中で起きた事件自体がショッキングだったが、本にそう記されているというこの後日談も衝撃的。

一連の裁判が終結したと思ったら、元幹部平田信被告の出頭に始まり、菊地直子被告、高橋克也被告の逮捕。さらに徐氏のような生々しい話が出てくること自体、まだオウムは終わっていないことを物語っているのかもしれない。(東スポweb 2013年05月28日渡辺学)

<<< 前へ【書評『オウム事件 17年目の告白』(扶桑社 2012)】

次へ【書評『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社 対談・田原総一郎氏 2013)】 >>>

ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ