動画[講話]
上祐史浩の講話の動画をご紹介します。

上祐史浩・一般向け講話[2013]

第157回『幸福とは何か?いかに生きるべきか?について(根本的な問い)2013年7月21日東京119min』
(2013年07月25日)

1. 今の時代は1つの行き詰まりの時代ではないか?:ジャーナリスト田原総一郎氏との対談で得たこと
①今は不安と混迷の時代であり、哲学・思想・宗教 が大切となる。幸福とは何か、どう生きるべきかを考える必要性。
②哲学と宗教。宗教は他者に頼り、哲学は自分で考える部分が強い。

2.上祐代表個人の人生の流れ
①学生時代に学んだこと・主に左脳の強化、欧米型の思考法
言葉による論理的・合理的な思考。パブリックスピーチ、ディスカッション、ディベート(合理的な意思決定のプロセス)など
②オウ ム真理教で経験したこと:主に直感・霊性など右脳の関係
及び、それが合理性と結びつかない場合の危険性=盲信・主観主義・自己絶対化
③ひかりの輪を 立ち上げる中で、左脳と右脳、理性と直感のバランスをとるに至ったプロセス(東洋と西洋の融合)

3.新しい幸福の哲学について (何 が幸福か?)
①西洋の哲学について/今より未来、全体への勝利、内面より外面の重視を追及してきた。外界を変えて幸福を求める。幸福に波がある。本質的 な幸福ではないなど
②東洋哲学について/今、この瞬間の幸福について。内面、心の持ち方を変える。
発見する幸福、万物に対する感謝と愛。意識が静まり、 広がった温かい心になる。など
③デカルト、ガリレオ、ニュートンの哲学や古典科学:自と他・心と物を区別する二元論
④大乗仏教の世界観と最新の科学の発見の類似性

4.教育とは 何か?:
その時代の社会に役立つ人材の育成が教育で、今までは、欧米追従型で、既にある正解を記憶するのが中心
⇒今の変化の時代には、適応不全をおこしている。自分で考える力、議論する力、想像する 力、智恵の教育がない

5.西洋の価値観と東洋の価値観の融合について
①失敗・敗北・挫折を成功・勝利・立ち直りのきっかけに。松下幸之助氏やエジソンの事例
②仏教の慈悲=四無量心の教えから学ぶ、他に勝つこと以外にある、様々なタイプの幸福の道
③右脳と左脳の働きの融合

6.上祐代表の仏教やヨーガの思想の研究で得た幸福感について

7.8月に行われる夏季セミナーに ついて

>>動画は、こちらでご覧になれます。

 

<<< 前へ【第156回『資本主義の行き詰まり~釈迦牟尼の説いた法則の実感、心の幸福の道へ 2013年7月14日大阪100min』】

次へ【第158回『真の幸福、悟りの境地 2013年8月10日大阪148min』】 >>>

一般の方のために
『危険な宗教の見分け方』

ジャーナリスト・田原総一郎氏×上祐史浩の対談本『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)

ひかりの輪YouTube
■上祐史浩の著作
オウム事件 17年目の告白』扶桑社『終わらないオウム』(鹿砦社)など著作の一覧
■スタッフの著作
二十歳からの20年間』(三五館・宗形真紀子)ほか著作の一覧
ポータルサイト
■ひかりの輪 ネット教室
■教材ネットショップ
アレフ問題
アレフの問題脱会の相談はこちらへ
外部監査委員会
地域のみなさまへ