教本と講義
ひかりの輪で使用している教本やテキスト、それを解説した上祐代表の講話などをご紹介しています。

心理学教本

2016年GWセミナー心理学講義教本『自己存在価値を求めて』
(2016年05月24日)

※教本の一部をご紹介します。>>>教本の購入はこちらから

※心理学講義の動画販売は>>>こちらから

 

 1.自己存在価値を求める

  自己存在価値とは、「自分が存在する価値」です。人が生きていくうえでは、「自分は存在する価値がある」と感じることは不可欠です。ですから、自分には価値があるという感覚=自己価値感を欲しています。

「自分には価値がない」と感じて、生きていくことはとてもつらいことです。自分には「価値がない」というのは、自分には「生きる価値がない」、自分は「生きるに値しない」ということです。ですから、人が生きるうえでは、「自分が価値ある存在である」と感じることは必要なことであり、それを求めて人は生きていると言っても過言ではありません。


2.2つの自己価値感

  この自己価値感には、表面的な状況的なものと、根底の基本的なベースのものがあります。

  表面的な状況的な自己価値感とは、「いい学校にはいったら」「表彰されたら」「スタイルがよくなったら」など条件が整って感じるものです。

  一方、基本的な自己価値感は、欠点や未熟な点があっても、それでも自分に価値があると感じることができる、ありのままの自分を認めることができる状態のことです。それは、存在自体に価値を感じているからです。「・・・だから」価値がある、価値がないではなく、無条件に自分には価値があるという感覚です。

基本的な自己価値感が乏しい人というのは、条件を満たすことで自己価値感を求めます。基本的な自己価値感が乏しいので、足りない分を穴埋めしなければ生きていけません。
例えば、他者の評価を過剰に求めることなどがそうです。評価されることで自分の価値を感じることができます。評価されないと自分は価値がない存在だと感じてしまいます。
このことは、自己価値感が低い人は、承認欲求が強いということです。他者に承認されることで、自分の価値を感じられるからです。ですから、自己価値が低ければ低いほど、承認欲求は脅迫的にまで強くなります。

基本的な自己価値感がしっかりしている人は、表層的な外的な評価や賞賛を過剰に求めることで、自己価値を感じようとする必要がありません。それらがなくても、自己価値を感じて充足しているからです。しかし、基本的な自己価値感が乏しい人は、自分の価値感を感じるため、それを求めなければいられません。そして、それ求める人生を送ります。

 

<<< 前へ【2015年夏期セミナー心理学講義教本『ポジティブ心理学』】

次へ【第31回心理学講義 『フロー理論』】 >>>

ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ