動画[講話]
上祐史浩の講話の動画をご紹介します。

上祐史浩・一般向け講話[2011]

第41回 『ひかりの輪の中核の思想:「輪」の精神について(2011年3月6日 福岡 104min)』
(2011年03月11日)

この講話では、団体名にも使われており、ひかりの輪の中核の思想である「輪」について語られています。

まず、「輪=わ」の思想は、ひかりの輪だけでなく、縄文時代から日本人の生活共同体の根本的な理念でした。
それは、「倭、我、和」といった様々な漢字が当てられ、聖徳太子の「和」の思想、大和という国名、和洋といったように自国を現す言葉、「我」という一人称に使われました。「輪」とは、人々の一体性・平等性を強調した人間観・世界観であり、それに基づいて奢り・怒りを戒め、和合して生きる思想であり、聖徳太子も説いており、ひかりの輪は、それを現代という競争社会において、すべての人が幸福になるための古くて新しい思想として、一元法則と名付けて、創造的に蘇らせています。

例えば、競争社会も、全体の幸福・成長のための手段としてとらえ、勝って幸福になる人と敗けて不幸になる人を選別するものではないと理解し、いかに万人の尊重・全体の一体感をもって生きるかについても、具体的に説かれています。


>>動画は、こちらでご覧になれます。


<<< 前へ【 『幸福は得るものではなく見つけるもの、利他による幸福 (2010年8月22日 58min)』】

次へ【 『幸福に至るための3つの法則(2010年2月13日千葉 53min)』】 >>>

一般の方のために
『危険な宗教の見分け方』

ジャーナリスト・田原総一郎氏×上祐史浩の対談本『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)

ひかりの輪YouTube
■上祐史浩の著作
オウム事件 17年目の告白』扶桑社『終わらないオウム』(鹿砦社)など著作の一覧
■スタッフの著作
二十歳からの20年間』(三五館・宗形真紀子)ほか著作の一覧
ポータルサイト
■ひかりの輪 ネット教室
■教材ネットショップ
アレフ問題
アレフの問題脱会の相談はこちらへ
外部監査委員会
地域のみなさまへ