取材・出演
お受けしたテレビ・雑誌・新聞等の取材、トークショーや講演などの出演、さまざまな方々との対談、一般の方々との聖地巡礼やネットを通じての交流などをご紹介します。

取材・インタビュー

月刊誌『北方ジャーナル』(2012年9月号)に、上祐代表のインタビュー記事が掲載

北海道で発行されている

月刊誌『北方ジャーナル』(2012年9月号:8月13日発売)に、

特集 オウム真理教の“影”

「ひかりの輪」上祐史浩が鳴らす警鐘

宗教団体アレフが札幌で膨張する理由

と題する、上祐代表のインタビュー記事が掲載されました。

 

上祐代表は、インタビューに応えて、ひかりの輪とアレフ(オウム)の違いや、

現在特に北海道で組織拡大を続けるアレフの問題点について詳しく論じています。

また、アレフ急増を伝える記事においても、ひかりの輪は取材にご協力しました。

以下は、同誌の公式ブログに掲載された記事の紹介文です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【緊急インタビュー】

「ひかりの輪」代表役員・上祐史浩氏が語る

脱オウム17年の眼に映る社会、そして「アレフ」

「札幌の施設はアレフの最大拠点。

東京から異動した役員もいますよ」

今年6月、地下鉄サリン事件をはじめとする一連の「オウム事件」で特別手配されていた容疑者たちが全員逮捕された。

旧オウム真理教の流れを汲む宗教団体アレフが沈黙を守る一方で、かつての教祖との訣別を宣言した元幹部は、事件捜査の節目を機に、各メディアの求めに応じて貴重な証言を繰り返している。

ローカルメディアの本誌に対しては、とりわけ北海道内のアレフ会員増に警鐘を鳴らしつつ、「麻原脱却」の真意を説いた。往時の饒舌とは趣きを異にする上祐史浩さん(49)の語りに、耳を傾けてみたい。(聞き手・小笠原淳)

【報道特集】オウム手配犯全員逮捕

その影で 札幌道場、信者増加率No1

宗教団体アレフ 急伸の事情

札幌で、旧オウム真理教の流れを汲む宗教団体「Aleph」(アレフ)の信者が急増している。

同豊平区の施設(札幌道場)にはかつての教祖・麻原彰晃死刑囚の写真をあしらった祭壇が設けられ、教本などの資料が多数あることがわかっている。

ヨガ教室を装った勧誘法で拡大を続ける教団は、何を目指しているのか。

前世紀に起きた一連の事件の手配犯が全員逮捕された今、沈黙を守る彼らの影を追ってみる。(小笠原 淳) ――――――――――――――――――――――――――――――――――――

<<< 前へ【本日発売の『atプラス13 』に、上祐史浩+大田俊寛「宗教の未来 オウム真理教を超克する」が掲載】

次へ【昨日(20日)発売の週刊プレイボーイに、元アレフ信者が、アレフの洗脳的教化の実態を告白する記事が掲載されました】 >>>

  • 著作

  • 取材・出演

  • 取材・インタビュー[2014]

  • 対談・トークショー・講演[2014]

  • 対談・トークショー・講演[2013]

  • 取材・インタビュー[2013]

  • 対談・ト-クショ-・講演[2012]

  • 対談・ト-クショ-・講演[2011]

  • 対談・ト-クショ-・講演[2010]

  • 取材・インタビュー

  • 一般の方との懇親会・聖地巡礼

  • 取材・インタビュー一覧(2013)

    一般の方のために
    『危険な宗教の見分け方』

    ジャーナリスト・田原総一郎氏×上祐史浩の対談本『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)

    ひかりの輪YouTube
    ■上祐史浩の著作
    オウム事件 17年目の告白』扶桑社『終わらないオウム』(鹿砦社)など著作の一覧
    ■スタッフの著作
    二十歳からの20年間』(三五館・宗形真紀子)ほか著作の一覧
    ポータルサイト
    ■ひかりの輪 ネット教室
    ■教材ネットショップ
    アレフ問題
    アレフの問題脱会の相談はこちらへ
    外部監査委員会
    地域のみなさまへ