動画[講話]
上祐史浩の講話の動画をご紹介します。

上祐史浩・一般向け講話[2012]

第102回『親子関係の克服と仏陀の智慧 2012年8月5日大阪81min』
(2012年08月29日)

1.人間の成長過程として、①親に依存→②親に反発(反抗期)→③親を相対化し自立→④自分が親の側に回り、他を育む(=恩返し)というものがあて、その中で、無償の愛が、親から子へと代々伝搬されてきたのではないか。

2.しかし、今日の競争社会の中で、他との比較に基づく、条件つきの愛が横行し、子供の親への感謝(並びに親の子への愛)が弱り、無償の愛の伝搬が危機に瀕しているのでは。

3.親への見方の歪みをなくすために

   ①他との比較では無く、絶対視で、親が自分にしてくれたことを感謝する。

   ②親も自分も不完全な存在であることを悟り、親の過ちを許す(理解する)。

   ③親との関係が最初の人間関係であり、人間関係全てに影響を及ぼしている。

     親子関係の問題を解決することが、現代の諸問題の解決の根底にある。

   ④親への感謝と理解を経て自立し、親側になることは、ある意味で悟りである。

 

>>動画は、こちらでご覧になれます。

 

 

<<< 前へ【第101回『戦後の宗教と「ひかりの輪」が目指すもの 2012年7月15日大阪67min』■CD、DVD販売中】

次へ【第103回~第109回 夏季セミナー(2012年8月)特別教本『三悟心経の教えと現代の諸問題』 解説講話■CD、DVD販売中】 >>>

一般の方のために
『危険な宗教の見分け方』

ジャーナリスト・田原総一郎氏×上祐史浩の対談本『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)

ひかりの輪YouTube
■上祐史浩の著作
オウム事件 17年目の告白』扶桑社『終わらないオウム』(鹿砦社)など著作の一覧
■スタッフの著作
二十歳からの20年間』(三五館・宗形真紀子)ほか著作の一覧
ポータルサイト
■ひかりの輪 ネット教室
■教材ネットショップ
アレフ問題
アレフの問題脱会の相談はこちらへ
外部監査委員会
地域のみなさまへ