動画[講話]
上祐史浩の講話の動画をご紹介します。

上祐史浩・一般向け講話[2013]

第175回~第180回 年末年始セミナー(2013年12月~2014年1月) 特別教本『輪の法則と目覚めの教え 仏母の瞑想・二極の調和』解説講話と特別講義
(2014年01月21日)

2013年~2014年の年末年始セミナーにて行われた、上祐史浩の講話全5話の解説講話の動画、および山口指導員と上祐史浩による対談形式での心理学講義1話の動画となります。

◆第1回(2013年12月29日67min)
仏陀(ブッダ)とは、サンスクリット語で目覚めた人(覚者)という意味ですが、 この意味の深い理解が、苦しみを和らげ、心の幸福・解放をもたらす秘訣です。 さらに、無我と慈悲という仏陀の悟りへの近道となります。
参加者との様々な質疑応答も。

 

◆第2回(2013年12月29日114min)
第1回に続いて、目覚めた人としての仏陀の教えの講話の続きです。
夢と現実の類似性を考えながら、他者は皆が、何らかの学びの対象であることを考えます。 また、瞑想の秘訣、瞑想の効果などの解説も。

 

◆第3回(2013年12月30日86min)
仏教・道教・ヒンズー・アミニズムから、現代の心理学・脳科学まで、様々な思想・科学に共通して、 陰と陽、男と女、火と水、厳しさと優しさ、緊張と弛緩、理性と感性といった二つの対極の調和こそが 生命・成長・幸福・悟りの根本原理であるという思想を紹介します。
参加者との多様な質疑応答も。

 

◆第4回(2013年12月30日98min) 心理学講義「交流分析」
交流分析という、心理学における非常に重要な「人格の改善」と「心理分析」の技法について、 山口指導員が講義します。さらに、それを上祐代表と山口指導員の対談形式で深めます。
内容には、1.人の五種類の意識状態(自我状態)、2.四つの性格的な傾向(基本的な構え)
3.自分の性格の歪みを把握して修正する「エゴグラム」の理論の解説と実習が含まれます。

 

◆第5回(2013年12月31日98min)
ひかりの輪の中核の思想である「輪の思想と法則」に関する補充解説の講義です。
感謝、尊重、愛の心を深め、心を静め広げて解放する効果がある思想であり、その思想に基づいた瞑想法です。参加者との多様な質疑応答も。

 

◆第6回(2014年1月1日95min)

「21世紀のための思想を探る」ことをテーマとして、従来の宗教が持つ盲信などの弊害を越え、理性を重視した新しい心の幸福の思想・哲学として、「宗教哲学」を紹介 します。また、従来の仏教の持つ限界を超えた、新しい仏教として 「輪の仏教」を提唱します。参加者との多様な質疑応答も。

 

<<< 前へ【第174回『仏陀=目覚めの教え 2013年12月22日大阪68min』】

次へ【第181回『ひかりの輪の中核の思想:二極の調和の智恵 2014年1月12日福岡100min』 】 >>>

一般の方のために
『危険な宗教の見分け方』

ジャーナリスト・田原総一郎氏×上祐史浩の対談本『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)

ひかりの輪YouTube
■上祐史浩の著作
オウム事件 17年目の告白』扶桑社『終わらないオウム』(鹿砦社)など著作の一覧
■スタッフの著作
二十歳からの20年間』(三五館・宗形真紀子)ほか著作の一覧
ポータルサイト
■ひかりの輪 ネット教室
■教材ネットショップ
アレフ問題
アレフの問題脱会の相談はこちらへ
外部監査委員会
地域のみなさまへ