動画[講話]
上祐史浩の講話の動画をご紹介します。

2007年06月

  • 新団体の宗教的性格はどうあるべきか(2007年5月6日NO.4) (2007年06月28日)

    (1)人々の成長を信じて待つ。
    (2)貪りは自分の支配対象を増やす。所有欲、支配欲をなくし他に与える。団体が社会に奉仕する。
    (3)自分に執着しすぎると傲慢になるので、自分たちを絶対視せず、非信者、他宗教を裁かず、柔軟な謙虚な姿勢を持つ。
                                                                                  (3分10秒)

  • 他を成長させるために(2007年5月6日NO.3) (2007年06月25日)

    基本的には他の成長を信じて待つという土台が必要。
    辛抱強く粘り強く待つ。
                                                                                (3分30秒)

  • 学びと感謝~正しい向上心を持つ(20075月6日NO.2) (2007年06月22日)

    他に対して怒りの心を持つのではなく、学びと感謝の心を持つ。
                                                                      (4分19秒)

  • 自分と他人は一体でつながっている(2007年5月6日NO.1) (2007年06月20日)

    自分と他人は本当は一体でつながっているが、無智によって区別して見ている。

    1/2                                                           (13分4秒)
    2/2

  • 感謝と奉仕(2007年5月5日NO.3) (2007年06月18日)

    与えられているものに感謝する。
    感謝があれば、施し、奉仕の実践に入っていく。
    感謝と奉仕は貪りと傲慢を捨断する。
    無限に奉仕する心構えを持つことが重要。

    1/2                            (13分10秒)
    2/2

  • 怒らず許す。許して裁かず(2007年5月5日NO.2) (2007年06月16日)

    新団体は怒らずに感謝、許して裁かずという方針。
    不完全である人間が絶対神を語るべきではない。
    宗教の多様性を認め、高い次元で宗教を統合させる。
    1/2                                                                       (13分)

    2/2

  • 信じて待つ(2007年5月5日1) (2007年06月14日)

    現代は他人の成長を信じないし、自分の成長を信じない
    愛するということは信じて待つことである。
    われわれは互いを信じあうことが必要。

    1/2                                                                         (17分32秒)

    2/2

  • 真実の力(2007年4月15日NO.3) (2007年06月01日)

     人を導くこと、幸福にするにはどういった力が必要か。
    真実の力とは、智慧と忍耐に基づいて行動すること。
    (14分53秒)
    1/2
    2/2