動画[講義]
上祐代表などの講義などの動画をご紹介しています

上祐史浩・一般向け講義【2022】

第485回『呼吸瞑想とシンボル瞑想:心身の健康の秘訣』(2022年6月26日 東京 57min)

この講義は、6月26日の東京セミナーでの上祐代表の講義です。
講義の中では実際に呼吸法、そして呼吸瞑想を行い、第2部としてシンボル瞑想についての解説、およびシンボル(自然の映像)を見ながら瞑想実践を行いました。

※下記は講義のレジメ資料です。ご参考までにご覧ください。


1)瞑想の基本

1.瞑想:英語のmeditation/contemplationの訳語:冥想とも
2.禅定:仏教用語。ヨーガの梵語のディアーナ(禅)・サマディ(定)の複合語
3.瞑想・禅定の定義:心の安定と集中のための修習(繰り返し行うこと)
4.瞑想に形はない。座禅・立禅・歩行禅 24時間が瞑想との思想も
5.ヨーガ:心の制御・心の働きの止滅=意味は瞑想に近い
6.ヨーガは体操ではない
7.ヨーガ体操は、ヨーガではアーサナ(座法・体位法)→瞑想時の姿勢に関係


2)身体操作を伴う瞑想

1.姿勢が大切:背筋を伸ばし肩の力を抜く
2.姿勢などの体の使い方と心の関係:身体心理学
背筋が伸びると心も真直ぐに立つ。閉じた(緊張の)姿勢→開かれた(受容の)姿勢に
3.姿勢と筋肉と呼吸の関係:猫背の悪い姿勢→筋肉の緊張→腹部の圧迫→浅い呼吸
背筋が伸びた良い姿勢→筋肉の弛緩→深い呼吸
4.筋肉の弛緩→心もリラックス:筋肉と心の関係:肩・首・腕・上半身をほぐし力を抜く
5.筋肉の弛緩の方法:動かす・ほぐす、一度緊張後に弛緩
6.長生き呼吸法:鼻から4秒吸って、口から8秒出す。手や視線に注意
7.呼吸と心の関係:吐く→リラックス、止める→集中
8.呼吸法をしながらの体操:体操も呼吸法も瞑想
9.歩行瞑想:体操し筋肉をほぐした後、正しい姿勢で呼吸法とともに。自然の中がベスト


3)シンボル瞑想

1.聖なるシンボル:シンボル=見たり聞いたりすると良い心(瞑想)の状態を引き出す
①宗教とシンボル:宗教芸術:宗教は崇拝対象のイメージを現わす芸術品が多い
②シンボルは崇拝対象ではない。あくまで人の心の良い状態を引き出すもの
③各種のシンボル:視覚的なシンボル(イメージ)、聴覚的なシンボルなど

2. 全ての宗教に共通したシンボル:光輪(英語でhalo)
①宗教画で仏・神・天使・聖人の背後や頭上に。日本語でハロ、仏教で後光・光背とも
②haloと呼ばれる大気光学現象:日本語ではハロ・日暈など
③グローリー(光輪)・ブロッケン現象と呼ばれる大気光学現象
日本で仏とその後光と見なされる(ご来迎とも)。釈迦教団でも仏と見なされた故事も
④人類普遍のシンボルの研究:心理学者カール・ユング。マンダラ(円=輪)シンボル
太陽・月・星の周りに輪。スポーク等があることも。仏教の曼荼羅・円相にも通じる

3.雄大な自然のシンボル(Awe体験)
①Awe体験:雄大な大自然の中での心身の体験:Awe(畏敬の念)
②大自然に畏敬の念→深い敬意・謙虚さ・感謝・愛と結びつく。大自然に生きた古代人は大自然に神仏を見た。アミニズム。命は神が与える、神は命を与えるもの
③Awe体験の詳細:自分達人間が小さな存在・謙虚な意識・驕り・エゴの減少、
大自然の支えへの感謝・愛。意識・心の広がり、幸福感、リラクセーション、
脳活動の活性化、免疫力の向上、刹那的な欲求の抑制=長期的な価値観の強化
④視野の広がりは心の広がりと連動。仏陀は宇宙の全時空間に意識が合一とも
⑤神・仏の特性:万物を知り、万物を愛する。神の全知と博愛、仏陀の智慧と大慈悲、
広く長い視野・意識と大きな心(大きな愛)
⑥仏画にある大自然とハロ。仏陀の背景にハロと自然が描かれていることが多い

4.マントラ:言葉・音のシンボル
①マントラ:聖なる言葉:仏教用語で真言
②発声する音と心の関係(身体心理学):アー音、m音が心の安定・解放の効果
緊張せずに発声可能。最初に覚える言葉もママ。ひらがな50音、アルファベット、
梵語(寺社の狛犬の阿吽は梵語の最初と最後の音)。アーメン、アラー、ブッダ
③マントラ瞑想(発声瞑想):身・口・意の三密加持→姿勢・言葉(発声)・意識
意識はシンボルを意識する(仏教では念仏)


2022年07月
Su Mo Tu We Th Fr St
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
一般の方のために
上祐史浩・ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
テーマ別動画
テーマ別の動画サイトです
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ