動画[講話]
上祐史浩の講話の動画をご紹介します。

上祐史浩・一般向け講話[2011]

第30回 『ひかりの輪の発祥と神仏の祝福--許し・反省・融和の実践(2011年1月16日 大阪 67min)』
(2011年01月24日)

この説法では、ひかりの輪の発祥の経緯となった、2002年6月の草津で上祐代表の瞑想と、その後に天空に現れた太陽の周りなどの7重の虹のひかりの輪の体験から、最近2010年11月の京都清涼寺の聖地巡礼に際に現れた鮮やかな虹の体験などに関連して、心の変化や現象面での変化を、年代を追って説明しています。

その中では、ひかりの輪の重要な精神・教義として、他に対する怒り・憎しみを超えて、自己反省に努め、他と融和していく教えが説かれています。

さらには、その実践に呼応して、ひかりの輪の活動に参加して、共に歩み始めた地下鉄サリン事件の被害者の親族の方について紹介されています。

 

 >>動画はこちらでご覧になれます。

 

<<< 前へ【 第29回 『苦しみは智恵と慈悲の源 自己の苦の経験が他の苦を理解する力に(2010年12月19日 63min)』】

次へ【 第31回 『競争社会を愛で生きる、勝利による幸福と慈悲による幸福、そして二つの融合 (2011年1月23日 東京 64min)』■CD、DVD販売中】 >>>

一般の方のために
『危険な宗教の見分け方』

ジャーナリスト・田原総一郎氏×上祐史浩の対談本『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)

ひかりの輪YouTube
■上祐史浩の著作
オウム事件 17年目の告白』扶桑社『終わらないオウム』(鹿砦社)など著作の一覧
■スタッフの著作
二十歳からの20年間』(三五館・宗形真紀子)ほか著作の一覧
ポータルサイト
■ひかりの輪 ネット教室
■教材ネットショップ
アレフ問題
アレフの問題脱会の相談はこちらへ
外部監査委員会
地域のみなさまへ