取材・出演
お受けしたテレビ・雑誌・新聞等の取材、トークショーや講演などの出演、さまざまな方々との対談、一般の方々との聖地巡礼やネットを通じての交流などをご紹介します。

一般の方との懇親会・聖地巡礼

超感激!ひかりの輪代表の上祐史浩さんのオフ会に参加・上祐さんの隣に座りいろいろとおしゃべり(山本隆雄氏)

昨年12月26日に行われた「大阪オフ会」に初参加の、山本隆雄氏(日本コンピュータクラブ連盟・日本霊能者連盟・日本占い師連盟理事長)より、ご自身のブログで「おすすめのオフ会です」とご紹介いただきました。
サイト掲載をご快諾いただきましたので、少し引用してリンクでご紹介します。

オフ会には、フリーの記者の方のお誘いで参加されたという山本氏。
オフ会では、上祐代表にさまざまな質問をされ、じっくり語り合われていました。
霊能力のこと。
麻原の空中浮遊のこと
オウムの金儲けのこと
オウムの修行カリキュラムのこと・・・
それらの質疑の内容が詳しく掲載されています。

また、ひかりの輪についても、
「まともやん」「こわくないやん」
「二度とあのような行動を起こす教団じゃないと思われました」
「上祐さんには、その概念がないので、人殺しを肯定する理由がないと思われました」などと、
感じられたご感想が掲載されています。

◎掲載ブログ
ハッカー伝言板改めえむびーまんの日記帳よりご紹介
※「えむぴーまん」とは、山本氏のネット上のハンドルネームです。

上祐さんの話を聞いた率直な感想としては、
「まともやん」「怖くないやん」というものでした。
上祐さんから出た言葉は、麻原批判が多く、
かつ、輪廻転生を狂信的に信じていた。と反省していたので、
ひかりの輪は、2度とあのような行動を起こす教団じゃないと思われました。

ちなみに、私は輪廻転生を信じていますが、
上祐さんは信じていないそうで、
その理由としてあげたのは、ヨガでの仮死体験、いわゆる臨死体験で、
あの世に行って、天国を見たり地獄を見たりしているので、
あの世があると信じているわけであるが、
あくまで、仮死体験であって、死んであの世を見てきた人は誰一人いない。
そのため、輪廻転生を狂信的に信じることができなくなったということでした。

輪廻転生を狂信的に信じていたオウムにはポアという概念があって、
どうせ輪廻転生するのだから殺してもよいという発想があったわけで、
上祐さんには、その概念がないので、人殺しを肯定する理由がないと思われました。

(中略)

上祐さんのオフ会。2次会も含めて費用は1420円。
特徴は、ひかりの輪に入れと一言も言われることなく、
上祐さんや他の信者さんと話し放題。有意義なものでした。
来月もあるとのことで、是非とのこと。
オススメのオフ会です。

>>山本隆雄氏プロフィールはこちら

ひかりの輪では、定期的にオフ会を開催しています。
今月1月のオフ会の予定はこちらです。

<<< 前へ【ロフト席亭・平野悠の「好奇心 何でも見てやろう」ひかりの輪(元オウム)と行く聖地巡礼同行記その1・その2】

次へ【上祐史浩氏の大阪オフ会に、もう一度参加しました(山本隆雄氏)】 >>>

  • 著作

  • 取材・出演

  • 取材・インタビュー[2014]

  • 対談・トークショー・講演[2014]

  • 対談・トークショー・講演[2013]

  • 取材・インタビュー[2013]

  • 対談・ト-クショ-・講演[2012]

  • 対談・ト-クショ-・講演[2011]

  • 対談・ト-クショ-・講演[2010]

  • 取材・インタビュー

  • 一般の方との懇親会・聖地巡礼

  • 取材・インタビュー一覧(2013)

    一般の方のために
    『危険な宗教の見分け方』

    ジャーナリスト・田原総一郎氏×上祐史浩の対談本『危険な宗教の見分け方』(ポプラ社)

    ひかりの輪YouTube
    ■上祐史浩の著作
    オウム事件 17年目の告白』扶桑社『終わらないオウム』(鹿砦社)など著作の一覧
    ■スタッフの著作
    二十歳からの20年間』(三五館・宗形真紀子)ほか著作の一覧
    ポータルサイト
    ■ひかりの輪 ネット教室
    ■教材ネットショップ
    アレフ問題
    アレフの問題脱会の相談はこちらへ
    外部監査委員会
    地域のみなさまへ